育児

2014/06/23

DNAと性格

土曜日、ばあさんと息子がチビ3に会いたいというので

娘の家へ行ってきました

生後10日

Img_5964


前回、生まれて半日ほどの時は真っ赤でサルのようでしたが

随分と人間らしくなった?

目は開けているいるものの

きっとハッキリとは見えていないのでしょうが

動くものを追いかけるような感じはしていますので

光や影は感じているようです

乳児は手に触れるものなんでも握りますので

カー助の指をチビ3の手に触れると

まだまだ力なくではありますが握ります

ばあさんは娘から「抱いてみる?」と言われ

抱きながら、まだ何もわからないだろう赤ん坊に一生懸命話しかけたりしていました

少しして娘に「大丈夫?重くない?」と聞かれたばあさんは

「大丈夫だよ」と・・・

日頃、1kgほどの荷物でも「重い」と言っているくせに

3kg以上あるひ孫は重くはないようです

6歳になったチビは自転車の補助輪をとり

練習して自転車に乗れるようになったそうです

その練習を見ていた3歳児のチビ2は

自分の自転車の補助輪もとって欲しいと言いだし

みんなが「まだ、無理じゃないの」というのにきかず

お姉ちゃんの真似をしているうちに

こちらの方が先に自転車に乗れるようになってしまったそうです

チビはふらついて斜めになると怖さから足をついてしまうのですが

チビ2は斜めになって倒れそうになっても怖くないのかこぎ続け

先に乗れるようになったのだとか

同じように

お姉ちゃんであるチビが逆上がりの練習をしていれば

同じことをしないと気が済まないチビ2も

「僕もやる」と言いだしたらきかず

結局、逆上がりもできるようになってしまったそうです

チビ2の運動神経のいいのと言いだしたらきかないというのは誰に似た?という話になり

じいちゃんであるカー助に似ているというのがみんなの結論のようですが

確かに

運動神経とかは遺伝の要素は大きいとも思いますが

性格はDNAには刻まれていないとカー助は思うのですよね

性格は後天的な要素が大きいと思いますよね

月に1、2度会って

それも数時間では性格に影響するほどのことはないですよね~

まぁ、周りの大人たちは

いいことは自分似で

悪いことは誰かに似たと勝手に思いたいだけ?

下の子でわがままだったチビ2だって

妹ができ環境が少し変わるわけですから

きっと性格も変わるのではないかと思いますね

6歳、3歳、0歳の3人は

まだまだこれからたくさんのことを経験し大きく育っていくことだと思います

| | コメント (0)

2012/11/19

小さな台風が大暴れ

土曜日の朝7時ちょっと過ぎ

休日でゆっくり寝ていたのですが

玄関のチャイムをピンポン、ピンポン、ピンポンと連打する音で起こされました

こんな時間にチャイムを連打する奴といえば

あの2人しかいませんよねdown

通勤途中のパパの車で送られてきたチビたちです

まぁ、彼らに「休日だからゆっくり」なんてことが通用するわけもなく仕方がないのですが

その時間から来られると

長~い時間付き合わされるわけですからちょっと

いや、かなり辛いですcoldsweats01

案の定、朝食を食べてしばらくはテレビの子供番組を見ていた2人ですが

すぐに飽きてしまい

ママである娘が散歩がてら連れ出し100円ショップに寄り

折り紙を買ってきて始めるも

チビは熱心にママに教わりながら折っていましたが

上手に折れないチビ2はすぐに飽きてしまい

カー助じいちゃんと近くの公園へ行くこととなりました

少し遠回りをして線路沿いを歩いていると電車が来ただけで大喜びのチビ2

とにかく電車と自動車が大好きで

「じいちゃん、次は新幹線が来るといいね」と言いますが

それは無理ってものですcoldsweats01

車も「じいちゃんの車はMR-S」「パパの車は○○」「バーバの車は○○」と車種を覚えたのですが

「ジージの車は軽トラ」と言います

ジージ(パパの父親)は乗用車と作業用の軽トラを持っているのですが

どうやら軽トラのイメージが強いようで

「ジージの車は違うんじゃないの?」と言っても「ジージの車は軽トラ」と言い張ります

覚えたことは譲らない?(誰に似たのか・・・)

さらにどこかで飼われている猫を見つけては追い回したり

あっちへ引っかかり、こっちへ引っかかりしながら公園へ到着し

滑り台にブランコにと一通り遊んでは見たものの

やはりお姉ちゃんであるチビもいないとちょっとつまらないらしく

「じいちゃん、帰ろう」と言うので帰ってくれば

チビが折った折り紙を壊してまた喧嘩ですsweat01

お昼ごはん後にチビたちがリンゴ狩りしてきたというリンゴを食べながら

チビ2が「じいちゃん、リンゴ好き?」と聞きますので

「うん、大好き」と答えると

「たいちゃんは、リンゴとバナナとイチゴが好き。みかんは酸っぱいから嫌い」と言います

『酸っぱい』という言葉をいつの間にか覚えたようです

「リンゴ狩り楽しかった?」と聞くと

「うん、楽しかった」とチビ2

横から「リンゴ狩りとイチゴ狩りに行ったことあるけどバナナ狩りには行ったことがないよね」とチビ

「そうか~、じゃぁジージにバナナ狩りに連れてってsign01ってお願いしてみろ」とカー助が言うと

「そういう無責任なこと教えないでよ~」と娘に怒られちゃいましたhappy02

幼稚園へ行くようになり

たくさんの言葉を覚えだしたチビとは

ほとんどちゃんとした会話が成り立つようになり

からかうことがあまり出来なくなりましたが

チビ2はまだまだからかい甲斐があるので

ある意味楽しいですよねhappy01

何かを質問すると

少し考えてから答える様子に「おぉ、考えてる。考えてる」と感じますので

頭を使って少しでも成長して欲しいと願い

色々と質問してみたくもなるものですhappy01

結局チビたちは夕飯も我が家で食べ

夜遅く迎えに来たパパの車で帰っていきました

小さな台風の襲来は大変でもありますが

いつかそれも懐かしいと思うようになるのでしょうね

| | コメント (2)

2012/09/24

知恵がついて成長?

お彼岸で

亡くなった妻の両親やチビたちをつれた娘一家がやって来て

厳かにというよりは賑やかな一日

お墓参りから戻り

義母の買ってきたケーキを食べ始めたのですが

好みのケーキを選んではみたものの人のが気になるチビとチビ2

「じいちゃんのケーキ美味しい?」とチビ

「うん、美味しい。少し分けてあげるからお皿を持って来なさい」と言えば

こういう時は非~常に素直coldsweats01

隣でケーキを食べていたチビ2は

『じいちゃんのケーキ美味しい?』と聞けばケーキがもらえると思ったのでしょうね

同じように「じいちゃんのケーキ美味しい?」と聞きますので

「少し分けてあげるね」と言いながらチビ2のお皿にケーキをのせてあげると大満足のチビ2

『知恵』とは、そういう真似から覚えていくのでしょう

さらに

今更教わらなくてもチビ2がわかっていることで

ばあさんは滅多なことではひ孫であるチビとチビ2を怒らないということで

チビ2はフォークを持ってばあさんのところへ行き

「ちょうだい」とも言わずばあさんのケーキのクリームを取って食べ始めました

毎日の生活の中で

怒られること、怒られないことを経験で学んでいるのですよね

当~然、多くを学ばせたい方のカー助は

隣に置いてある食べかけのチビ2のケーキにフォークを持っていき食べる振りをしながらチビ2に声をかけると

ニコニコしながらばあさんのケーキを食べていたチビ2の顔が「あっsign01」っていう感じになりました

日頃、お姉ちゃんであるチビとものの取り合いになることはしばしばで

そのことは経験として頭のどこかにインプットされているのでしょうが

お姉ちゃん以外にケーキを取られるという想定はまだなかったようです

すぐに自分の席に戻ってきて

「これはじいちゃんのケーキじゃないよ」と言うチビ2

「あれっsign02じいちゃん間違って食べちゃったかな?」ととぼけて言えば

「じいちゃん間違っちゃだめだからね」と言うので

「だって、さっきじいちゃんは少しケーキを分けてあげたじゃない」と言うと

「欲しい時はちゃんと『ちょうだい』っていわないとだめだよ」と言います

自分はばあさんのケーキを黙って食べていたのにですcoldsweats02

「じゃぁ、少しちょうだい」と言うカー助に

ほんのちょっとだけ分けてくれたチビ2happy01

こんなやり取りをしながら知恵がつき成長していくのですよね

先月の末で5歳になったチビ

今月3歳になったチビ2

まだまだたくさん吸収することはあると思いますが

一番はやはり元気に育って欲しいと願うじいちゃんであります

| | コメント (2)

2012/07/17

覚えるというメカニズム

昨日もチビたちを連れて娘一家がやってきました

外は猛暑ですので

とりあえず家の中で遊ばせます

粘土大好きなチビとチビ2は

しばらくは夢中で遊んでいますが

そこはやはり子どもでいつまでもというわけにはいきません

チビには紙と鉛筆を渡してお絵描きをさせ

チビ2には紙とばあさんが危なくないようにと買ってきたプラスチックのハサミを渡せば

それなりに時間が潰せます

幼稚園の年中になったチビは

少しだけひらがなを書けるようになっています

自分の名前を書かせたり

家族の名前や簡単な単語を言ってやると

一生懸命に書くのですが

時々、左右が逆になった間違えた字を書くのはなぜなのでしょうかね?

子どもが文字を覚える時には

視覚で「こんな感じ」と覚えるからなのでしょうかね

まだまだ全て正しく覚えられなくても仕方がないと思いますので

正しい字を書いて教えることの繰り返しをしてあげることが大事なのかと思います

チビ2は下の子(弟)ということもあり

かなり元気にわがままに育っていますcoldsweats01

最初は与えられた新聞の折り込みチラシをハサミで切っていますが

1人でそれを黙々とやるのは性に合わないのか

お姉ちゃんであるチビが絵や文字を書いている紙を切り出し喧嘩になるのが毎度のパターンです

チビ2が少し進歩したのは

自分がいつも渡されて使っていたプラスチックのハサミの切れ味がよくないことに気づいたことでしょうかね

いつものように黄色いプラスチックのハサミを渡すばあさんに

「これじゃダメ、あっちのがいい」と普通のハサミを要求するようになりました

たまたま使ってしまった普通の金属製のハサミが自分用の黄色いハサミより切れ味が良いことを知ってしまったようです

最後は

『この暑いのに勘弁してよ~』と思いますが

「じいちゃん、外で遊ぼう」となり

「よ~し、お庭で遊ぶかぁ~」と言えば

大喜びで玄関へ走っていく2人

子どもの遊びたい気持ちに猛暑は関係ないのですよね

自分で靴を履いて外へ出た2人ですが

チビ2の足元を見ると

靴の左右が逆

カー助のひざの上に座らせ靴の左右を履き替えさせます

左右の履き間違えは幼児にはよくありますが

左右ですから

正しく履けるのと逆に履いてしまう確率は2分の一のわけですが

ほぼ毎回左右逆に履いているのはなぜなのでしょうかね?

まぁ、それもいつの間にか間違わずに履けるようになるのでしょうが・・・

遊んでやりながら、遊ばれながら

時々「なんでだろう?」と考えている方がボケ防止になっていいのかもしれませんよね

チビたちはこれからどんどん色々なことを覚えていき

じいちゃんは徐々に忘れっぽくなっていくのが自然の成り行きでしょうかcoldsweats01

チビに「いつから幼稚園は夏休み?」と聞いてみると

「24の日からだよ」との答え

「夏休みになったら電車に乗ってたくさん遊びに来ようね」というママに

電車好きのチビ2は大喜びですが

こちらとしてはほどほどに来てくれるのがうれしいなぁ~というのが正直なところですかねcoldsweats01

| | コメント (4)

2012/07/09

芸能人じゃなくても歯は大事ですよね

娘一家がチビたちを連れていつものようにやって来て

チビが「じいちゃん口開けて」というので

口をあけると

「あっ、銀色の歯がある」と

「これって虫歯を治したあとだよね」と言います

良く知っているじゃないかと思ったら

娘が、チビの幼稚園で歯科検診があったのだと教えてくれました

チビは「歯医者さんにきれいな歯ですね」と誉められたと自慢しますので

「口を開けて見せてみな」というと

自慢そうに大きく口を開けて見せます

「ほんとだsign01虫歯が1本もなくてきれいだね~」というと大満足のチビです

その傍らで

自分も口の中を見て欲しくってすでに大きく口をあけているチビ2がいます

どれどれとチビ2の口の中も見てあげ

「きれいだね~虫歯が1本もないよ」と誉めれば

意味がわかっているのかどうかわかりませんが

こちらも大満足の様子

それで終わらないのがカー助じいちゃんですから

「じいちゃんは硬いものを一生懸命かんでいたら銀色の歯が生えてきたんだよ」とからかうと

チビは『うそくさ~』って顔で信じませんが

チビ2は「じいちゃん、すごい」と本気にします

ママである娘からは「嘘を教えないでsign01」と当然怒られましたがねhappy02

カー助の子どもの頃は小学校から歯科検診をしたような覚えがありますが

最近では幼稚園でもしてくれるのですね

それと

昔は虫歯の1本もない子どもはほとんどいなかった気がしますが

最近では幼児の頃から親が気をつけて歯磨きをさせるので

虫歯ゼロの子もかなりいるのだそうです

やはり環境とは大事なことなのだと実感しますよね

ちなみに

我が娘も息子も虫歯治療歴なしで

半年に1度ほど歯医者さんへ歯垢を取りにいっています

虫歯ゼロの人が増えていますから歯医者さんは過当競争になって当然ですよね

歯石や歯垢取りだけでは経営も大変でしょうね~とつまらぬ心配をしてしまいます

まぁ、虫歯はないに越したことはありませんので

良いことは子どもから孫へ引き継いで欲しいものだと願うじいちゃんであります

| | コメント (0)

2011/06/27

毎週来ます

娘一家が新居に引っ越してから

チビたちが来る回数が減っていたのですが

ここへきて

毎週のように土曜日にやって来ます

それは

ありがたくもありますが

ちょっと迷惑(?)coldsweats01

我が家へ遊びに来た時は

近所のスーパーマーケットへ

ばあさんとチビたちを車で乗せていくのが恒例になり

駐車場で待っているのですが中々出てこないご一行様

出てくれば

必ず何かを買ってもらって

それを嬉しそうに持っています

今回はチビもチビ2も本を買ってもらっていました

というか

チビ2もだいぶ知恵がついてきたのか

同じものじゃないと怒るようになってきましたので

そうなるのですが

我が家に戻り

早速、チビはママと本を見ながら遊んでいますが

チビ2は折角買ってもらっても

ちょっと見ただけで

やはりあんぱんまん消防車で遊ぶ方が楽しいようです

Img_4907

乗り物好きなのは

男の子の特徴でしょうかね

乗るといえば

象のぬいぐるみにまで乗りますが・・・・sweat01

Img_4916

散々遊んで散らかして

帰り際

「バーバ、ちゃんとお着替えを用意しておくんだよ」と言って帰ったチビでしたので

何の話かあとでばあさんに聞いてみると

今週の土曜日にまた来るそうで

日曜日にチビの幼稚園のお遊戯会があるとかで

ばあさんを土曜日に連れて行って1晩泊めて

日曜日にそのお遊戯会に連れて行ってくれるのだそうです

「年少のお遊戯じゃ大したことないだろうけど、泊まりに来いというから行ってくる」とばあさん

まぁ、行ける時に行って

見れる時に見ておかないと・・・と思いますからね

そんなわけで

今週の土曜日も来るそうですから

雨だけは降らないで欲しいものです

外に散歩に出られないと

家の中だけでは飽きてしまって大変ですからね~coldsweats01

| | コメント (2)

2011/06/23

ぼーぼーしゃ

先週の土曜日

仕事に向かう途中の旦那さんに送られて

朝早く、娘とチビとチビ2が久しぶりにやって来ました

引っ越したこと

チビが幼稚園に行くようになったことにより

以前ほど頻繁には来れませんので

チビたちと会う間隔が広くなったためと

成長の早い幼児なためか

前回会った時に比べると

やはり「成長したな~」と思うことが多いですよね

チビは幼稚園で教わってきた童謡や交通安全の唄を頻繁に唄っていますし

外へ出れば

交通安全の唄にあわせて左右の確認も一応(?)しています

少し前に「お友達はできた?」と聞いたときには

友達の名前も言えなかったのに

今回はちゃんとフルネームで答えられるようになっていましたし

靴を1人で履いたり

トイレも1人でできるようになってきました

それと

幼稚園での団体生活のおかげなのか

少しだけわがままがなおった?coldsweats01かもしれません

変化が目覚しいといえば

やはりチビ2ですよね

とにかく良くじゃべるようになりました

「うー」とか「あー」が減り

「ママ」「パパ」「バーバ」「じいちゃん」「ブーブー」「でんしゃ」以外にも

名詞や動詞を使えるようになりつつあります

チビのことは「ねーねー」と言うようになっていましたし

9月で2歳になりますので

自我に目覚めだしたといえばいいのか

「イヤ」を主張するようになってきましたので

今まではチビにやられっぱなしだった喧嘩も

怒ると叩き返すようになってきましたcoldsweats01

まぁ、いいことも悪いことも含めて成長なのでしょうねhappy01

前にも書きましたが

我が家へ来てのチビ2の一番の楽しみは

カー助がチビの1歳の時に買ってあげた「あんぱんまん消防車」で遊ぶことなのですが

「しょうぼうしゃ」はチビ2にはまだ発音が難しいのか

「ぼーぼーしゃ」に聞こえます

「ぼーぼーしゃ」じゃ消火するのではなく

火災の勢いを増してしまいそうですよねcoldsweats01

| | コメント (2)

2011/05/02

オープンカー

「オープンカー」といってもMR-Sの話ではありませんcoldsweats01

先日、話せる言葉数が一気に増えたと書いたチビ2は

その他でも成長を続けています

やはり男の子だからなのか

車のおもちゃが大好きhappy01

お気に入りはアンパンマン消防車と

オープンカーのこのチョロQ

Img_4628

つい先日までは

「ブーブー」言いながら持って動かしていただけでしたが

ついに後ろへ引いてゼンマイを巻いて

手を離して走らせるというチョロQ本来の走らせ方ができるようになりました

まぁ、おかげで遊び相手のじいちゃんは

勢いよく走っていったチョロQを拾ってくるのが大変でもありますがねsweat01

他にもチョロQや車のおもちゃはあるのですが

チビ2はこれが気に入っているようで

他のものではあまりあそびません

我が家へ来ると

おもちゃの入った箱から

必ずこのチョロQを持ってきて遊びだします

車のセンスはじいちゃん似なのでしょうかねhappy01

チビの方は

幼稚園へ行きだして

あいさつがちゃんとできるようになったことが成長でしょうかね

それと

お絵描き好きのチビの絵が

しっかりしてきたことも着実な成長という感じがしますね

お姉ちゃんであるチビがお絵描きを始めると

何でも真似したいチビ2もお絵描き(?)を始めますが

こちらはまだまだ何を書いているのかさっぱりわかりませんが

オープンカーの絵を描けるようになるのにそう多くの時間はかからないのかもしれませんね

| | コメント (0)

2011/01/18

見て学ぶ

土曜日は

亡くなった妻の両親が

娘たちに我が家へ来るように頼んで

ひ孫に会いにやって来ました

チビは2人を覚えていますので

最初から元気良く一緒に遊べるのですが

チビ2は

見慣れる人がいるという感じで

ママのそばをしばらく離れません

まぁ、それでも少し経てばチビと一緒になって遊びだすのですが

日頃、チビは暗いところとか

電気のついていない部屋へは怖がって入っていかないのですが

チビ2は

そんなのおかまいなしという感じで

暗い部屋でもどこへでも入っていけるのですが

見慣れる人はダメなようです

そんなチビ2は

お姉ちゃんであるチビの真似をしたがるようになってきました

いいことでいえば

食べ終わった自分の食器をチビが台所のシンクまで持っていくのを見ていて

自分で持っていくようになりました

もっとも

少し残っていたりすると最悪で

それを床にこぼしながらだったりすることも・・・coldsweats01

食事中、口の周りに食べ物がついたりすると

チビがティッシュを箱から引き出し口の周りを拭いているのを見ると

チビ2も同じことをします

もちろん、1歳児ですので

上手に拭けるわけもなく

口の周りが汚れていなくても真似してやるのですよね~

人間も動物も

生まれた時は何も知らない、出来ないわけで

親や兄弟など周りのしぐさ、行動を見て真似してやってみて学ぶのですよね

チビやチビ2を見ていると

いかに環境が大事かということを感じてしまいます

白いものを何色にしてしまうかは

周りの環境に大きく左右されるのかと思いますので

じいちゃんとしましては

真似して欲しくないような行動はしないようにしないととも思うのですよね~

そして、もう少しすると

テレビの影響が大きくなるのでしょう

残念なことに

真似して欲しいような内容がテレビにほとんどないのは困ったもので

そのうち

「うるせーsign01じじい」とか言われてたりしてねsweat01

| | コメント (2)

2011/01/13

根気よく

週1回ほどのペースでやって来るチビたちで

昨日も帰ると

大騒ぎしながら遊んでいました

やがて夕飯になり

チビは大好きなミニトマトを

いくら好きでもそんなに食べるか?と思うほど食べています

まぁ、お菓子類を食べるよりは

その方がいいのでしょうが・・・

食後はチビもチビ2も元気に遊びます

大人から見たら

そんなことがそんなに楽しいか?と思うほど大騒ぎしながら無邪気にhappy01

チビ2の最近のお気に入りは

カー助が2年ほど前に

チビのために買ってあげたアンパンマン消防車なのですが

意地悪なチビは

それをなかなかチビ2に貸してあげません

仕方がないのでチビ2とカー助じいちゃんは他のもので遊んでいると

やはり1人はつまらなのか「じいちゃん、はっけよいしよう」と寄ってくるチビで

「よ~し、やろう。その間アンパンマン消防車を貸してあげなさい」と言い

チビ2はそれに乗って大喜び

しかし、しばらく相撲ごっこをすると

再びチビ2からアンパンマン消防車を取り上げるチビです

このアンパンマン消防車には

ハンドルの下に3つボタンがあり

右のボタンを押すと

アンパンマンの唄のメロディが流れます

チビ2はこの曲がお気に入りのようで

体でリズムをとってニコニコするのですが

右手でハンドルを持つと

左手でボタンを押すようになり

押しやすい左側のボタンを押してしまうと

「ウ~カンカン」という消防車の音になってしまい

何度も何度も根気よく右側のボタンを押してみせ

こっちを押せばいいんだよとチビ2に教えていたのですが

前回までは

どうしても左手で押しやすい左側のボタンを押してしまうというか

ボタンによって流れる音が違うということが理解できていなかったのか

ボタンを押してはみるものの

お好みのメロディではないので

カー助を見ては「う~ん」と

アンパンマンの唄を流せとばかりに催促していたのですが

ふと気づくと昨日はちゃんと右側のボタンを押しているのですよね

根気よく教えた甲斐があったというものですかねhappy01

それと

2人で1台のアンパンマン消防車ではかわいそうかな~と思い

もう1台買ってあげようかとも思いましたが

こちらも根気よく

時に貸してあげたりしながら仲良く遊ぶことを学ばせる方がいいのかな~などとも考えています

買ってあげることは簡単ですが

何でも与えることが

決していい教育にはならないような気がしたりもしているのですよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧