« 2015年8月 | トップページ

2015年12月

2015/12/02

プリンターは安いけど・・・

最近、仕事でパソコンで作成したものをプリントアウトすることが多くなり

時には自宅で仕事の続きをやったりした時に

「もう1台プリンターがあると便利なのになぁ~」と思うことも・・・

事務所にちゃんとしたプリンターが1台あるのですが

そんなことが何度か続き

「やっぱりサブ機を買おうかな」と思いアマゾンをのぞいてみると

キャノンの最安値機種のPIXUS ip2700が2727円で売られており

「なんだよ~、そんなに安いのなら『買おうかどうか?』なんて悩む必要も考える必要もないじゃん」と思いますよね~

買われた方のレビューを見ると

パソコンとプリンターをつなぐUSBケーブルも付属していなければ

排紙用トレーもないとのことですが

カー助は、使っていないUSBケーブルを持っていますし

週に数枚から多くて10数枚程度の文章しか自宅では印刷しませんし

画質にこだわる必要もなく

「おー!これで充分だ」と早速注文!!

送料も無料で2727円で手に入れたプリンター

早速、使用してみると思った以上にちゃんとプリントできますhappy01

2727円で手に入れたプリンターですが

いずれは買わなければならないインクカートリッジは

ブラックが2029円で、カラーは2178円で売られています

合計すると4207円

カー助が2727円で買ったプリンターには最初からブラック、カラーのインクカートリッジが付いていますので

インク切れした時に買う補充インクカートリッジの方がお高い?ということになりますよね

変な話、インクが無くなったらインクカートリッジを買うより

また、同じプリンターを買った方が安いということになりますよね~

最近では純正品以外のインクカートリッジも売られていますが

それが純正品のインクカートリッジより安いとしても

ブラックとカラーのインクカートリッジを買えば

今回、プリンター本体を買った2727円ほどはしますよね

廉価品のプリンターは、もはや使い捨ての時代なのでしょうか?

プリンターメーカーがインクカートリッジを売って儲けたいのも充分わかりますが

ブラックとカラーのインクカートリッジの値段より

その2つのインクカートリッジを付属しているプリンター本体の方がはるかに安いのではデタラメ過ぎはしませんか?

インクが無くなってきたらもう1度プリンター本体を買おうか悩んじゃいますよね

毎回、それを繰り返していたら

インクの無くなったプリンター本体の処分に手間はかかりますがねdown

| | コメント (2)

« 2015年8月 | トップページ