« 尾ノ内氷柱 | トップページ | 鬼はどこに »

2013/01/29

サンダーバード

ここのところ増々地デジでテレビを見ることが少なくなっているカー助

日本のドラマもバラエティ番組と言われる笑えないお笑い番組も見ませんので

ニュースとスポーツ中継以外は地デジテレビと無縁になりつつります

その分増えているのがケーブルテレビの視聴ですかね

ディスカバリーチャンネルはよく見るようになりましたし

旅チャンネルも時々見ています

それとスポーツ専門チャンネルに

海外ドラマを放映しているスーパードラマTVとAXN

まぁ、これらのチャンネルを見ていたら地デジはそれほど必要なくなって当然ですかね

そんなスパードラマTVで

先週から「サンダーバード デジタルリミックス版」の放送がはじまりましたので

昔を思い出しながら見てしまいましたhappy01

Img_5715


イギリス製作の人形劇で

子供のころ夢中になって見ていたものです

当時、カー助はサンダーバード2号のプラモデルを持っていて

普通のプラモデルは作ってしまうと楽しみが終わりな感じが多いですが

2号は中央の格納庫が別売されていて

その中にいろいろな機材も入れられ

それで夢中になって遊んでいたことを思い出しましたよ~coldsweats01

今のCGを使った特撮ものに比べたら

はるかにちゃち~できではありますが

子供のころの気持ちが蘇り

ちょっとウキウキしちゃいましたし

「サンダーバード2号のプラモデル今でも売っているのかな?」とアマゾンで調べてみると

安いものは200円で

数千円のものが多くあり

高いものは12万円だってsign01happy02

まさに昔懐かしい大人が買うって感じの値段ですよね

そこまでの値段のものを買いたいとも思いませんので

テレビで懐かしく昔を思い出しながらまた見たいと思います

|

« 尾ノ内氷柱 | トップページ | 鬼はどこに »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昔の話」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あのギクシャクした動きは1コマ1コマをパラパラ漫画のように撮影したと知ったのは大人になってからイギリス人の義弟から聞いて驚きました。当時同級生の男子達は地下に基地があるストーリーにずいぶん心おどらせて観ていたようです。カー助少年もその一人たったんですね。

投稿: cuore | 2013/01/31 16:21

cuoreさん

コメントありがとうございます

そうですsign01当時、夢中になって見入っていた少年の1人ですhappy01
それも白黒テレビで見ていた気がしますから
サンダーバード2号が緑色だってことを知ったのはプラモデルの箱を見てのことかも?coldsweats01

古いものや昔のものを懐かしく感じるのは年を取った証拠ですよねcoldsweats01

投稿: カー助 | 2013/01/31 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尾ノ内氷柱 | トップページ | 鬼はどこに »