« お土産 | トップページ | 13年もかかった当たり前の判決 »

2012/02/17

処理は進まず・・・・ですかね

岩手県山田町と大槌町のがれき受け入れを検討している静岡県島田町で

安全性を確認する試験溶融が始まったニュースをやっていましたね

当然のように受け入れを反対する地元住民がいますし

島田市の市長が「絆」、復興への必要性を訴えています

どちらにもそれなりの考えがあることも理解できます

全国で受け入れを表明する自治体はあれど

反対住民により実際に受け入れをしているのは東京都だけのようです

カー助の住む埼玉県でも

セメント会社がかれきを焼却してセメントの材料として使いたいと受け入れを表明し

深谷市と熊谷市の市議会に説明をしたりしています

同様に日高市のセメント会社も受け入れたいと表明をしました

双方はカー助の住むところの南北にあたり

ちょうどはさまれる形になりますが

個人的には

是非、受け入れてがれき処理を進めて欲しいと思いますが

こちらも住民説明等まだまだ受け入れには課題が多いのが実情でしょうかね

岩手県や宮城県の放射性物質の汚染の低いところのがれきでさえこんな状態ですから

福島県のがれきはどこも受け入れてくれないだろうことは容易に想像がつきますよね

さらに

がれきでこんな状態ですから

除染によって出たものや

福島第一原発の廃炉にともなってでてくるものなど受け入れてくれるところはないでしょうね

国や福島県は

中間貯蔵施設は福島県内で

最終処分場は福島県外でと言っているようですが

それって夢物語ではないでしょうかね

どこが現実的に受け入れてくれるかも考えずに

その場しのぎを繰り返して

受け入れてくれるところがみつからなかった時に

またまた「想定外だ」というのでしょうかね

今、処理にあたっている議員も官僚も知事など関係者は

そのころはいらっしゃらないからいい加減なことが言えるのでしょうか?

「困ったことは先送り」がこの国の政治家や官僚の得意技ですからね

|

« お土産 | トップページ | 13年もかかった当たり前の判決 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お土産 | トップページ | 13年もかかった当たり前の判決 »