« 芸能人のブログ | トップページ | 紅白歌合戦 »

2012/12/17

選挙は終わりましたが・・・

衆議院選は昨日投開票が行われ

どんな結果であろうとそれは民意の表われなのでしょう

1つ言えることは

昨日で終わりではなく始まりなはずですよね

トップで当選しようが

ギリギリで当選しようが

比例で復活当選しようが

国民、有権者の代表であることには間違いなく

それなりに仕事をしていただかなければならないわけですよね

落選した人の中には

次の選挙へ向けての準備に頑張る人もいるのでしょうが

そちらの方が頑張っているなんてことのないようにして欲しいものです

今回の選挙

マスコミ各社の事前の調査では

6割強の人が「必ず投票に行く」で

2割ほどの人が「投票に行くと思う」というものでしたが

実際の投票率は6割弱でしたね

世論調査がいい加減なのか

答えた人がいい加減だったのか

まぁ、1つの要因は

事前の結果予想が「自民党の大勝」と出たため

「選挙に行ってもしょうがない」と棄権した人も多いのかもしれません

正直、私も当日まで投票に行こうかどうしようか悩んでいました

私の住んでいる選挙区には

自民、民主、維新、未来、共産と5人が立候補していましたが

事前予想は「自民党議員の当選」と出ており

自公両党で3分の2なんて良くないと考えて他の人に投票しても

死に票になるのが目に見えていたからですが

石原代表の維新の候補が増えないようにと

反対票を投じる思いで投票へ行きましたが

それも無駄だったようで

選挙区で落選した維新の会の候補者は比例で復活当選したようです

今回の選挙

民主党が負けることはある意味当然の成り行きだとも思いますし

選挙目当ての未来の党が勝てないのも当然でしょうが

橋下、石原両氏の考え方が大きく違いながら選挙目当てで一緒になった党が議席を増やせるのですから候補者の多くにも問題がありますが

有権者の方にも問題があるのかもしれませんよね

よく騒がれる「世襲問題」も

公認する党も党ですが

そんな候補者を当選させているのは他ならぬ有権者ですからね

そういえば

国会議員の女性議員の比率は

前回まで増えていましたが

今回は小沢ガールズを中心に大勢落選しましたので

大幅にダウンしたのでしょうね

世襲議員が増えて女性議員はそれほどいらないというのがきっと今の日本の民意なのでしょうね

|

« 芸能人のブログ | トップページ | 紅白歌合戦 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芸能人のブログ | トップページ | 紅白歌合戦 »