« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015/03/25

大きくなるのは子供だけではない?

昨日は中学校の卒業式があったらしく

朝の通勤の時やら

所要で外出した時に

卒業式に参列するのであろう恰好をしたお母さんを何人も見ました

まぁ~ほとんどのお母さんが

パンパンに張りつめた(?)正装で歩いています

ワンサイズ、いやツーサイズ小さな服を無理やり着ているのではないかと思うほどで

「よく、その服着れましたね」というか

ある意味、洋服が可哀想な感じまでしますcoldsweats01

3年前のお子さんの入学式の時には

そんな服もちょうどいいサイズだったのでしょうかね?

ちょっとお腹に力を入れたら

ボタンが吹っ飛んでいきそうな方もいらっしゃいます

よく、中学校の入学時に

子供の成長することを見越して

少し大きめの制服を用意したりしますが

お母さんも3年間で

上には成長しなくとも

横へは大ーーーきく成長するだろうことを見越しておくことはできなかったのですね

| | コメント (0)

2015/03/16

一か月ぶりですが

週末に

先日退院したばあさんの様子を見に

娘一家がやって来ました

カー助の娘であり、ばあさんからすれば孫ですが

果物やばあさんが食べられるようにと甘いものに

日持ちのする缶詰やら何やら大量に持ってやって来ました

ばあさんからすれば『ひ孫に会いたい』が一番ですから

「何も買ってこなくてもいいのに」となりますよね

相変わらず元気に飛び回るチビとチビ2

一か月ほど前に来た時は

やっと伝い歩きをしていたチビ3ですが

今回は上手に素早く伝い歩きをしています

生後10か月の乳児の成長の速さはすごいですよね

「うー」「あー」言いながら

お姉ちゃんであるチビとお兄ちゃんであるチビ2と一緒に遊びたいのか

追いかけるように伝い歩きをしていますので

次に来る時には

もう、よちよち歩いているかもしれませんね

一緒に散歩ができるのもそう遠い話ではなさそうです

| | コメント (2)

2015/03/13

ばあさんが退院してきました

先週の月曜日に

簡易検査の結果「精密検査が必要」とのことで

そのまま入院になってしまったばあさん

大腸の検査をするとのことで

その日から大腸を空にするため

検査の土曜日まで食事抜きで

点滴だけの栄養補給となり

日々元気がなくなって行く感じでしたが

大腸の検査結果は

「特に問題なし」とのことで一安心

重湯からお粥と徐々に食事をとり

問題が起きなければ退院して良いとのことでしたが

幸い問題も起きず

無事、退院することができました

退院前日に「明日の10時に退院となりますから、その少し前に来てください」と看護師さんに言われ

9時45分ごろに行き

ナースステーションに声をかけ

病室へ行くと

元気に帰れることを喜んでいるばあさんがいました

退院の手続きをし

車に乗せると

「お昼ご飯の買い物をするからスーパーへ行ってくれ」というばあさん

「大丈夫かよ?」と聞いても

当然「大丈夫に決まっているよ」との答えはわかっていましたが・・・・

スーパーでお寿司を買って

それをお昼ご飯に食べるとのこと

まぁ、食べられることはいいことで

83歳、そう先も長くないのでしょうから

好きなものを好きなだけ食べたらいいのかもしれませんよね

家へ着くなり

孫である私の娘に電話しています

「大丈夫?」と孫に聞かれたのでしょうか

「うん、全然問題ないよ」と答えているばあさん

「全然問題なかったら入院なんてしないだろう」と心の中で思うカー助

その後、冷蔵庫を開け

賞味期限の危なそうなものをゴミ箱に放り投げ

「買い物をしないとダメだから、仕事終えて帰ってきたら、またスーパーに連れて行って」と言うばあさん

楽しみは食べることとひ孫ですから仕方のない話ですかね

| | コメント (4)

2015/03/03

ばあさんの入院

昨日、朝食をとっていると

ばあさんが「気持ちが悪い」と言い出し

近くの病院へ連れて行くことに

車で3、4分と近く

救急外来のある病院ですので

一応、24時間対応してくれます

受付で症状を話し

所定の用紙に記入して

診察室の前で5分ほど待っていると呼ばれ

ばあさんは診察室へと入って行き

そこで10分ほど待っているとばあさんが出てきて

「これから血液検査とかレントゲンを撮ったりするので、少し時間がかかりそうだから終わったら電話するから迎えに来て」とのこと

「わかったよ」と帰ろうとすると

「もう洗濯が終わったと思うから、洗濯機の中の洗濯物を干しておいて」と言います

「ハイハイ、わかりました」と答え

とりあえず家へ帰り

洗濯物を干して

テレビを見て1時間ほど時間をつぶしていると

ばあさんから「検査入院することになったから家族の人に来てもらってください」と言われたから来てくれとのことで

病院へ行くと看護師さんが入院の説明をしてくれ

受付で入院の手続きを済ませて欲しいと言われ

手続きを済ませ

看護師さんとばあさんと3人で病室へ行き

今度は病棟の看護師さんから

注意事項や入院に必要な物を持ってくるよう説明を受け

ばあさんに「看護師さんから説明を受けたものはメモしたから、そろえて持ってくるけど他に何か持ってくるものがある?」と聞くも

「特にないね」との答えだったので

一旦帰り

事務所へ行って

どうしても処理しなければならない仕事だけ済ませて

ホームセンターへ買い出しに行き

持ってくるようにと指示されたものをそろえて再度病院へ行き

看護師さんに「持ってくるように」と指示された、ばあさんが日頃飲んでいる薬を渡し

病室へ行き

持ってきたイヤホンをテレビに接続し

テレビカードを販売機で買って

ばあさんがテレビを見れるようにし

持ってきたものを説明し

「他に何か必要な物ある?」と聞くと

「人形教室にしばらく行けそうもないから○○さんに電話しておいてくれないか」とばあさん

○○さんの電話番号の書いてある電話帳のある場所を聞いて

「他には?」と聞けば

「ない」との返事なので

「夕方、もう1度来るから」と言えば

「そんなに来なくてもいいよ」と言いますが

夕方言ってみると

「時間がわからないから時計を持ってきて」と言うではありませんか

「1度にすべて言えよ~」と思う気持ちを抑え

「わかった持ってくるよ」と家へ帰り

ばあさんが使っている目覚まし時計を持って病院へ行き渡すと

今度は「めがね持ってきて」と言うではありませんか

「だから1度にすべて言え!って言ってるじゃないか」と言いたい気持ちを再度押さえ

「わかったよ」とめがねを取りに家へ帰り

めがねを持って行くと「もう必要なものはないから大丈夫だよ」とのこと

まぁ、なんとも疲れた1日でした

入院日数は検査結果次第とのことですので

しばらくは、ちょっと大変かな?って感じですかね

| | コメント (4)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »