« りんご狩り | トップページ | MR-Sピンチ »

2011/11/01

我が家のホットスポット

以前に友人と共に製作したガイガーカウンターのことを書きましたが

その放射線測定器で

我が家の周りを測ってみました

平常値(?)に近い毎時0.03~0.06マイクロシーベルト程度のところもあれば

当然(?)高い値を示すところもあります

そうsign01世間で言われている水の溜まりやすい場所です

降った雨が集められる場所は

Img_5314

やはり高い値がでます

Img_5315

1時間あたり0.4マイクロシーベルトを越えています

ばあさんとカー助だけでしたら

放射性物質が体内に蓄積する前にこの世からいなくなっているでしょうから

たいした問題でもないのですが

チビたちも遊びに来ますので

マイ除染ということで表面近くの土を取り除き

その土を庭の隅に穴を掘って埋めました

作業後の数値は0.08マイクロシーベルトですので

ちゅっとだけ高目ではありますが

かなり下がりました

まぁ、しばらくするとここはまた放射性物質が溜まるでしょうから

また、マイ除染をしなければならないのかもしれませんね

千葉県柏市では壊れた側溝の脇で高い放射線が検出されたそうですが

そういうところってもっともっとあるのでしょうが

その地点ばかりが大騒ぎされ

同様のところを測定し、除染するという教訓というか

現実が生かされないことに疑問を感じますね

世田谷では

福島第一原発の事故とは関係ないようですが

毎時170マイクロシーベルトを超える値のところが見つかっていますよね

ここって今回の原発事故がなかったら

たくさんの放射能測定器が出回らなかったら

半永久的に発見されなかったのかもしれませんよね

東北、関東を中心に

福島第一原発の事故によるホットスポットは

発見されていないだけでまだまだたくさんありそうですし

日本全国には

それ以外の放射性物質に汚染されて危険なところも多々あるのではないでしょうかね

ちなみに

身近なものにも放射線を出しているものがあることが知られていないのも現実ですかね

古いカメラのレンズや昔の蛍光塗料など・・・

こちらのウランガラス

Img_5317

ブラックライト(紫外線)を当てると綺麗に発光するためアクセサリーとして売られています

測定してみると

Img_5318

Img_5319

毎時0.4788マイクロシーベルトと高い値を示します

もっと高い値を示すものも

Img_5320

こちらは何と毎時4.3094マイクロシーベルトですsign03

何かといえば

Img_5321

キャンプなどで使われるランタン用のマントルです

もちろん、全てのマントルに放射性物質が含まれているわけではありませんが

一部の商品にはこんなにも高い値の放射性物質が入っていることを知らずに使っている人も多いのではないでしょうかね

ホットスポットを見つけるのは市民ばかりで

似たようなところを調べようともしない政府や自治体

原発は100パーセント安全だといっていた専門家と称する人たちの

「ただちに健康に害を及ぼすことはない」という話はどこまで信じられるのでしょうかね

|

« りんご狩り | トップページ | MR-Sピンチ »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

実に細かいことですが気になったのでcoldsweats01
文章中の↓

>毎時170シーベルトを超える値

意味は解りますが、これでは即死の値(1億7千万マイクロシーベルト)だったので、失礼を顧みずコメントしてしまいました。
m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

投稿: 玉井人ひろた | 2011/11/01 19:10

玉井人ひろたさん

ご指摘ありがとうございます
マイクロシーベルトに訂正いたしました

投稿: カー助 | 2011/11/01 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« りんご狩り | トップページ | MR-Sピンチ »