« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012/02/20

13年もかかった当たり前の判決

山口県光市で13年前に起きた母子殺害事件

今日、最高裁が被告の上告を棄却して

死刑判決が確定しました

犯行時の被告の年齢が18歳と1ヵ月だったことや

更正の可能性を理由に一審、二審は無期懲役としたものを

最高裁が差し戻し

広島高裁が死刑判決を出し

被告側が最高裁へ上告していたものを

棄却という形になったために13年もかかったことになったわけですよね

そもそも

23歳の母親と1歳にも満たない子供を殺して

2人の全ての可能性を奪っておきながら

自らの「更正の可能性」を主張することに

本人、弁護士は矛盾を感じないのでしょうかね

何の罪もない2人の命を

一家の平穏な生活を奪った代償は「自らの命で償います」と言えない被告に更正の可能性は無いに等しいと私は思いますし

13年かかって出された当たり前の判決だと思いますが

死刑を執行しない法務大臣のために

当たり前の判決が意味を持たないのでは駄目ではないでしょうかね

| | コメント (5)

2012/02/17

処理は進まず・・・・ですかね

岩手県山田町と大槌町のがれき受け入れを検討している静岡県島田町で

安全性を確認する試験溶融が始まったニュースをやっていましたね

当然のように受け入れを反対する地元住民がいますし

島田市の市長が「絆」、復興への必要性を訴えています

どちらにもそれなりの考えがあることも理解できます

全国で受け入れを表明する自治体はあれど

反対住民により実際に受け入れをしているのは東京都だけのようです

カー助の住む埼玉県でも

セメント会社がかれきを焼却してセメントの材料として使いたいと受け入れを表明し

深谷市と熊谷市の市議会に説明をしたりしています

同様に日高市のセメント会社も受け入れたいと表明をしました

双方はカー助の住むところの南北にあたり

ちょうどはさまれる形になりますが

個人的には

是非、受け入れてがれき処理を進めて欲しいと思いますが

こちらも住民説明等まだまだ受け入れには課題が多いのが実情でしょうかね

岩手県や宮城県の放射性物質の汚染の低いところのがれきでさえこんな状態ですから

福島県のがれきはどこも受け入れてくれないだろうことは容易に想像がつきますよね

さらに

がれきでこんな状態ですから

除染によって出たものや

福島第一原発の廃炉にともなってでてくるものなど受け入れてくれるところはないでしょうね

国や福島県は

中間貯蔵施設は福島県内で

最終処分場は福島県外でと言っているようですが

それって夢物語ではないでしょうかね

どこが現実的に受け入れてくれるかも考えずに

その場しのぎを繰り返して

受け入れてくれるところがみつからなかった時に

またまた「想定外だ」というのでしょうかね

今、処理にあたっている議員も官僚も知事など関係者は

そのころはいらっしゃらないからいい加減なことが言えるのでしょうか?

「困ったことは先送り」がこの国の政治家や官僚の得意技ですからね

| | コメント (0)

2012/02/10

お土産

水曜日の夜

先月の末からドイツへ仕事で行っていた息子が帰ってきました

ばあさんの息子への第一声は

「チビたちのお土産買ってきた?」ですcoldsweats01

それが最初に聞くことかね~と思いますよねsweat01

話の始まりは

息子が出張に出かける数日前

チビたちがやって来ていましたので

乗り物好きのチビ2に

「おじちゃん、ドイツに行くんだって、何に乗っていくのかな?」とカー助が話したことからで

「しゅっしゅっぽっぽかね~、しんかんせんかね~」と言うチビ2

まぁ、お出かけといったら車か電車しか知りませんし

ドイツがどこなのか?

というかそもそも外国という概念すらまだまだありませんから

そう言うのも当然かと思います

「おじちゃんに聞いてみな」とカー助が言うと

息子のところへ行き

「おじちゃん、何に乗っていくの?」と聞くチビ2に

「車や電車じゃ行けないから飛行機だよ」と息子が答えると

「おじちゃんにお土産買ってきてくれるように頼んでおいた方がいいよ」と脇からママである娘が一言

すかさず「お土産買ってきてね」と言うチビ2に

話にまざっていなかったチビも「おじちゃん、お土産買ってきてね」と要領良く入ってきます

「お土産、何がいいかな~」と言う息子に

チビは「プリキュアのおもちゃ~」

チビ2は「トミカ」

それってドイツのお土産か?という感じですよね~

チビ2にとって「車や電車のおもちゃ」=「トミカ」と思っているようです

「まぁ、何かおもちゃでも買ってくるよ」と息子

結局、チビに人形のおもちゃ

チビ2にはフォルクスワーゲンとアウディのミニカーを買ってきたようです

「少しだけ気を使ってメイド・インチャイナじゃなくドイツ製のを買ってきたよ」と笑いながら話す息子

確かに観光地などのお土産も中国製や東南アジア製がとても増えていますよね

まぁ、ドイツがどこなのかもまだまだ理解できていないチビたちには

どこ製のおもちゃでも楽しく遊べればそれでいいのかもしれませんがねhappy01

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »