« エキサイトシート | トップページ | 芸能人じゃなくても歯は大事ですよね »

2012/07/06

本当に誰も助けられなかったのでしょうか?

昨年、滋賀県大津市で起きた中学生の自殺問題

「自殺といじめの因果関係は不明」という教育委員会

3度の父親の被害届を受理しなかったという警察

どちらにも呆れるばかりです

大津市長は外部委員会をもうけて再調査をする方針だといいます

一見正論にも思えますが

外部委員会をもうけなければ教育現場で起きたことの処理も調査もできないのであれば

教育委員会とは何なんでしょうかね?

職務怠慢でもクビにもならないのなら

なんともうらやましい職業ですよね

今年から武道が必修化されたとか

そんなことより「命の大切さ」でも教える方が大事なんじゃないでしょうかね

教育に関わる人たちの教育から始めないとダメなのでしょうかね

陰湿ないじめをしていたとされる少年たちは

その親たちは今何を思っているのでしょうかね

|

« エキサイトシート | トップページ | 芸能人じゃなくても歯は大事ですよね »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

困った事ですね!
いじめも仲間内から始まる事が多いですし…
学校も家庭も社会も教育力が落ちていると思います。
命の大切さを教えるというのも、知識で教える事は出来ても、生活の中で、体験を通して目で見たり身体で感じなければいざと云う時に役に立たないでしょうし
家での看取りもなくなった今、難しい問題ですね!
何がどうしてこうなるのか、理解できないことばかりです!
教育制度をコロコロ変えるのも如何かと思いますしね~

投稿: とんちゃん | 2012/07/07 10:47

とんちゃん

コメントありがとうございます

いじめを完全になくすことは無理だと思いますので
早めに対処することが大事かと思います
1人では何もできないようなクズが集団になって弱い者をいじめることが多いのでしょうから
それがエスカレートする前に止めないと被害者が自殺するということにもなりかねないですからね

いじめをしたとされる少年たちは聞き取り調査を拒否しているとか
それは報じられているいじめが事実だったということなのでしょうね
手遅れですが
警察が事件として捜査するのが今となっては必要なことなのかもしれませんね

投稿: カー助 | 2012/07/07 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エキサイトシート | トップページ | 芸能人じゃなくても歯は大事ですよね »