学問・資格

2012/11/07

量より質?

田中真紀子文部科学大臣による3大学の不認可問題

おバカなマスコミには格好のネタですよね

田中大臣の見解は

少子化傾向なのに増え続ける大学

その経営状態の悪化や増え続ける大学への補助金を問題視したいらしいですが

「量より質」との発言というかお考えのようですが

新設大学を認めないことが質の向上につながるのでしょうか?

確かに増え続ける補助金への歯止めにはなるのでしょうが・・・

まぁ、そもそも量を減らしたから質が上がるとも思いませんし

本当に質を上げるのなら

現存の大学教育そのものを変えないとダメなのではありませんかね

それには

まず所轄する文部科学省こそ変革されるべきかと思いますし

既存の大学も質の低い(誰がどう判断するか?が非常に難しいですが)も廃止させるなり

補助金を打ち切るなどしていかなければ無理な話だと思いますが

今回のように入学前の学生の問題が大騒ぎされるぐらいですから

既存の大学で学生が大勢いるところを閉鎖させるなど到底無理な話だと思いますよね

簡単にできないだろうことを拙速にやりたがる人に

よく言われる「大臣としての資質」があるのかと思ってしまいますね

そもそも『量より質』を本当に求めたいのは国会議員の方ですよ

最高裁が「違憲状態」だというのに一票の格差も是正できず

自分たちのことしか考えられない議員先生たちこそ

無駄そのものだと思いまし

質の低さを痛感しますよね

一票の格差是正と議員定数の大幅削減をする方が先って感じがしますが・・・

| | コメント (0)

2007/07/19

けんてーごっこ

サントリーグルメガイド

サントリーの三ツ星グルメ検定です

興味のある方はチャレンジしてみてください

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/27

校長たちの言い訳は自己保身

高校で必修科目を履修させていなかった問題は全国に広がっている

そして、その多くの高校の校長は

「生徒の負担を減らすために受験科目に無い教科を省いた」というような言い訳を堂々としている

「生徒のため」という言葉を使い

自らの責任の回避と自己保身をしているようにしか私には映らない

本当に生徒の事を考えたなら

通常の授業の他に受験対策の補習授業を行えばいいことで

必修科目を履修させなかったこと結びつける考え方に違和感を覚えてならない

要するに

進学率を上げたい

有名大学へ進学させたい

しかし、通常の授業時間以外は働きたくないから

本来やるべき授業をせずに

そこで進学対策をしたというだけではないか

「生徒のため」と言いながら

教職員が楽して進学率を上げたかっただけではないのか?

こんな間抜けな言い訳を

平気で流しているテレビ局にも呆れる

一般企業が問題を起こし

その代表者が「お客のためだ」などと間抜けな言い訳したらマスコミから袋叩きにあうに違いない

生徒は希望する進学のために人一倍努力している

その生徒を教え、指導する立場の教員は手を抜くことを選んだ

結果として

被害を受けたのは生徒だ

私が住む埼玉県では

昨日現在、私立4校の履修不足が判明している

県は、その処分として補助金の削減も視野に調査を始めたという

違法行為をしたら

社会的責任を取らなければならないことを

校長たちは生徒たちに教えるいい機会でもあると思う

生徒思いの校長たちがどんな責任を取るのか見守りたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/26

教育とは

全国の高校で

本来、履修すべき教科が不足している問題が起きているが

「教育とは何?」と考えさせられる

今回の場合

教育する側が勝手に受験に必要ない教科を省いたことにより起きた問題だ

教育する側の受験に必要ない教科を省くことにより生徒の負担を軽減するとの考えだろうが

受験用の勉強をさせるだけなら進学塾と何ら変わらず

高校としての存在意義はないのではなかろうか?

息子が高校生の時

三者面談で私と担任でもめた事がある

担任の先生は、本人のために現役で合格できる大学への進学を勧めた

私は、本人の行きたいところを受ければいいし、現役合格にこだわる必要も無いと考えていた

私は「1度や2度失敗することも長い人生の中で必要だと思うし、それが将来のこの子のためになる」と主張したが

担任の先生は「学校の方針としては現役合格をしてもらわないと困る」と言った

私には、その話し方が

本当の意味で生徒の将来まで考えているようにはとても思えず

それは、学校の面子が優先されており

有名大学へ現役で入れることがあなた達の本当にすべき仕事かとも思ったことがある

私がサラリーマンの時

採用面接もしたし

多くの新入社員の面倒も見てきた

そこで感じたことは

知識が片寄っていること

あまりにも打たれ弱い人が多いことだ

入社後しばらくして

仕事上で上司に注意され「会社を辞めます」という人がいた

話を聞くと

生まれてこの方、両親から1度も怒られたことも無く

初めて受けた注意がショックだったと言う

多くの若者が仕事上の障害にぶつかると

それを乗り越えることが出来ないのを見てきた

両親や先生が良かれと思い

歩きやすい平坦な道を用意してくれて

温室の中で育ててしまった結果

自分の足で歩いていけないような大人が出来上がったのではなかろうか?

実社会は多様だ

教科書に書いてないことばかりかもしれない

当然、そこには大きな壁が立ちはだかることもあり

失敗も時には大きな経験として生きることもあるはずだ

ただし、失敗を乗り越えられず潰れてしまったのではおしまいだ

テレビゲームのように

間違ったからって簡単にリセット出来るほど世の中は甘くないのが現実ではなかろう

大学を出てから

ず~っと高校生しか見てこなかった高校の先生に

生徒の将来や彼らの長い人生を見据えた教育をすることは無理なのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)