« 覚えるというメカニズム | トップページ | 放射線測定器、まだまだ売れるようです »

2012/07/18

大事なことはなんでしょうか

大津市の中学生が自殺したいじめ問題の民事訴訟の第2回口頭弁論が昨日開かれ

大津市側はいじめの事実の認識や

その後の対応の不手際を認めるような方向で和解も視野に入れるという方向転換をはかったようですが

いじめをしたとされる3人の少年とその親は

「いじめではなかった遊びだった」との主張で争うようですね

この主張、方針は3人の少年の真意なのでしょうか

それとも損害賠償金を払うことの嫌な親たちの理論からくるものなのでしょうか

確かに多額の賠償金を払うのは誰しも気の進むことではありませんが

それほど重大なことをしでかしたのだと親は教えるべきではないかとも思うのですよね

親にそれができないから社会が袋叩きで教えるはある意味最悪でもありますよね

一時、教育委員会の言っていた加害者とされる少年の権利や更正を本当に考えるなら

事実を覆い隠し嘘でかためるよりすべきことがあるのではないかと思います

もし仮に私の息子が加害者だったら

よ~く話を聞き

アンケート調査の中に出てきたようなことをしていたなら

息子と2人で被害者遺族のところへ行って土下座をしてでも謝りたいと思います

もちろん、それで全てが許されるわけではありませんが

それが被害者のためでもあり

加害者となってしまったわが子のためでもあるのではないでしょうかね

今回の口頭弁論での「遊びだった」という主張は最低ですよね

確かに時としてわが子を守ってやることも必要ですが

親は善悪も教えてあげるべきではないでしょうかね

今回の記者会見を見ても

学校や教育委員会に善悪を教える能力はないようですしね

もし3人の少年がアンケート調査で出てきたようなことを繰り返しされたら

3人の少年の親たちは「それは遊びだから」と放っておけるのでしょうか?

真実から逃げて一緒に戦うことが本当に子どものためになるのか

一緒になって謝り償うことが子どものためになるのか

私なら後者を選びたいと思うのですが・・・

|

« 覚えるというメカニズム | トップページ | 放射線測定器、まだまだ売れるようです »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 覚えるというメカニズム | トップページ | 放射線測定器、まだまだ売れるようです »