« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/27

次の選挙誰に投票すればいいのでしょうか

連日、報道の中心は消費税増税法案のニュースですね

マスコミは熱心に民主党を離党する議員が54以上か以下かを報じていますが

まぁ、どちらにしても次回の選挙で民主党が大敗し

54議席どころか3桁の議席を失う可能性が大きいのでしょうから

そこまで熱を入れて報道しなくてもいいんじゃないかと思いますよ

むしろ今回の法案は民主、自民、公明の3党合意によるものですので

消費税増税に反対の有権者はそれ以外の増税反対の党か小沢派(次の総選挙の頃新党になっているかわかりませんが・・・)に投票しなければならないことになってしまう?

大事な問題の割りに何とも選択肢の少ない選挙となる可能性がありますよね

増税が行われる時は

必ず「社会保障費を充実させるため」というお決まりの説得文句が浮上してきますが

税金は5%の消費税以外にも色々と徴収されているわけで

なぜその税金で足りないのかはほとんど論議されませんよね

無駄遣いという大きな穴の開いたバケツで水撒きをしながら

たくさん水撒きができないから水量を増やすといっているようなもので

本来、まず大きな無駄の穴をなくすことから始めるのが普通でしょうが

普通なことをやることに国会議員の先生方や官僚、官僚OBの方々には不都合があるのでしょうかね

野田総理は『社会保障と税の一体改革』に政治生命をかけているそうですが

消費税の増税される税率や時期は明記されているのに

社会保障の方はなんら具体的に決まっていないのに

「先送りはしない」なんて平気でいっている神経を疑いたくなります

おかしな発言といえば

昨日も採決後の記者会見で

民主党内の裏切り者の造反者の問題に対し

「厳正に対処する」と大声を張り上げていましたが

自らが国民との約束であるマニフェストを裏切っていることにはお気づきになっていないのでしょうかね

かたや自民党の谷垣総裁は

民主党の造反者の処分問題に熱心な発言をしています

国民の生活より自民党が政権与党に返り咲くことの方が大事だってことが見え見えですよ

次の選挙で国民のことを考えない両党のどちらに投票すべきかは

非常ーーーーーーに難しい問題ですね

そもそも

最高裁で1票の格差を違憲状態だとされながら

議員自らの政治生命に関わるからと選挙制度改革すらできない国会議員の先生方に国民のことまで考える余裕はないのでしょうかね

違憲状態の国会が決めた消費税増税法案は無効ではないのでしょうか?

| | コメント (0)

2012/06/25

都合の良さに呆れます

土曜日、昔同じ会社で働いていたG君とK君と3人で食事をしました

45歳独身男のK君

自分の都合の良いよ~うに考えながら生きているようです

テレビの通販番組を見てあるものを注文したのですが・・・と話し出しました

注文時に「発送まで2、3週間かかります」と言われ

その期間が過ぎても商品が届かないので

確認の電話を入れてみると「まだ、発送していません」と言われたと怒っています

「2度と通販は使わない」とも・・・

たまたま初めて使ったところで不手際があれば

「もう使いたくない」と思うのもわからなくはありませんが

この場合

2度と使わないと思うべきは『その会社』であり

『通販』自体ではないと思うのですよね

ネット、テレビ、雑誌など通販全盛の時代に1度の嫌な思いで通販自体を使わないと思ってしまうのに

何~年も、高いお金を払って通い詰めた結婚相談所には騙されても懲りないのも不思議ですよね

1つの結婚相談所に入会金、会費を払ってしばらく通い結婚できなくても

『結婚相談所はダメだ』と思わず

「この会社には自分にあった人がいない」などと何とも都合良く考え

別の会社に高い入会金を払って入りなおすなどを繰り返しながらも

未だに独身なのに

こちらには腹は立たないようです

入会の時に「何ヶ月」とか「何年」で結婚できますと言われないからでしょうか?coldsweats01

口癖は「出会いがない」で、今も夢物語を追っていられるのは

ある意味、幸せですよねsweat01

ないのは『出会い』じゃなくて『魅力』だと教えてあげるカー助に

「辛口なこといいますよね~」とは言いますが

「それが真実だ」とは認められないようです

そういえば

K君の『期間』の話で思い出すのは

「40歳までに結婚する」と言い切っていたのですが

40歳はとっくに過ぎ去ってしまい

最近では「○○歳までに結婚する」とは言わなくなりましたね

他人の期日を守らないことには腹が立つのに

自分の言った期日には寛容なのでしょう

まぁ、K君の40歳までに結婚するという話

まわりはみんな無理だって思っていましたからどうでもいいのですが・・・

| | コメント (2)

2012/06/21

それも趣味でしょうか

昨日、ランチを食べに1人でファミレスへ行った時のこと

店員のお姉さんに「喫煙席と禁煙席どちらをご希望でしょうか?」と聞かれ

いつものように「たばこ吸います」と答え

「こちらへどうぞ」と言われお姉さんに案内されて席へ付き

何を頼もうか?とメニューを見ながら

ふと反対側の席に目をやると

99パーセント男だろうsign01という女装をした人が1人で食事をしています

まぁ、それ自体犯罪でもありませんし

若干迷惑っぽい感じもしないでもありませんが

『個人の自由』の範囲なのでしょうから許せないこともありませんが

人間、気になりだすと自然にそちらに目がいきますよね~

年の頃なら50過ぎ?

いかにもカツラ~って感じのセミロングのストレートヘア

今時、もっと自然な感じのカツラがあるだろうに・・・と思う大きなお世話のカー助coldsweats01

かなり派手めな大きな花柄のブラウスにも

かえって目立つだろう~と思いましたが

もしかして目立ちたいのか?とも思ったりして・・・

その後も

何がこんなに違和感を感じさせるのだろうか?といらぬことを考えながら観察すると

年より派手な服装の割りに化粧をしていないことかな?と思ったり

いやいや、日焼けして決して綺麗な顔立ちをしていないのだから

化粧をしても女装ってわかるか?などと考えたりしたカー助

自分が綺麗なものだけでなく怖いものにもついつい目がいってしまうことがわかった瞬間でもありましたcoldsweats01

まぁ、そばで見せていただいて

貴重な体験をしたといえばいえないこともないのでしょうが

何の役にも立たない経験ですよね

| | コメント (0)

2012/06/20

台風は過ぎ去りましたが・・・

昨夜、カー助の住む埼玉県は

21時頃から台風のもの凄い強風でした

時折、突風らしきものもあり

家が少し揺れるほど

今朝、ばあさんは「怖くて眠れなかった」と言っていましたが

カー助はといえば

「もの凄い風だなぁ~」とは思いつつもいつも通りに眠りについてしまっていて

今朝、目覚めた時には風もやんでおり

当~然、何時頃まで強風が吹き荒れていたのかさえわかりませんcoldsweats01

テレビのニュースは各地の被害状況などを伝えていますが

福島第2原発は大丈夫だったのでしょうかね?

最近、めっきり伝えられることの少なくなった事故原発のその後ですが

政府がほとんど意味のない「終息宣言」を出してからマスコミはあまり伝えなくなってしまいましたが

危険な状態に何らかわりがないのではないでしょうかね

台風の大雨と強風で

自然による放射性物質の除染が少しあったのかな?

まぁ、前にも書いたと思いますが「除染」というと『減らせる』『なくなる』ような錯覚を覚えますが

あった場所から別の場所へ移ったに過ぎませんよね

地面に張り付いていた放射性物質が大雨によって河川に流れ

河川のところどころに沈殿していたものが大量の雨水によって海に流されたのでしょうかね

それって

放射能汚染が農作物から魚介類に移るということでしょうか?

福島第2原発の先行きさえ見えない中

福井県の関西電力大飯原発は再稼動しようとしています

『慣れ』とか『時の流れ』とかは

ある意味凄いことなのかもしれませんね

よく『失敗から学ぶ』といいますが

本当は「失敗」からではなく

「失敗を反省することにより学ぶ」のかもしれませんね

本当の意味での『反省』のない失敗は繰り返されるだけなのかもしれません

福島第2原発の事故

地震による津波が原因ですが

『絶対に安全』との過信が事故の要因でもあるはずですし

事故後、マスコミの責任追及は政府と東京電力へばかり向けられましたが

交付金、補助金欲しさに原発の立地、稼動を安易に認めてきた地元自治体や知事、議会の責任追求はほとんど行われてきませんでしたよね

そういう姿勢が今回の福井県知事やおおい町の町長をはじめ地元自治体の再稼動容認に影響を与えてはいないでしょうか?

福井県議会の自民党会派などは

自ら安全性の調査や議論もろくにしないで早々に「知事に一任」なんて結論を出しましたよね

こんな議会ならいらないと思います

それぞれが違った立場で検証し

多くの人の意見を参考に議論を重ねるべきはずであり

「国が安全だといっているから」とか無責任な理由で再稼動を容認すべきではないと思います

確かに

原発事故の被害者でもある福島県の地元自治体の責任追及をしづらいこともわかりますが

2度と起こしてはならない事故だけに

あえて誰かが悪者になってでも全ての責任要素を表に出して反省し教訓とできなかったことが第2の同じような事故をまねかなければいいなと思っています

| | コメント (2)

2012/06/14

次世代自動車振興センター

3月に

ノアをワゴンRスティングレーに買い換えた話を書きましたが

そのワゴンRスティングレーはエコカー補助金対象車ですので

エコカー補助金(軽自動車ですので7万円)を申請しました

まぁ、申請したといっても自分でしたわけではなく

ディーラーが代行して申請してくれたのですが・・・coldsweats01

ですから

どこへどのように申請したのか知りませんでしたが

数日前に

「一般社団法人 次世代自動車振興センター」なるところから

環境対応車普及促進事業 補助金交付決定通知書兼補助金の額の確定通知書

という長い名前のハガキが来ました

さすがお役所というか天下り法人って感じのタイトルですよね~

7万円を交付するためにいくらぐらいかけているのでしょうかね?

エコカー補助金は予算を使い切った時点で終了とのことですが

このような無駄な天下り法人の運営にも税金は使われているのですよね

今、消費税増税問題で

「税と社会保障の一体改革」と名打ってはいますが

使われる税金の社会保障費の一部は天下り法人の運営のためにもあてられるわけで

そういう仕組み自体を改革しなければダメじゃないでしょうかね

公務員による公務員やそのOBのための政治で

それを担うのは国民という構図じゃ世の中良くなるわけもありませんよね

そういえば

ハガキには「ご注意」という箇所があり

「本通知書発送後、数日程度で上記補助金の確定額がセンターからご指定の銀行口座に振込まれる予定です」とあります

お金の問題でありながら何ともあいまいな表現ですよね

民間企業ではありえない話です

民間企業なら「○月○日に振込みます」と明記するでしょう

例え話でよく言われることですが

1円足りなくても

1日遅れても不渡りになるのが常識のお金の決済です

「交付してやってる」という上から目線の天下り法人に民間並みを望む方が無理ってものでしょうか

彼らが「交付してやってる」と思い込んでいるであろうお金は国民の納めた大事な税金なんですがね・・・

| | コメント (0)

2012/06/13

ドクダミ→水

仕事終えて帰宅し

玄関を入ると

2ℓのペットボトルの水が6本入ったダンボールケースが置かれていて

ばあさんに「何これ?」と聞くと

「水だよ」と何ともわかりきったガクッとくるような答えが返ってきました

「水だっていうのはわかっているからどうしたのか?を聞いているんだよ」と聞き返すと

「知らない人にもらったんだよ」と更にわけのわからないことを言うばあさん

『知らない人がたとえ水でもくれるかぁsign02』と思い話をよく聞いてみると

少し前にばあさんが

庭の草むしりをしている時に

増えすぎたドクダミの葉も刈っていたら

50歳代ぐらいの見知らぬおばさんが「それ捨てられるのですか?」と声をかけてきたそうで

「はい」とばあさんが答えると

「それいただけませんか?」と言われたそうで

もらって帰ってどうするのか聞いてみると

アトピーにドクダミが効くとかで

お風呂に入れるのだとのことで

どうせ処分するものだからと刈り取ったドクダミの葉を全部あげ

「必要ならまた来て好きなだけ持っていってください」とばあさんは言ったそうで

1週間ほどして

そのおばさんがまたやって来て

「ドクダミの葉をいただいてもいいですか」と自分で刈って持って帰り

昨日、また、来たそうで

その時にお礼だと言ってペットボトルの水を置いていったのだそうです

「お礼なんていらない」と言うばあさんに

そのおばさんの家では

アトピー対策で水道水は飲まず

ペットボトルの水を飲んでいるそうで

今日はスーパーマーケットへ車で行って大量に買ってきたうちの1箱だから何かに使ってくださいと置いていったそうです

亡くなった父親が昔植えたドクダミ

増えすぎて困っていたものですから

むしろ時々来て刈り取ってくれると助かるのですが

プラスでペットボトルの水にまでなるとは・・・

ドクダミ茶とかは時々目にしますが

アトピーにも効くのですね

消炎作用もあるということでしょうかね

「いらないものだからあげるのはかまわないけど、ドクダミがそんなに効くのなら自分の家に植えたらいいのにね。手入れしなくても増える草なんだから」とばあさん

アパートやマンションに住んでいて植えられないのか

それとも自分の家に植えている分では足らないのか?

まぁ、我が家ではいらないものが役に立っているのですからいいのですがね

| | コメント (2)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »