« 暑い時はやっぱり高原がいいですよね~ | トップページ | アベンジャーズ観てきました »

2012/08/01

ロンドンオリンピック

元々、テレビといえばニュースとスポーツ番組が中心で

ドラマやバラエティと呼ばれる笑えないお笑い番組をほとんど見ず

日頃は地デジ放送より

BSやケーブルテレビのスポーツ専門チャンネルを見ていることの方が多いのですが

ここのところオリンピック中継を見ている時間が増えています

とはいっても見るのは競技そのもので

以前にも書きましたが

開会式やメダリストのインタビューなどは見ません(まぁ、ある意味の変わり者ですかねcoldsweats01

テレビ局ってどうしてメダリストを順番に連れまわして同じようなことを聞きたいのでしょうかね

共同記者会見をすればいいのにと思うのはカー助だけでしょうか?

メダリストになると

急にそれまでの努力や支えてくれた人たちにスポットライトを当てドラマ化して放送したがるのもテレビの特徴でしょうか

そんな時間があるのなら

もっともっと他の競技を放送して欲しいものですし

オリンピックに出てる人の多くはみんな同じような努力をしていると思いますし

中には国内選考に敗れた人の方が努力していた場合だってあると思うのですよね

そんなわけでワンパターンのメダリストにスポットを当てて作られた『感動物語』を見たいと思いません

採点競技を見ないカー助ですので

当然見ませんでしたが

男子体操団体で採点が覆ったとかニュースになっていましたが

元々『採点競技』自体がそういうものなんじゃないですかね

審判員の曖昧な基準で順位を争うこと自体に無理があるのですから

今更覆ったことを騒ぐこと自体ナンセンスだと思うのですが・・・

柔道JUDOでも判定が覆ってニュースになっていましたが

こちらも「技で勝負」というよりは判定で決着というスポーツになりつつありますので

そんなことが起きるのはある意味当然なのかもしれませんね

今回のJUDOは本当に「1本勝ち」が少ないですよね

JUDOは『技』とか『切れ味』とは無縁な競技になりつつありますよね

消極的なJUDOを防ごうと改正されたルールが

結局は相手の2回の「指導」を誘発させ優勢勝ちをするというパターンを生んでいるのでしょうね

本戦の5分かかる試合や延長にもつれ込む試合が多く

「1本勝ち」にはほど遠いJUDOになっていることこそ「判定が覆った」こと以上に問題にすべきではないかと思いますが・・・

そういえば

JUDO競技人口は日本よりもブラジルやドイツの方が多いのだとか

JUDOはもはや日本のお家芸ではなく「日本発祥の競技」になっているのが現実なのかもしれませんね

ちなみに

カー助がここまでで一番真剣に見入ったのは

自転車競技の男子ロードレースですかね

250kmほどを世界の一流選手が走る姿はいいですし

ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアなどとちょっと違いチームレースでない点や

1発、1日勝負のレースは

それなりに見ごたえもありますよね

蛇足ですが

ロンドンオリンピックなのに

サッカーなどはロンドンで行われていないのですね

更に蛇足ですが

毎回、オリンピック期間中もの凄い量のコンドームが配られているとか

目的の1つはエイズ予防だそうですが

超一流のアスリートがたくさん終結しているわけですから

そこで子どもができたら「優性遺伝」でもの凄いアスリートができるのではないか?と思うのですが・・・

不謹慎な大きなお世話でしょうかhappy02

|

« 暑い時はやっぱり高原がいいですよね~ | トップページ | アベンジャーズ観てきました »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑い時はやっぱり高原がいいですよね~ | トップページ | アベンジャーズ観てきました »