« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017/05/24

コンビニにて

コンビニエンスストアーへたばこを買いに行ったカー助

いつものようにレジで

「メビウスのスーパーライトのボックスを1カートン」と言うと

1人のおばさん店員が奥へ商品を取りに行き

もう1人のおばさん店員が

カウンターの後ろから箱を取り

「6枚引いてください」と言ってきました

時々、コンビニでやっている700円ごとの買い物で1枚くじを引かせるというやつです

その箱を見て、少々固まるカー助と店員おばさんとの間に沈黙が流れていると

たばこを持ってきてレジ打ちをしていた店員おばさんが爆笑しながら

「それじゃ引けませんよね」と言い

それを聞いた、くじ引きの箱を持ってきたおばさん店員も

自分の手元を見て爆笑しながら

「すみませんでした」と箱の向きをひっくり返しました

そう!おばさん店員の方にくじ引き用の穴が向いていたのです

「どうやって引こうかと悩んじゃったよ」と言いながらくじを引こうとするカー助に

「バァーってたくさん引いちゃってください」とおばさん店員

「うん?」と思っていると

「その中から当たっているやつを選びますから」と言われ

15枚ほどを取り出すと

取り出したカードを選別しながら「ボスのブラックいります?」と聞いてくるおばさん店員に

「ハイ」とカー助

続いて「微糖は?」と聞かれ

「いりません」とカー助

もう一人の店員さんも加わり

「アイスは?」「いりません」

「栄養ドリンクは?」「いりません」とやり取りがあり

先ほどの箱から、さらに20枚ほどカードを取り出して

調べだすおばさん店員に

「お茶はないの?」と、こちらからリクエストするカー助

「お茶ですね」とカードを探すおばさん店員

なんとも親切!!!!!

「このくじって、いつまでやっているの?」と聞くと

「なくなり次第終了なんですよ」と答えるおばさん店員

さらに「店内が込み合って忙しい時に引かれた商品を集めてくるのって大変なので早く終わってもらいたい」と

なるほど~、本部で『考える人』と『現場で働く人』の間にはギャップがあるのかもしれませんね

「次回の買い物に使える『100円割引券』とかにすれば、働く人も楽でお客さんも喜べていいのにね」と言うカー助に

「お客さん、賢い!」とおだてられてしまいました

希望の景品6点をもらい帰り際に

笑ながら「早く終了するよう祈ってます」というカー助に

「頑張って努力します」というおばさん店員

まぁ、やっていることが『努力』かどうかは難しい問題ですが

またくじ引きがはじまったらここで買いたいと思った厚かましいカー助であります(笑)

| | コメント (0)

2017/05/17

同窓会が近づいてきて

60歳の同窓会があと20日ほどに迫り

色々な人から電話があります

みんな「行くよね?」と聞いてきます

電話をかけてくる人の共通点は『参加する人』なのですよね

どうやら今回の同窓会の出席率があまりよくないようです

電話での会話で

「なんでみんな出席しないのかなぁ」という話が多く聞かれます

久しぶりにみんなに会いたいと思う人には

今更会いたくもないという人の気持ちは理解できないのでしょう

「大勢来た方が盛り上がるのにね」は、ある意味積極的参加者のエゴですよね

懐かしい友達に会いたいという人もいれば

そんなもの会いたくもないやと思う人がいても不思議ではありませんよね

「幹事の人たちが忙しい中頑張って計画してくれたのに・・・」もわからなくはありませんし

「前回の時に、また次回会おうねと約束したのに・・・」もわからないわけではありませんが

人それぞれ人生にはいろいろなことがあり

「あの時と状況が変わった」ってことだってありますよね

時間的な余裕のある人もいれば、ない人もいて

精神的な余裕のある人もいれば、ない人もいて当然かなとカー助は思います

出席したい人、出席したくない人、出席したいけど行けない人などいろいろいても仕方ないですよね

そんな中

思わず笑っちゃったことが1つ

ハツミさんとの電話での話

「私たちのクラス、出席する女子は私とYとOの3人だけなんだよ~」と

この3人、日頃より仲が良く

よく会って食事などしています

ですので「それって、もう同窓会でもなんでもなく、いつもの食事会の延長じゃん」と言ってしまいましたよ

「20数人女子がいて3人て考えられる?」との問いかけには

思わず「よっぽどお前ら嫌われているんじゃないの!」と答えてしまいました

ところでカー助は

山あり谷ありの人生を歩んできたせいか(言い訳ですが)

同窓会で懐かしそうに話しかけられた相手のことを

「あれっ?この人誰だったっけ?」と

話をしながら心の中で懸命に思い出そうとするのですが

思い出せなかったり

「○○なことがあったよね」と言われても

「そうだね」とは答えますが

これまた心の中で「そんなことあったか?全然覚えてないぞ!」と思うこともしばしばです

まぁ、こんな具合でも日頃からいい加減なカー助はそれなりにみんなとお付き合いできるのですが

これって『逆認知症』でしょうか?

最近のことはよく覚えているのですが

遠い昔のことは、ほぼ忘れているのですよ

それとも都合の悪いことや不要なことは簡単に消去しちゃう脳なのでしょうか・・・(アハハ)

| | コメント (0)

2017/05/02

最後は自由に

先日、60歳のなった話を書きましたが

最近、自分の残りの人生について考えたりします

まぁ、周りの人から見ると

カー助は自由に生きてきたように見えるようですが

本人は、決してそうだったとは思っていません

人生の一番困る点は

『終わりがいつかわからない』ことでしょうか?

ですので

「そろそろ終わりが近い」と考え始めるべき年齢でもあり

真剣に考えてみる必要があるのではないかと思うのですよね

なんたって『人生』は、1度きりでやり直しがききませんからね

カー助の個人的見解ですが

「自力で好きなこと、やりたいことができる」のが生きているということだとも思っていますので

そこそこ元気なうちに「好きなこと、やりたいことをやろう」と思うのですよね

じゃぁ、何をやりたい?と考えても

大きなことで「これをやりたい」とかは何もないのですが

まぁ、ある意味それって「今がそこそこ幸せだ」ということでもあるのかもしれませんよね

そこで考えたのが

「しないこと」「やめること」です

なんだそれ?って感じでもありますが

嫌な人、きらいな人とは付き合わないとか

頼まれごとも「え~」と思うようなことは平気で断るとか

要するに

以前にもまして『わがままに』『自由に』生きていこうということです

世間では、SNSなどで自分の世界やお付き合いの幅を広げる風潮にあるようですが

カー助は逆に世間やお付き合いの幅を狭めていきたいと思うのです

気の合う人や仲の良い人が数人いれば

もう十分かな~と思うのですよね

カー助が39歳の時

妻が36歳で亡くなり

2人の子どもが成人する50歳まで

子育てを真剣に頑張ろう

50歳になったら不良生活でもしてやろうと考え頑張ってきたつもりです

10年遅れになってしまいましたが

60歳になって、それが実行できそうですので

わがままで自由で、ちょっと嫌な奴になりますよ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ