« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013/09/18

チビからのプレゼント

土曜日に娘一家がやって来て

チビの第一声は

「バーバ、わたしからのお手紙届いた?」でした

娘の話によると

チビの通っている幼稚園で

敬老の日にむけて絵を描いて送るということをしたそうで

そのはがきが届いているかをチビは聞きたかったようです

どうやらその絵のはがきを投函したのは前日の午後のようで

土曜日の時点では我が家に届いてはいませんでした

その後、日曜、敬老の日の月曜とばあさんはチビからの絵を待っていましたが

台風の影響もあったのか

我が家に届いたのは昨日の火曜日となりました

縦30cmほど、横20cmほどの大きな画用紙のはがきに

めいっぱい大きく描かれたばあさんの顔と

何とか判読できるメッセージcoldsweats01

Img_5903_6

宛名もすべてひらがなのチビの自筆ですので

何とか無事に届いて良かったという感じですかね

絵はクレヨンがにじまないようにと先生がしてくれたのかコーティングされていますので

長持ちしそうな感じです

早速、ばあさんは「絵が届いたよ」「上手に描けているね。ありがとう」とチビに電話を入れたそうで

上手に描けていると褒められてうれしかったのか

「また、描いてあげるね」とチビは言っていたそうです

80過ぎのばあさんには

こんなプレゼントが一番なのかもしれませんね

| | コメント (2)

2013/09/17

台風一過

おとといから台風18号の影響で降り出した雨と強風は

各地に大きな被害をもたらしてしまいましたね

我が家のある埼玉県も

熊谷市を中心に突風による大きな被害がでました

先日には越谷市近辺で竜巻があり

被害が出たばかりですので

続けて竜巻、突風という自然災害が起きてしまったわけですが

竜巻、突風は防ぎようがないですよね

海なし県で

自然災害の多くないところだと思っていた埼玉県ですが

自然災害は容赦なくどこへでも来るということでしょうかね

昨日は午前中

もの凄い強風が吹き荒れていました

その強風が正午過ぎにおさまりかけると

バタバタと音がするので見てみると

我が家のベランダの屋根の一部が壊れていました

「あら~、次の台風までになおさないとだめだね」とばあさん

脚立で登ってみると

まぁ、それほど大きな被害ではないので

カー助がホームセンターへ材料を買いに行きなおすことにしました

そんな程度の被害ですみましたので

見上げる空は秋っぽく

先日まで蒸し暑かった空気も乾燥して

季節の移り変わりを感じさせてくれます

| | コメント (0)

2013/09/10

東京オリンピック

1964年の東京オリンピックの時

7歳の小学1年生だったカー助は

かすかに白黒テレビで見た記憶がある程度で

東京オリンピックがあった程度の認識です

たぶん、テレビでオリンピックを見るより友達と野球やってた方が楽しかったのかもしれませんcoldsweats01

今回の2020年の東京オリンピック招致から決定の報道には

大騒ぎしすぎって感じもしないでもないですよね

「来年の話をすると鬼が笑う」そうですが

7年後の

それもオリンピックが開催されている期間は

たったの2週間ほどですよsign03

さらに

「取らぬ狸の皮算用」で

エコノミストとか称する人たちが経済効果が何兆円だとか言っていますが

つぎ込まれる莫大な税金の話は誰もしなくていいのでしょうか?

1000兆円も借金がある国なのに・・・・

確かに『夢』も大事かもしれませんが

メリットとデメリットを冷静に分析し

デメリットをいかに小さくし

メリットを最大にするかを考え議論したりすることこそすべきことではないでしょうかね

たった1日上がった株価を大騒ぎで伝えるニュースには呆れますよね

まぁ、現状のテレビ局を中心とするマスコミに冷静な報道を求める方が無理ってものでしょうか?

オリンピックが東京で開催されることで『子どもたちに夢を与える』なんてコメントしている人がいましたが

7年後の2週間よりも

もっと多くの子供たちにたくさんの夢を与えられる社会じゃないとダメなんじゃないでしょうかね

| | コメント (0)

2013/09/02

6才と4才

先週の土曜日

暑い中、チビたちが電車に乗ってやって来ました

話を聞くと

娘の旦那さんは仕事のため

娘、チビ、チビ2の3人で電車に乗って来たのだそうです

そんなにまでして来た理由は

この日、8月31日がチビの誕生日で

誕生日プレゼントをもらうためです

「何才になったんだっけ?」とチビに聞けば

片手でパーをし、反対の手の指を1本立てて

「6才だよ」と答えます

早いもので両手の指を使って年齢をあらわすようになったのですよね

じいちゃんも年を取るはずですcoldsweats01

そんな話をすれば

当然、チビ2は「たいちゃんは4才になったんだよ」とチビ2は聞かれもしないのに答えます

「えー!たいちゃんはまだ3才じゃないの」と聞き返すも

「ちがうよ、4才だよ」と答えます

チビ2の誕生日は9月10日ですので

正確にはこの日はまだ3才ですし

「たいちゃんの誕生日はいつ?」と聞いても

それすらわからず、ママの顔を見て

「9月10日でしょ」とママに教えてもらっても覚えられないところがまだまだ幼児という感じでしょうかね

早速、チビは誕生日プレゼントのハートキャッチプリキュアのおもちゃで

チビ2はスーパーこまちのプラレールで夢中になって遊びだしました

そんなチビ2に

「たいちゃん、ママの運転で自動車で来ればよかったのに」と話しかけると

「パパが自動車でお仕事に行ったから自動車がないんだよ」と答えますので

「軽トラで来ればよかったのに」と言えば

「じいちゃん、軽トラは2人しか乗れないんだよ」とそういうことはよく知っているチビ2です

車、電車好きのチビ2ですので

「たいちゃんも大きくなったら自動車の免許とるの?」と聞くと

「うん」と答えますので

「いくつになったらとるの?」と聞けば

まだまだ年齢という概念もなければ

運転免許証が何才から取得できるかなんて知るわけもなく

「う・・・・・ん、ママぐらいになったら」だそうですhappy01

こちらの想像のつかないような答えが返ってくる幼児との会話はなかなか面白くもありますよね

そんな会話をしていると

チビ2が「じいちゃん、ランドセル買って」と言うので

「なんだそれ」と思い聞いてみると

来年の春から小学生になるチビのために

旦那さんのお父さんがチビにピンクのランドセルを買ってくれたそうで

それが小学校へ行くための準備のものだとまだまだ理解できないチビ2は

お姉ちゃんだけがランドセルを買ってもらって

自分が買ってもらえないことが嫌なようで

「ランドセル買って」という話になったようです

「よーし、じいちゃんがピンクのランドセル買ってやろう」とからかえば

「たいちゃんはピンクじゃいやだ」と真面目になって答えます

「えー、この間お店で見たらピンクしか売ってなかったな~」とさらにからかえば

「いつになったら黒いのや青いの売ってるの?」と聞きますので

「来年かな?その次の年かな?たいちゃんが小学校へ行くまでに絶対買ってあげるから大丈夫だよ」で納得しちゃうあたりもまだまだ幼児ですよね

やがて旦那さんが迎えに来て

みんなでケーキを食べて

もらった誕生日プレゼントを大事そうに抱えて帰って行きました

| | コメント (2)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »