« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 尾ノ内氷柱 »

2013/01/10

指導者とは

大阪市立桜宮高校のバスケット部の主将が自殺したことが

ニュースで大きく取り上げられていますね

顧問による体罰があったとか

バスケット部を強豪にした顧問だとか・・・

そんなニュースを見ながら昔のことを思い出しました

カー助は高校時代陸上部に入っていました

一緒に入部したのは14、5人だったと思いますが

2年生の夏前

先輩たちが引退し、自分たちが最上級生になった時には同級生は4人になっていました

陸上はほかの協議に比べ

『主観』の入る余地の少ないスポーツで

トラック種目ならタイム

フィールド種目なら飛んだ距離や高さが数字としてあらわれます

大会で各校から1つの種目に出場できる人数は決まっていますので

好タイム、好記録を出せば下級生でも出場機会は得られるわけです

逆に言えば

先輩でも後輩にいい選手がいたら大会に出られないということになります

そうなると

残念なことですが、大会に出たい先輩のイジメがはじまるのですよね

当然、そんなことが嫌でやめていく人が出てきますし

カー助も心の中で何度も「先輩ヅラすんじゃね~よ」と思ったことがあります

上級生になった残った4人で

ある日、「自分たちがされて嫌だったことを俺たちはしないようにしようぜ」と話し合ったことを覚えています

厳しい練習についてこれなくてやめる人がいるのはしょうがないとしても

くだらないイジメ等の理由で仲間や後輩がやめていくことが嫌だったのですよね

幸い、自分たちの下の代はほとんどやめる奴もいませんでしたし

3年生で引退する時に

1年下の後輩たちに

自分たち4人が1年前に先輩ヅラしてイジメをすることをやめようと話し合ったことを話し

「お前らもくだらないイジメをしたりするなよ」と言った覚えがあります

誰かがどこかで負の連鎖は止めなければならないと思うのですよね

「自分たちがされたから先輩になったら今度は後輩にやりかえす」では大人げないと思いますし

今回、問題になっている『体罰』も

「昔はそんなこと当たり前だった」とかいう人もいますが

それが本当に正しいことだとしたら

今でもそこら中で行われているはずですよね

今回の顧問の先生に対しては

卒業生の一部からは「先生は間違っていない」との擁護するような意見も出ているとか・・・

体罰を加えないとチームを1つにできないようでは

体罰を加えないと強豪校にできないようでは

自分の教え子が自殺しようと考えるほど悩んでいたことに気付かないようでは本当に優秀な指導者ではないように私は思います

もうひとつ今回問題なのは

この顧問が体罰を加えていると以前、学校に連絡があった時に

この顧問に聞いて「体罰はしていない」との回答だけで体罰がなかったとした学校の対応のまずさでしょう

少なくとも被害者と加害者がいる可能性がある以上

両者から聞き取りをすべきですし

さらにまわりの関係者からも聞き取りを行っていたら

今回の悲劇は起きなかった可能性があるのではないでしょうかね

命が失われないと動こうとしないようでは教育現場としては失格ですよね

全国にはまだまだ同様のケースがあるのでしょうか?

厳しい練習をすることと体罰を加えることは明らかに違いますし

指導者の指示通りできないからと腹を立てて体罰を加えるような指導者に指導する資格はないと思います

本来、選手のための競技にはずが指導者の自己満足にならないでほしいものですよね

|

« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 尾ノ内氷柱 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
ううぅ~ん
何か書きたいけど難しいですね~
カー助さんのおっしゃる通りだと思いますが…
まぁ~、このような事が起きるたびにTVに出てくる校長とか教育委員会とか…いただけませんね~sweat02
もう何もかも学校に求めるのは無理ですね!
文武両道を学校に求めても無理!
教諭は部活動の指導をしなくても良いわけですから・・・(無償化に何もかも求めない)
スポーツの指導をしたい人は学校以外でするのですね~
親もスポーツをさせたいなら、愛ちゃんや遼くん内村くんのように学校以外で育てたらいいです!
勉強は午前中に学校で…午後は社会教育施設でスポーツ
なんていったら何でもフランスではイギリスではという何処かの党首のようですかね~sweat02

投稿: とんちゃん | 2013/01/11 18:47

とんちゃん

コメントありがとうございます

確かに難しい問題だと思います
でも自殺した高校生にとってはもっともっと難しい問題で逃げ出さざるをえなかったのでは?と大人は考えなければいけないのではないでしょうかね
今回も校長や教育委員会のように「・・・かもしれない」なんて他人事のように言っていてはいけないと思います
教員の部活の指導にも色々るのではないでしょうか
義務的にかかわっている人もいれば
それに熱中してしまっている教員もいると思います
今回のケースなどは後者で
半分は指導者の自己満足のための部活になっている気もしますよ
本来、そんなに熱心にスポーツ指導したいなら
教員じゃなくてスポーツ団体の指導者になればいいのでしょうが
公務員という安定した職で自分の好きなこともしたいという一石二鳥を得たい人が指導していることに大きな問題があるのかとも思います

今回の少年はバスケットが好きだったのだと思いますが
そのバスケットのことで命を失ってしまったことはなんとも悲しいことですよね

投稿: カー助 | 2013/01/11 21:19

こんにちは!
年が明けてまだ一ヶ月なのに、
悲しいニュースが続いていますね・・・。

私の高校時代では、厳しくて怖い先生はいましたが、
生徒に手を上げている先生やコーチを
見たことがなかったので、
今思うと当たり前の事が有り難く感じました。

自殺した生徒さんの事を思うと
残念というより悔しくて仕方ありません・・・。

毎日寒いですね。
仙台は例年にない雪で、まだ歩道は溶けない
所が多いです。
カー助さんの地域はいかがですか?
カー助さんの車はスタッドレスはいているのでしょうか?
いつもは雪がほとんど降らないでしょうから、
今回の雪で大変だった事と思います。
ドライブも慎重になりますネ(^^)
note

投稿: ちえ | 2013/01/28 10:45

ちえさん

コメントありがとうございます
ほんと悲しい、嫌なニュースが続きますよね
体罰の問題は
そのこと自体もとんでもないことだと思いますが
それを肯定する保護者やOBがいるようですので
なかなかなくならないのかもしれませんよね
それと
誰かの命が失われないと問題化されない世の中もどうかと思いますね
人類は「知的生命体」だと言われますが
本当にそうなのか?と思いますよ

毎日寒い日が続きますよね~
寒いのが嫌いなカー助にはつらい季節ですcoldsweats02
カー助はノーマルタイヤで
雪が降ったら出かけないようにしています
どうしても出かけなければいけない時はチェーンまきます
今朝も関東地方の南部では雪が降ったようですが
幸いカー助の自宅付近は降りませんでしたし
成人の日の雪も我が家のあたりはそれほど降りませんでしたので今のところ助かっています
日頃の行いの良さでしょうか?(そんなわけありませんよねcoldsweats01

投稿: カー助 | 2013/01/28 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | 尾ノ内氷柱 »