« 年末を感じます | トップページ | 猪瀬都知事の会見もお粗末でしたね~ »

2013/12/19

年賀状制作

昔はあて名書きから新年のあいさつ文まで手書きでしたが

パソコンを使い始めてから

プリンター印刷による年賀状になってしまいました

いただく年賀状も9割以上がパソコンにより制作されたものです

今年も干支を入れて作り始めて考えたことが

「この印刷された新年のあいさつ文って真剣に見てる人っているのだろうか?」と・・・

まぁ、ほぼゼロに等しいのではないでしょうか?

カー助の場合

誰からいただいたかを確認し

手書きの部分があれば

そこは読みますが

印刷された新年のあいさつ文の部分など見もしません

そう考えだすと

印刷部分を過剰に頑張って作る必要もないのかな?と思い

手を抜きそれなりを作り

なるべく一言でも手書きで何か入れようと考えましたが

簡単に「一言」を考えつき書き加えられる人もいれば

なかなか「何を書いたらいいかな~」と悩んでしまう人もいて

結局、手書きの部分なしで出すことになってしまう人もいるわけで

まぁ、すべて違う人に出すわけですから

すっかり同じことを手書きしてもバレナイというか問題なくもあるのでしょうが

「それじゃ意味がない」って気もどこかにあったりして

何とも複雑な気持ちになります

それと

今年も1年間お世話になった方々に出す年賀状もあるわけですが

ここ数年、それより一生懸命考え作るのがチビたちへの年賀状ってのも失礼な話でしょうかね

チビたちへの2枚の年賀状は

毎年、当然ですが他の方々への印刷と違うわけで

こちらは素材選びから

ある意味真剣です

今年もパソコンでいろいろ調べているうちに

くまもんの公式ホームページに年賀状用イラストが無料ダウンロードできるのを見つけ

それを印刷し

手書きを加えて出しました

そんなジジ馬鹿でいられることは

ある意味幸せなことかもしれないと思いますよね

|

« 年末を感じます | トップページ | 猪瀬都知事の会見もお粗末でしたね~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末を感じます | トップページ | 猪瀬都知事の会見もお粗末でしたね~ »