« 変わらない国 | トップページ | 今年もあと少しで終りですね »

2011/12/27

そちらは匿名ですか?

東京の男性弁護士が開設したインターネット上の掲示板に

裁判員裁判の候補者名簿や

被害者の実名入り判決文や

この被害者の携帯電話番号などが載っていて

不特定多数の人が閲覧できるようになっていたとニュースで報じていますが

他人のプライバシーを犯しておきながら

当の本人の実名が明かされないのには疑問を感じますよね

誰でも閲覧できるようにしていたことを

弁護士は「閲覧制限を怠った」と過失を認めているそうですので

自ら公の場に出て謝罪すべきではないのか?と思いますし

マスコミも実名報道すべきじゃないのかと思いますよね

相手が弁護士だからと実名報道に慎重だとしたら

何とも情けないというか「マスメディア」を名乗る資格はありませんよね

この事態を受けて

日本弁護士連合会は

ネット上の情報管理を徹底するよう全国の弁護士に緊急要請したとか

そもそも裁判員裁判の候補者名簿を公にすること自体法律に触れますし

本来明らかにされるべきでは無い被害者の個人情報等を開示してしまったことの責任はどうとるべきなのでしょうかね

日弁連も身内には大甘ってことでしょうか?

情報管理の徹底を緊急要請するのもけっこうですが

まずは犯してしまった過ちの謝罪を本人がするというのは

弁護士というより社会人としての常識でしょうが

弁護士に常識を望む方が無理?ということでしょうか?

謝罪と賠償もできないような人が弁護士をしていること

被害者を(プライバシー管理を含めた)守れないような人が弁護士をしていられることが

よ~くわかった事件ですかね

|

« 変わらない国 | トップページ | 今年もあと少しで終りですね »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変わらない国 | トップページ | 今年もあと少しで終りですね »