« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011/12/28

今年もあと少しで終りですね

今日でカー助も人並みに仕事納めとなります

色々あった1年でしたが

何とか無事に(?)今年も終わっていきそうです

ここ数年は

孫たちの成長の早さに月日が流れる早さを実感することが多くなりつつあります

時の流れだけは

誰にも平等ですので

孫たちの成長は

自分自身の老いということにもなるのですよね~coldsweats01

まぁ、一概にみんなが老いて亡くなっていくとも限りませんし

明日は、来年は、未来はどうなっているかわからないから面白いのかもしれませんよね

少し早くもありますが

来年がみなさんにとって良い年でありますよう願いつつ

今年最後の書き込みとさせていただきます

1年間読んでくださった方々

また、コメントを入れてくださった方々

本当にありがとうございました

| | コメント (0)

2011/12/27

そちらは匿名ですか?

東京の男性弁護士が開設したインターネット上の掲示板に

裁判員裁判の候補者名簿や

被害者の実名入り判決文や

この被害者の携帯電話番号などが載っていて

不特定多数の人が閲覧できるようになっていたとニュースで報じていますが

他人のプライバシーを犯しておきながら

当の本人の実名が明かされないのには疑問を感じますよね

誰でも閲覧できるようにしていたことを

弁護士は「閲覧制限を怠った」と過失を認めているそうですので

自ら公の場に出て謝罪すべきではないのか?と思いますし

マスコミも実名報道すべきじゃないのかと思いますよね

相手が弁護士だからと実名報道に慎重だとしたら

何とも情けないというか「マスメディア」を名乗る資格はありませんよね

この事態を受けて

日本弁護士連合会は

ネット上の情報管理を徹底するよう全国の弁護士に緊急要請したとか

そもそも裁判員裁判の候補者名簿を公にすること自体法律に触れますし

本来明らかにされるべきでは無い被害者の個人情報等を開示してしまったことの責任はどうとるべきなのでしょうかね

日弁連も身内には大甘ってことでしょうか?

情報管理の徹底を緊急要請するのもけっこうですが

まずは犯してしまった過ちの謝罪を本人がするというのは

弁護士というより社会人としての常識でしょうが

弁護士に常識を望む方が無理?ということでしょうか?

謝罪と賠償もできないような人が弁護士をしていること

被害者を(プライバシー管理を含めた)守れないような人が弁護士をしていられることが

よ~くわかった事件ですかね

| | コメント (0)

2011/12/20

変わらない国

ニュースは金正日の死亡の話ばかりですね

テレビ局は専門家と称する人を出演させ

後継問題がどうなるのか?とか大騒ぎしていますが

まぁ、あの国は変わりませんよね

というか

自らは変われない国になってしまっていますものね

もし、万が一変われる(変わる)としたら

中国の本気の関与だけでしょうが

その中国も北朝鮮が韓国と統一されて

アメリカの基地が隣にできるのは嫌でしょうし

独裁国家であろうが貧しかろうが自国寄りの体制の国が間にあることを望んでいるのでしょうから

当分は「あのまま」という感じですかね

低俗ワイドショーのようなニュース番組ですから

今は「死亡」→「次はどうなる?」という話が中心ですが

密室国家のトップの死亡は

「暗殺説」とかでてきて当分ネタにされるのでしょうかね

変わらない(変われない)国といえば

我が日本も似たようなものでしょうかね

首相が変わっても

政権交代しても

な~んにも変わらないことは幸せなことなのでしょうか・・・

| | コメント (0)

2011/12/14

はがきデザインキット

12月も半ばになり

そろそろ年賀状を書かなければ・・・と思って

まぁ、正確にはパソコンで作って印刷し

その端っこに手書きでちょっと何か書いているのがここ何年かの年賀状ですがcoldsweats01

毎年、そのパソコンでの製作のイラストを探すのに

ちょっとだけ苦労(?)していましたが

今年はいいものを見つけました

年賀状を出せsign01出せsign01と煽る日本郵便なのだから

ホームページに無料のイラスト集ぐらいないものかと見てみると

「はがきデザインキット」なる無料ソフトがあり

そこには「1000種類以上の豊富な年賀素材!」と書かれた素材集がありましたよ~

素材には、テンプレート、干支、縁起物、フレーム、あいさつ文があり

もちろん、住所録管理などもでき

動画での使い方説明までありますから

なかなか親切good

下手な「筆○○○」な~んてソフトより使いやすいかも

早速、それを利用して3種類製作してしまったカー助であります

昨年までは1種類でしたが

今回からチビとチビ2にも年賀状を出すことにしたのですhappy01

チビとチビ2は女の子と男の子ですから違うイラストを使って製作しちゃいました

ですから

その2枚を作ることの方に多くの時間がかかりました~sweat01

「そっちの方が大事かよsign02」と突っ込まれそうですが・・・

まぁ、これが現実ってことでしょうかcoldsweats01

あとは

手書きでちょこっと書く作業だけですが

年賀状を出す相手により

ササッと書けてしまう人もいれば

う~ん、う~~~んと悩み

書き足すことが思い浮かばず

「まっ、いいか」と手書きを加えず印刷だけで出してしまう人が毎回数人いるのですよね~(アハハ)

まだ年賀状を印刷されていない方は

1度、日本郵便のホームページから「はがきデザインキット」を見てみるといいかと思いますよ

| | コメント (0)

2011/12/12

東京モーターショー2011へ行って来ました

土曜日

東京モーターショー2011へ行って来ました

前回(おととし)までは千葉県の幕張メッセで行われていたのに

東京モーターショーでしたが

今回は東京ビックサイトでの開催です

昨夜のニュースでもやっていましたが

都内での開催ということもあったのか

前回より来場者は20万人も多かったとか・・・

カー助の訪れた10日の土曜日も混んでいましたよ~sweat01

りんかい線の国際展示場駅を午前10時ちょっと前に降りると既にそこから大混雑で

「中央ゲートは大混雑しているため東ゲートへお回り下さい」とアナウンスがされており

そちらへ誘導され

長蛇の列についてグルグル回り道をさせられ20分ほどかかって

やっと入場できました

当然、会場内も大渋滞って感じですdown

Img_5440_2

人気のあるブースは人が多すぎて中々前へ行けません

Img_5397

まぁ、それでもせっかく来たのだから車を見ないわけにもいきませんよねcoldsweats01

Img_5380_2

Img_5381

やはり時代の流れでコンセプトカーは電気自動車が中心ですね

Img_5398

Img_5399

同じEVでもカー助的には

フォルクスワーゲンのこんな感じの方が好きですかねhappy01

Img_5377

来年に発売されるというトヨタのスポーツカー「86」も大勢の人に囲まれていました

Img_5433

まぁ、昔と違い残念ですが

こういうところで人気があっても実際には売れないのがスポーツタイプの車ですかね

最先端もあれば

懐かし~いのも少~しだけ置いてあるのがモーターショー

Img_5402

さすがにカー助も

子供の頃にボンネットバスには乗ったことがありますが

ここまで古いのには乗った記憶がございませんcoldsweats01

喫煙者のカー助ですので

途中で一服しようと喫煙場所の外にでると

働く車コーナーのゴミ収集車のとなりに

Img_5409

オート三輪が置かれていました

Img_5408

そ~いえば

昔のトラックってみんなこんな色でしたよね

「あれっ~」と思った展示は

なぜかとっくに生産終了している

それもカラーリングはカー助と同じ青のMR-Sがあるではないですか

Img_5418

もちろん、トヨタ自動車のブースじゃありません

電気自動車に改造されたものです

Img_5419

リアのエンジンルームには

モーターと電池が詰まれています

モーターショーは大手自動車メーカーだけではなく

色々な会社が出品していることも楽しいことですかね

子供連れにはうれしいおもちゃメーカーのブース

Img_5411

トランスフォマーだって展示してあります

Img_5412

子供向け?といえば

トヨタのブースにはCMでも使っているドラえもんの登場人物像がありました

Img_5431

こんなの写真に撮っているのは子供とカー助だけかと思いきや

ブースの中央に置かれた「どこでもドア」では

その前で記念撮影している人がずいぶんいましたよ

単なるピンクの半開きのドアなのですがねhappy02

乗用車だけではなくトラックもありますし

Img_5405

トラックの運転席に乗れるコーナーには順番待ちまでできてます

Img_5407

二輪のヤマハのブースには

こんなお洒落な電動アシスト自転車がありましたが

Img_5371

おばさんには似合わないだろ~と思うのはカー助だけでしょうかねcoldsweats01

次回、2年後に行く時は

平日に行かないとゆっくり見れないな~と思った今回のモーターショーでした

| | コメント (0)

2011/12/07

プロファイル?

先日、知り合いのおばさんと話しをしている時に

埼玉県三郷市と千葉県松戸市で少女が刃物で刺された話になり

「ひどいことをする人がいるよね」とおばさん

その時点では犯人は逮捕されておらず

「犯人は高校生か大学生ぐらいじゃないかな」とカー助

「なんでそう思うの?」と聞かれ

「被害者の小学生が『お父さんより若い』と言っているそうだから

子供の目で明らかに『若い』とわかるということは

お父さんよりちょっと年下ではなく、かなりの年下じゃないかと思うし

自転車で犯行を重ねていることなどを考えると高校生ぐらいと考えるのが妥当じゃないか」と答えると

「それって、カー助的プロファイル?」と聞かれ

「プロファイルといえるほどのものでもなく、誰でもわかる話じゃないの?」と言うと

「そんなこと私にはわからなかったよ~」と言われ

「それだからあなたはテレビのワイドショーが見れるんだよ」と馬鹿にしながら笑うと

「悪うございましたね。他には?」と聞かれたので

「たぶん自分より弱い人間を狙っているのだとと思うから、やはり若年層で日頃目立たないような少しおとなしくて、ちょっと陰湿な奴じゃないか」と答え

「道具、今回の場合、刃物を持つと使ってみたくてしょうがないような精神的にも幼い感じかな」と言うと

「ほ~、もっと他には?」とおばさんに聞かれ

「精神的未熟さから捕まるまで犯行を繰り返すタイプじゃないか。俺はワイドショーなんか見ませんからそれ以上は情報がないのでわかりませんhappy02

と話した翌日

「あなたのプロファイル通りの犯人が捕まったねsign01」とおばさんからメールが着ました

「カー助探偵できるかもよ」ともありましたが

警察も同じような犯人像を描いていたから

次の犯行の前に捕まえられたのでしょうから

おばさん以外、普通の人からみたらおおよそ犯人像は思い浮かびますよね

まぁ、みんなが『普通』になってしまうと

ワイドショーを見る人がいなくなりますから

そこそこの人もいていいのでしょうかねcoldsweats01

| | コメント (0)

2011/12/06

喪中ハガキ

例年、11月の末から12月初頭にかけて

喪中ハガキが数枚届くのですが

今年はその数が多いです

カー助が出す年賀状の多くは同年代の人ですので

両親のどちらかが亡くなっての喪中ハガキが届いています

親が70代から80代の年代ですから

そういう時期なのかもしれませんね

昔は印刷屋さんに頼んでいた喪中ハガキも

最近では

喪中ハガキ自体は郵便局などでも売っていますし

それを使ってパソコンで製作する人も多いようです

そういえば

今まで意識してそこまで見ていませんでしたが

切手まで「喪中ハガキ用」を売っているのですね

昔の友人などしばらく会っていない人も徐々に増え

1年に1度、唯一の連絡が年賀状になってしまっている人も多いのですが

そんな中で届く喪中ハガキはなんとも寂しくもありますよね

ネットオークションの出品をはじめたカー助は

郵便物を出しに行く回数が多くなり

そこで目にした年賀状を例年になく準備良く早めに買ったのですが

予想を超える喪中ハガキの到着で

かなりの枚数が余りそうです

もちろん、使用しなかった年賀状は切手などにかえてもらうこともできますが

今年はチビとチビ2にも年賀状を出してあげようかなぁ

な~んて思いながら

やはり、チビたちには文字よりイラストだろうと

ネットでかわいいイラストを探している最中であります

| | コメント (0)

2011/12/02

シーズン初

昨日から冷たい雨が降って

今シーズン一番の寒さとのこと

そんな寒さに

我が家の昨日の夕飯は鍋物でした

今シーズン初めての鍋はやはり温まります

カー助はサッパリ系の鍋が好きで

白菜、ネギ、鱈、焼き豆腐程度の具で充分sign01

ある意味ヘルシーでもありますよね

今シーズン「初」といえば

今シーズン一番の寒さに

浴室暖房を使用したのも初めて

寒い浴室に入ることは体に良くないですしね

ポカポカの浴室での入浴は南国気分?(それほど暖かくもないですねcoldsweats01

もっとも

この浴室暖房はカー助にとって「今シーズン初」であって

我が家での使用は

先週の土曜日にチビたちが泊まりに来たときに

ばあさんが「チビたちが風邪でもひいたら大変」と使用していましたが

カー助がお風呂に入る頃には消されていたのですよね~

ひ孫には風邪をひかせたくないようですが

息子であるカー助や孫である我が家の長男は風邪ひいてもいいのか?って思いますよねsweat01

そんなばあさんは

孫である娘の旦那さんのお父さんから

明日の土曜日に泊まりで秩父夜祭を見に来ませんかと誘われていたのですが

土曜日は雨らしいとの天気予報で

風邪でもひいたら困ると

「天気が悪そうなので来年にします」と今回行くのを断ったそうです

確かに年寄りですから

寒い夜祭に行って風邪でもひかれたら困りますが

「来年は生きていないかもしれないぞ」とカー助がいうと

「あと1年ぐらいは大丈夫な気がする」と言っています

ちなみに、ばあさんは若~い頃に1度秩父夜祭に行ったことがあるので

どうしても行ってみたいとも思っていないようです

カー助は同県内の催しながら1度も行ったことがありませんので

夜祭体験の「初」はしばらくないのかな?

| | コメント (4)

2011/12/01

いつの頃からでしょうか

とんちゃんのブログにアップされていた吊るし柿の綺麗な写真に

「ドライフルーツ系を食べないカー助でも見事ですね」とコメントを入れたところ

『随分好き嫌いがありますね!さ~すが1人っ子(ご免!sweat01)』と返信コメントされてしまいましたcoldsweats01

う~ん、まぁ、当たっていますよねsweat02

そもそも人物評価とは

他人(周りの人)がするもので

自らの評価よりも的を得ている場合の方が多いというのがカー助の持論でもありますしね

友人からのカー助人物評価は

「食べ物と人間の好き嫌いが激しい」ですしねcoldsweats01

さらにそれを聞いた別の友人にいたっては

「食べ物はともかく、カー助の場合、人間は『嫌い』『嫌い』の方がはるかに多くないか」ですからね

これも当たっているかもしれないと納得してします

人間の好き嫌いの話はともかく

食べ物の好き嫌いって変わりますよね

今現在、カー助が好んで食べないものは

鶏肉、魚卵類、こんにゃく、ドライフルーツ系などなど

まぁ、色々ありますし

理由もそれぞれ色々ですが

子供の頃はそれなりに食べていたものもあるわけですが

それらを

いつの頃からか食べたいと思わなくなってきたのですよね~

もちろん、逆に子供の頃は嫌いだった

あるいはあまり好きじゃなかったものが好きになったりしたものもたくさんあるわけで

『味覚の変化』なのでしょうか?

子供がピーマンなどの苦味の強いものを嫌うのは

「毒を見分ける」という本能が働くためだとも聞いたことがあります

それらは繰り返し食べることによって

「食べられるもの」と認識して食べられるようになるのだとか・・・

まぁ、カー助の場合、成長期の子供でもありませんし

嫌いなものが多くても充分すぎるほど(?)sweat01栄養状態は足りていますので

問題もないと思っています

そういえば

嫌いなものがあって気に入られていることが1つ

出前寿司のイクラをチビにあげると

イクラ大好きなチビは「じいちゃん、ありがとう」と喜んでくれることでしょうかねcoldsweats01

まぁ、好き嫌いをしても充分お腹一杯食べられることに感謝しなければいけませんね

| | コメント (2)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »