« 2014年2月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年4月

2014/04/15

アップリケ

お気に入りのジーンズが2本続けて

膝の部分に穴が開いてしまいました

まぁ、かなりの年数穿いていれば生地も弱りますし

まして膝の部分は一番負担がかかるところでしょうから

仕方がないといえばそれまでなのですが

穿きなれたのを捨ててしまうのも「う・・・ん」って感じで

ネットで色々と検索してみると

修理してくれるところもあれば

アップリケなどもたくさん売っていますので

膝あてをする方向でアップリケを通販で買おうかと探すもイマイチ気に入ったものがなく

やはり現物を見て買いたいとの思いから

「どこか近くで売っているお店はないものか?」と調べるも

どうも近所にはそんな都合の良いお店はないようでしたが

横田基地近くの国道16号沿いにお店を発見!!

早速、買いに行きました

さぁ、次は

弱って薄くなった生地に裏あてしてアップリケをつけてくれる人を探すだけ

知り合いの元家庭科教師のおばさんに

「誰か知り合いに家庭科の先生でもいればな~」とわざとらしく言うと

「あたし、あたし」と当然のように返ってきましたので

そこは要領だけは天下一品のカー助ですので

うまいこと頼んでお願いし

出来上がってきました

1本目は

Img_5956_2

左右両方に穴が開いてしまいましたので両膝に

右はこんな感じのアップリケ

Img_5957

左は

Img_5958

もう1本は

Img_5959

右側だけ穴が開きましたので

Img_5960

これでしばらくは穿き続けられそうです

やっぱり便利なのはネットと良き知り合いでしょうかね(笑)

 

| | コメント (2)

2014/04/14

57

当然ですが

生きている以上誕生日が来るわけで

確か昨年56才でしたから

今年で57才ですかね

あと残りが何年なのかわかりませんが

まぁ、残りがわからないところがいいのでしょうが・・・・

あまり欲張りでないカー助は

大きな幸せもなくていいので

大きな不幸がない1年であって欲しいと願うばかりです

| | コメント (0)

2014/04/11

やはり見た目ってとても大事なんでしょうね

おととい謝罪会見だか反論会見だかわからないものをなさった理化学研究所の小保方さんですが

会見内容へ厳しい評価をする方がいる一方

擁護される方もかなりいらっしゃるのだとか

もし

小保方さんがハゲたうさんくさいオッサンだったら

誰も擁護なんてしてくれないのでしょうね

そもそも

研究者としては若く

それなりの容姿をしている女性だということから大きく騒がれたわけですし

叩かれる時までも擁護してくれる人がいるってことは

見た目って非~常に大事なんですよね

「見た目で判断してはいけない」とか「男女平等」なんていうのは

やはり建前でしかないということですよね

カー助は

2か月ほど前のネイチャー誌に論文が掲載されたとのSTAP細胞の会見時から

うさんくさい姉ちゃんだなぁ~と思ってましたがね

おとといの反論会見で気になったのは

何度か言っていた「いつか誰かの役に立つ・・・」というセリフ

それを理由にSTAP細胞の研究を続けたいという話

「いつか誰かの役に立つ・・・」というきれいごとを引き合いに出して

自己保身をしている姿は最低の女!としか思えませんね

本当にいつか誰かの役に立ちたいなら

すべての研究データをオープンにして

自称「未熟な」研究者である小保方さんより能力のある方に研究を引き継いでもらって

1日も早くSTAP細胞が生かされるようにすべきですよね

そういえば

反論会見はかっぽう着ではなかったですね(笑)

2か月前のプロデューサーは理化学研究所で

今回のプロデューサーは弁護士だからですかね

地味な服着て出てきたら『謝罪の気持ちが強い』と思ってしまうことも

見た目で判断してしまっている第一歩ですよね

どちらにもプロデューサーがいたわけでしょうから本当の小保方晴子さんはいなかったってことですかね

| | コメント (2)

2014/04/01

エイプリルフール

今日から消費税が5%から8%へ増税ですね

テレビでは

昨日まで『買いだめ』をあおるような放送ばかりして

それを見て間抜けな消費者が踊らされてまとめ買いなるものをしていましたが

そもそも、ティシュペーパーやトイレットペーパーなど価格が一定でないものを

3%税率が上がるからと買いだめしてメリットがあるのでしょうかね

買いだめの反動で売れなくなったものを

今日から5%商品価格を値下げして売っていたらお笑いですよね

まぁ、定期券など明らかに増税により商品価格が値上がりしてしまうものを自衛措置として

値上がり前に買うのはまだわかりますが・・・・

そして今朝のテレビの話題は

『いつの瞬間から5%から8%に切りかわるのか?』を真剣に放送していましたが

「それって、そこまで取り上げるほどそんなに大事なことか?」って気がしますね

もっと大事なことは

『社会保障を充実させるため』という大義名分で3%の増税が行われたわけですから

本当にそのために

無駄なく有効に税金が使われていくかを報道機関には伝えてもらいたいものですが

今の自称報道機関のテレビ局には無理でしょうかね

増税で混乱する現場へレポーターを行かせて中継するぐらいしかできないのが現実じゃないでしょうかね

地道な取材を重ねて

国民のためになる報道をしようなんてテレビ局はありそうもないですからね

今回の増税も

負担だけは5%から8%と目に見えますが

無駄を減らす(いや、本来は無駄をゼロにする)行財政改革は何も行われないに等しいのではないでしょうかね

消費税というもっともらしいネーミングですが

実態は国やわけのわからない財団法人などの浪費税となってしまうのではありませんかね

今日は4月1日でエープリルフールですが

この国の一番大きな嘘は

「消費税の増税が社会保障を充実させるため」という国民をだます嘘だったりして・・・

| | コメント (2)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年6月 »