« キットを利用した放射線測定器(ガイガーカウンター) | トップページ | 柳ジョージさんが亡くなられた・・・ »

2011/10/13

世田谷だけでしょうかね?

昨夜から

「世田谷区の路上で放射線量の高いところが見つかった」とニュースで報じていますが

『ホットスポット』は本当にそちらだけでしょうかね?

原発からの距離を引き合いに出して

「こんなに離れたところでなぜ?」的な報道が多いようですが

福島第一原子力発電所の事故後

カー助はこのブログでも触れましたが

直線距離と放射線量の広がりはイコールじゃないと考えるべきだと書きましたし

現に

地形や風向きによって放射性物質の広がり方は複雑だということが

各地の測定結果からも出ていますよね

むしろ

そういうことがわかっていながら

モニタリングスポット(?)なる場所を決めて

定点観測が中心となっている測定の仕方の方がおかしいと思いませんか?

前回の記事で書いた放射線測定器で

カー助も室内や身近な屋外を測定してみましたが

その値は一定ではありません

さすがに今回の世田谷区で出た2を越えるような1時間当たりのマイクロシーベルトの値は出ませんでしたが

0.03(平常時に近い値)から0.2マイクロシーベルトを越える値が出ています

もっと多くの場所を測定したならば

それ以上の数値が出るのではないかと思っています

それと、今回屋外で測定してみて感じたことは

放射線の検出に使われているGM管(SBM-20)が高感度ということもあるのでしょうが

GM管が放射線をとらえると「ピッ」という音と

ダイオードが赤く光るようにつくられていますので

風が吹いてきたりすると

それらが反応をし

若干、測定値が上がります

要するに

目に見えないだけで空気中には放射性物質がただよっているということなのかと思います

今回の世田谷区での放射線量の高いところが見つかったのは

区民の問い合わせからだとのこと

『風評』を本当の意味で防ごうと思うなら

もっともっと政府や自治体など関係機関は真剣に多くの場所を測定するべきではないでしょうかね

それと

今回は高圧洗浄機で洗い流しても数値が下がらなかったそうですが

高圧洗浄は

その場を洗い流すだけで

決して『除染』になっていないのではありませんかね

要するに

自分のところの高い値を下げるだけで

放射性物質を他の人のところへ持っていっただけに過ぎないことに気づくべきではないかと思うのですよね

半減期の長い放射性物質とどう向き合うべきなのかを

もっともっと真剣に考えるべきではないかと思うのですが・・・

|

« キットを利用した放射線測定器(ガイガーカウンター) | トップページ | 柳ジョージさんが亡くなられた・・・ »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キットを利用した放射線測定器(ガイガーカウンター) | トップページ | 柳ジョージさんが亡くなられた・・・ »