« 「まかせる」と「ほったらかす」の違いを知らない? | トップページ | 驚異の回復力 »

2012/01/18

「想定外」とは便利な言葉ですよね

福島県二本松市の新築マンションで高い放射線が測定され

浪江町の砕石場の放射性物質に汚染されていた石を使ったことが原因とされる問題

国や福島県は

砕石から放射性物質が検出されるとは想定外だったというような見解のようですが

昨年、牛の餌の稲わらが汚染されていたことが判明した時点で

屋外の全てのものが汚染されている可能性が大きいと思う方が普通じゃないですかね

その時点で検討をしていたら

被害は広がらずに済んだのではないでしょうか?

そもそも

原発事故を引き起こした津波の大きさを「想定外」とし

その後、不都合なことが起きると「想定外」を連発していたのでは終息はいつになるのかわかりませんよね

今回のことも教訓とし

砕石だけでなく他のものの汚染度合いをもっと調べる必要があるのではないでしょうか

原発事故後

国や福島県は有識者会議やアドバイザーの任命などをしているようですが

それって本当に終息に向けてのことなのでしょうかね

単にお得意の「ただちに健康を害することはない」という説明を肯定させるためなのではないか?と疑いたくもなります

国や福島県、それに関東の各都県は

放射線量に関し、おもに定点観測を続けているだけで

「安全だ!安全だ!」と言っていて

一般からの「放射線量が高いところがある」との通報にだけ対応しているだけでいいのでしょうかね

その市民による放射線測定も

一時の熱が冷めたようで下火のようですが

以前、このブログでも紹介した自作放射線測定器は

知り合いから「貸して欲しい」と要望が多くあり

貸し出しているのですが

色々な人が色々な場所を測定することにより

ホットスポット(放射線量の高いところ)がどんなところに多いかがわかってきます

以前から放射性物質が付着しやすいといわれている落ち葉の多いところは

徐々に数値は下がりつつあります

それは風雨により放射性物質が他へ移動しているのではないでしょうかね

雨どい下では

個人住宅より大きな建物(工場とか倉庫とか学校など・・)の方が高い値を測定する場合が多いです

理由は簡単で

大きな建物(広い面積に)に付着した放射性物質が雨水によって集められるからでしょう

素人が簡単には測定できない池や沼の底には多くの放射性物質が沈殿しているのではないかと思います

それらは田植えの時に流されたり

台風などの大雨の時に拡散していくのではないでしょうか

稲わら、砕石と後手、後手になったことを教訓に

もっともっと多くのところを真剣に調べ

放射性物質の拡散と被害を最小にすることこそ終息への第一歩ではないでしょうか

|

« 「まかせる」と「ほったらかす」の違いを知らない? | トップページ | 驚異の回復力 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「まかせる」と「ほったらかす」の違いを知らない? | トップページ | 驚異の回復力 »