« エイプリルフール | トップページ | 57 »

2014/04/11

やはり見た目ってとても大事なんでしょうね

おととい謝罪会見だか反論会見だかわからないものをなさった理化学研究所の小保方さんですが

会見内容へ厳しい評価をする方がいる一方

擁護される方もかなりいらっしゃるのだとか

もし

小保方さんがハゲたうさんくさいオッサンだったら

誰も擁護なんてしてくれないのでしょうね

そもそも

研究者としては若く

それなりの容姿をしている女性だということから大きく騒がれたわけですし

叩かれる時までも擁護してくれる人がいるってことは

見た目って非~常に大事なんですよね

「見た目で判断してはいけない」とか「男女平等」なんていうのは

やはり建前でしかないということですよね

カー助は

2か月ほど前のネイチャー誌に論文が掲載されたとのSTAP細胞の会見時から

うさんくさい姉ちゃんだなぁ~と思ってましたがね

おとといの反論会見で気になったのは

何度か言っていた「いつか誰かの役に立つ・・・」というセリフ

それを理由にSTAP細胞の研究を続けたいという話

「いつか誰かの役に立つ・・・」というきれいごとを引き合いに出して

自己保身をしている姿は最低の女!としか思えませんね

本当にいつか誰かの役に立ちたいなら

すべての研究データをオープンにして

自称「未熟な」研究者である小保方さんより能力のある方に研究を引き継いでもらって

1日も早くSTAP細胞が生かされるようにすべきですよね

そういえば

反論会見はかっぽう着ではなかったですね(笑)

2か月前のプロデューサーは理化学研究所で

今回のプロデューサーは弁護士だからですかね

地味な服着て出てきたら『謝罪の気持ちが強い』と思ってしまうことも

見た目で判断してしまっている第一歩ですよね

どちらにもプロデューサーがいたわけでしょうから本当の小保方晴子さんはいなかったってことですかね

|

« エイプリルフール | トップページ | 57 »

「ニュース」カテゴリの記事

人間ウォッチング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~
若くて、お洒落なリケジョ?って云うのですか?
神様は二物をお与えになったのか?…と思っておりました。
ピンクで塗装された壁やケースに、ムーミンのシールか~へぇ~今時の研究者は化粧もバッチリ、長い髪を上手にまとめ上げて…こんなスカートでは白衣は着れないよな~なんてお婆根性で見ておりました~~
こう云う雰囲気に弱い男性って多いよね~とか?

彼女は強い女性ですね~でもま~天下の理研が選んだ研究者なんですからね~理研の体質と云うか構造にも問題が多いのではないかと思いますね~

一緒に記者会見って、出来ないのでしょうかね~

投稿: とんちゃん | 2014/04/12 07:41

とんちゃん

コメントありがとうございます

お久しぶりで~す
お元気でしたか?

う・・・・ん、彼女のようなタイプに弱い男性が多いのでしょうかね
カー助的には
彼女のようなタイプに弱い男性っていうのは
あまり女性に縁のない人が多いのでは?って思いますよ(あはは、あくまでこれは個人的主観ですが・・・)

確かに理研の体質にも多いに問題があると思いますが
所詮、税金で成り立っている無駄使い法人ですからね~
かっこだけ「体質改善」したふりしてのど元過ぎれば何とやらで
民間企業と違って倒産するわけでもありませんからね

投稿: カー助 | 2014/04/12 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エイプリルフール | トップページ | 57 »