« 迷惑なおばさんの話 その2 | トップページ | 停電 »

2012/09/24

知恵がついて成長?

お彼岸で

亡くなった妻の両親やチビたちをつれた娘一家がやって来て

厳かにというよりは賑やかな一日

お墓参りから戻り

義母の買ってきたケーキを食べ始めたのですが

好みのケーキを選んではみたものの人のが気になるチビとチビ2

「じいちゃんのケーキ美味しい?」とチビ

「うん、美味しい。少し分けてあげるからお皿を持って来なさい」と言えば

こういう時は非~常に素直coldsweats01

隣でケーキを食べていたチビ2は

『じいちゃんのケーキ美味しい?』と聞けばケーキがもらえると思ったのでしょうね

同じように「じいちゃんのケーキ美味しい?」と聞きますので

「少し分けてあげるね」と言いながらチビ2のお皿にケーキをのせてあげると大満足のチビ2

『知恵』とは、そういう真似から覚えていくのでしょう

さらに

今更教わらなくてもチビ2がわかっていることで

ばあさんは滅多なことではひ孫であるチビとチビ2を怒らないということで

チビ2はフォークを持ってばあさんのところへ行き

「ちょうだい」とも言わずばあさんのケーキのクリームを取って食べ始めました

毎日の生活の中で

怒られること、怒られないことを経験で学んでいるのですよね

当~然、多くを学ばせたい方のカー助は

隣に置いてある食べかけのチビ2のケーキにフォークを持っていき食べる振りをしながらチビ2に声をかけると

ニコニコしながらばあさんのケーキを食べていたチビ2の顔が「あっsign01」っていう感じになりました

日頃、お姉ちゃんであるチビとものの取り合いになることはしばしばで

そのことは経験として頭のどこかにインプットされているのでしょうが

お姉ちゃん以外にケーキを取られるという想定はまだなかったようです

すぐに自分の席に戻ってきて

「これはじいちゃんのケーキじゃないよ」と言うチビ2

「あれっsign02じいちゃん間違って食べちゃったかな?」ととぼけて言えば

「じいちゃん間違っちゃだめだからね」と言うので

「だって、さっきじいちゃんは少しケーキを分けてあげたじゃない」と言うと

「欲しい時はちゃんと『ちょうだい』っていわないとだめだよ」と言います

自分はばあさんのケーキを黙って食べていたのにですcoldsweats02

「じゃぁ、少しちょうだい」と言うカー助に

ほんのちょっとだけ分けてくれたチビ2happy01

こんなやり取りをしながら知恵がつき成長していくのですよね

先月の末で5歳になったチビ

今月3歳になったチビ2

まだまだたくさん吸収することはあると思いますが

一番はやはり元気に育って欲しいと願うじいちゃんであります

|

« 迷惑なおばさんの話 その2 | トップページ | 停電 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

ウチの2歳半になる甥っ子は
「モノを隠す」ことを覚えたようで
自分の食べているソーセージを
私に盗られないように
自分のポケットや背中に隠したりしてます

この前は座布団の下におせんべいを隠して
そのまま足踏み?地団駄?して
母(おばあちゃん)に怒られてました

もちろん、ボロボロになった
おせんべいを見て「あれ?」という顔で
しょげてましたけどcoldsweats01
今後は座布団の下には隠さないでしょう、きっと。

投稿: mamia | 2012/09/25 19:37

mamiaさん

コメントありがとうございます

幼児の行動を見ていると笑えることが多いですよね
まぁ、そういうことを繰り返しながら少しずつ成長していくのでしょうが・・・
我が家では娘一家が帰ったあとに
とんでもないところに隠されたチビ2のミニカーが出てくることがよくありますhappy01

投稿: カー助 | 2012/09/25 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迷惑なおばさんの話 その2 | トップページ | 停電 »