« 芸能人じゃなくても歯は大事ですよね | トップページ | 覚えるというメカニズム »

2012/07/12

大津市のいじめ自殺問題は色々な方向へ?

テレビでは

大津市のいじめによるとみられる自殺問題で

滋賀県警が中学校と教育委員会へ家宅捜索に入ったニュースが大きく報じられていますね

確かに新たな動きではありますが

家宅捜索に入ったことと立件されるかどうかはイコールではありませんし

仮に立件されたとしても家庭裁判所がどう扱うかは今のところ不明ですよね

マスコミ(テレビ、新聞)の報道は

学校、教育委員会や大津警察署の不手際を責めるような報道が中心ですが

インターネット上では

いじめの加害者とされる3人の少年の実名等が出ていますし

こちらの非難の矛先は

3人の少年の親等に向けられているものも多いようです

3人うちの2人はすでに京都の中学校に転向しているとか・・・

親族は他人の子どもが傷つけられるのは何とも思わないようですが

我が子が傷つくのは嫌だったのでしょうかね

その他にも

いじめをしていたとされる少年の親がPTA会長をしていたとか

1人の少年の祖父が滋賀県警のOBだから当初警察が被害届を受理しなかったのではないかとか色々と情報(?)憶測(?)が飛び交っています

もちろん

インターネット上の書き込みの多くは匿名で

その信憑性には多くの疑問もあります

マスコミでは少年法等の問題から報道されないいじめのあった中学校の名前から住所まで

2人が転向した中学校の名前に住所

親の名前や職業だけでなく

どこまで正確かは別として

親や親族の言動まで色々と書き込まれていますし

先ほどは

インターネット検索ワードランキングの1位に

リーダー的存在でいじめをしていたとされる少年の名前があがっていました

情報過多の時代らしいといえばそれまでなのでしょうが

実名を公表している側が匿名だというのにはなんかおかしさを感じますし疑問も残りますよね

今回の問題が大きく取り上げられることは確かに大事なことだと思いますが

本当にしなければならないことの1つに

今現在、日本の何処かの学校でいじめられて真剣に悩んでいる子どもがいるのではないかということではないでしょうか?

同じような悲劇が繰り返されないようにすることこそ我々大人たちが今しなければならないことだと思うのですが・・・

|

« 芸能人じゃなくても歯は大事ですよね | トップページ | 覚えるというメカニズム »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私は、1970年2月生まれで、大阪府池田市在住です。

私は、 池田市立細河中学校に通っていた時、 小柄だというだけで 、担任の○○○○○と、複数の部落民である北古江(地名)の奴らに、いじめられていました。

○○○○○○からのいじめは、毎月、席替えがあったのですが、私だけが、教卓の前の席と、決められていて、席替えに、参加させてもらえませんでした。

部落民の奴らからは、毎日、「 小児麻痺 」と言われ続け、筆箱を、何回も壊されました。

私は、小柄ですが、勿論、小児麻痺ではなく、身体にも知的にもなんの障害もありませんし、私の母も、障害児を産む様な、卑劣で冷酷な女性ではありません。

○○○○○も、 部落民の奴らに 遠慮し、「 小柄なあんたが 悪い 」と言い、全く 、注意もしてくれませんでした。

部落差別とかいうけど、池田市は、全く逆です。

今思えば、私の筆箱を壊した部落民の奴らを、器物破損罪で、刑事告訴して、少年院にぶち込んでいればよかったと、後悔しています。

私を、いじめた部落民の奴らと、席替え差別をして 私を、いじめた部落民の奴らを、全く注意をしなかった、○○○○○を、一生許せない。

私は、部落民の奴らにいじめられた為、埼玉県狭山市で、女子高生を誘拐して殺した、人殺しの部落民の石川一雄を、一生、真犯人だと、信じることにしました。

私は、一生、部落民を嫌うことで、復讐する。

投稿: 大阪府池田市在住の女性 | 2012/07/13 02:33

大阪府池田市在住の女性さん

コメントの中に書かれていた担任の教師の名前は削除させていただきました
本文中にも書きましたが
仮に相手に非があったとしても自らが匿名で相手の実名を書き込むことに私は疑問を持っていますし
もし実名の公開がしたいなら
ご自分のブログかその手の掲示板をご利用いただくべきかと思います

それと
ご自身のいじめ体験と無関係な狭山事件を結びつけて考えることもどうかと思いますし
あなたは中学時代に辛い体験をされたのかもしれませんが
その痛みの経験をもう少し違う形で生かせないものかと大きなお世話かもしれませんが思ってしまいます

投稿: カー助 | 2012/07/13 09:19

夏休みになったら加害者少年3名に事実を問いただすと言う少し前のニュースで見ました。
ここへ来て加害少年達が恐喝していた事実が明らかになり、遊びだと言っていてもだんだん加害少年たちを見てみぬふりをしていた教職員などにとってだんだん不利な事実が出てきたので
今週末から夏休みに入るのを前に示談で事の収束を測り、何事もなかったの様に新学期を迎えたい学校や教育委員会のもくろみが見え見えですね。
飛び降り自殺についても生徒の転落事故と説明した教育委員長や校長の発言にも強い憤りを感じます。

投稿: cuore | 2012/07/18 17:29

cuoreさん

コメントありがとうございます
加害者とされる少年やその親たちは責任逃れに必死のようですから
3人への事情聴取が行われることと真実がわかることとはイコールではない気もしますね

大津市や学校、教育委員会をかばうつもりは毛頭ありませんが
マスコミの風潮は叩きやすいところを叩くという傾向になりすぎている感じもしないでもありません
確かに加害者とされる少年たちは少年法によろ守られる存在であることも事実ですが
自殺してしまった少年のことも同様に守られる権利を有していたはずですし
命はもっともっと守られるべきだったはずですよね

投稿: カー助 | 2012/07/19 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芸能人じゃなくても歯は大事ですよね | トップページ | 覚えるというメカニズム »