« 無免許運転は過失じゃない | トップページ | 値段の違い »

2012/04/27

事件は迷走へ?

京都府亀岡市で起きた無免許運転の少年が起こした事件

被害者、被害者遺族の個人情報を警察や子どもたちが通う学校の教頭がもらしたことにより

本来追求されるべきことから少し迷走気味な感じですね

まず、気になったことは

被害者遺族の個人情報を漏洩してしまった警察官は「50代の」との報道で実名が出ません

警察は市民の個人情報は漏らしても

身内の情報管理はしっかりしてる?ということでしょうか

それと

『謝罪』とは

本来、過失をしてしまった本人と

組織に所属している場合、その職場の管理責任者(まぁ、今回の場合は署長ですかね)が相手方を訪れて行うのが普通でしょうが

実際には署長と幹部らしき人が遺族への謝罪をしたようで

それって誰のことを一番に考えた謝罪だったのでしょうかね

その謝罪の中で気になったことが1つ

謝罪に来た署長の口をついて出た「署員は徹夜で捜査にあたっている」といういい訳

もちろん、多くの署員の方々が一生懸命捜査にあたっていることはわかりますが

「徹夜で捜査をしているから」のいい訳は

無免許運転の少年の「夜通し運転していて居眠りをしてしまった」といういい訳と似ているのではありませんかね

無責任ないい訳はするべきではないと思いますし

こんないい訳をする人がトップの警察署が捜査で本当に大丈夫か?とも・・・

それと

テレビという媒体は

その場で起こることを映像として伝えることが大好きですから

どうしても地道な取材より

謝罪する署長と遺族というわかりやすく絵になる(?)報道に飛びつく傾向があり

ともすると

テレビの映像が世論を先導してしまうこともありますよね

無免許運転の少年の日頃は少し伝えられていますが

事故当時同乗していた専門学校生と大学生の少年についてはどんな人物なのか伝えなくてもいいのでしょうか?

また、その2人以外に何人かの人物があの夜に無免許運転の少年の車に乗り降りしていたとのことですが

どんな人物だったのかを取材して伝えることはしないのでしょうか?

マスコミの好きな言葉に「全容解明」がありますが

それはインパクトの強い映像を流すだけではダメで

地道な取材も必要だと思うのですが・・・

無免許運転をしていた少年、同乗していて逮捕された少年2人、個人情報を漏洩してしまった警察・教頭以外にもまだまだ叩かれるべき人がいると私は思います

|

« 無免許運転は過失じゃない | トップページ | 値段の違い »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無免許運転は過失じゃない | トップページ | 値段の違い »