趣味

2012/11/15

街で見かけたクラッシックカー

車で走っていると

時々「お~懐かしいなぁ」と思う車を見かけたり、すれ違ったりします

対向車だと

気づいてから撮影する間もなくすれ違ってしまいますが

今回は少し前を走っているのに気づき

丁度その車が右折車線に入ってくれたので撮影できました

ケンメリのスカイライン

Img_5598

もう40年も前の車ですが

綺麗に乗っていらっしゃいますよね

そういえば

この車のコマーシャルに出ていた北海道のポプラの木のところはいまだに観光名所だとか

カー助も1度行ってみたいところの1つです

なんのことない1本の木なのですが

当時のコマーシャルはなぜか鮮明によく覚えていたりするのですよね~

そんな昔の思い出のところを見たからって当時に帰れるわけではありませんが・・・coldsweats01

| | コメント (4)

2012/10/02

トレインギャラリー長野

先週の土曜日

長野県は須坂市にあるトレインギャラリー長野へ行って来ました

名前の通り鉄道模型の小さな博物館ですが

展示総数は4000両だそうで

駐車場には実物の電車も置いてあります

Img_5555

館内にはジオラマもあり

Img_5556

決まった時間に説明アナウンスとともに走る姿も見れますし

100円で自分で走らせることもできたりします

ショーケースにはたくさん鉄道模型が飾られていて

Img_5560

Img_5558

Img_5559

昔、カー助がよく利用していた東武鉄道の車両もあり

何とも懐かしい~って感じです

Img_5562

この手の特急電車で旅行したこともあります

Img_5565

電車でわくわくしちゃうところは

3歳児のチビ2と同じでしょうかねcoldsweats01

一通り楽しんで、懐かしんでから

せっかくここまで来たのだからと

お隣の小布施へ行ってみることにしたのですが

栗の街小布施はおばさんたちを中心にで大賑わいでしたよ~

栗おこわに栗ドラにモンブランにと有名店の前には大勢の人、人、人

まぁ、観光バスも来るほどの観光地になっているのですから当然ですかね

それにしても

両手に買ったお土産でしょうかたくさん持った人(おばさん)の多いこと

いくら栗の産地とはいえこんなに売れて栗は足らなくならないのだろうか?といらぬ心配をしてしまうカー助ですsweat01

ドライブが『おばさん見て終わり』もなんなので

帰りに佐久のコスモスを見ることに・・・

山道を登って登って

Img_5594

Img_5595

Img_5587

このコスモスたちは日曜の台風で散ってしまったのでしょうかね

| | コメント (4)

2012/09/03

アベンジャーズ観てきました

少し前からテレビコマーシャルがよく流れている映画「アベンジャーズ」を昨日観てきました

シネコンのロビーはかなり混雑していましたが

カー助が観た2D字幕版は

申し訳ないぐらいガラガラでしたdowncoldsweats01

お子チャマは吹き替え版をご覧になるようですから

当然と言えば当然ですかね

もう少し若い人がいるかとも思いましたが

高齢層が多い感じです

映画業界は子どもと年寄りでもっているという感じでしょうかねcoldsweats01

映画の内容は

四次元キューブによって開けられた穴から

ロキ率いる異性人の侵略に

アメリカンヒーロー(?)たちが立ち向かうという

完全な娯楽映画です

キャプテン・アメリカは古きヒーローという感じですが

アイアンマンや超人ハルクやソーは日本人のヒーロー感覚とは違うタイプですよね

CGがあるから製作できたという感じの映画でもあります

まぁ、派手にニューヨークの街を壊します

特に超人ハルクは

それはもう壊しまくりという感じなのですが

その中で逃げ遅れた人をバスからだけは救い出すシーンがあったりと

ちょっと矛盾する感じもしないでもありません

ストーリーは単純で子どもでも観れるように吹き替え版まで用意されているわけですが

ところどころに盛り込まれているジョークは

子どもたちにわかるだろうか?といらぬ心配をしたりしてねcoldsweats01

映画=感動を与えなければいけないという感じの邦画より

カー助はアメリカらしいこんな映画の方が楽しくて好きかもしれませんね

| | コメント (4)

2012/01/30

ニューイヤーミーティング

後輩のG君に誘われて

久しぶりにお台場で行われていた

日本クラッシックカー協会主催のニューイヤーミーティングへ行って来ました

G君の車で午前8時ごろに迎えに来てもらい出発rvcardash

首都高は休日ということもあり

幸いガラガラで1時間ちょっとで到着

危なかったのは到着寸前のところでスピード違反の取締りをしてましたよ~sweat01

お台場の片側2車線のガ~ラガラのところでしたから

もう少しで捕まるところでした

というか

きっとクラッシックカーのイベントに遠くから来て捕まった人が何人かはいたでしょうねcoldsweats01

イベント用の駐車場は入る車で大渋滞でした

さらに入場券を買うのに何百人という列が・・・sweat02

少し時間がたてば空くかなと思い

目の前のコンビニに入ると

これまた店内はすごく混んでいましたよ

強風が吹き荒れていましたので

みんな考えることは同じですcoldsweats01

仕方なしに缶コーヒーを飲んだあとに入場券を買うために列に並んで順番待ちとなりました

その脇をクラッシックカーに乗った人たちがどんどんやって来ます

「おー!懐かしい」と思う車に

「そういえばこんな車もあったよね」と思い出させてくれる車が次々にやって来て

入場前から楽しめるsign02

クラッシックカーのイベントではおなじみの車じゃないものがこんなにも現役で乗られているのかぁと思うほど

ちなみに

そんな来場者の駐車場で

懐かしい車がたくさんあるのを写真に撮っている人もいましたからねhappy01

Img_5470

Img_5471

これってガチャピンに似てますよねImg_5472

いやいや、こちらの方が先輩ですから

「ガチャピンが似てる」が正解ですかねcoldsweats01

Img_5473

短くされちゃったステップバンは、なんともユーモラスな感じです

Img_5475

こちらも愛嬌のある顔ですよね

Img_5477

Img_5474

Img_5480

Img_5482

Img_5483

Img_5484

Img_5485

Img_5488

もちろん国産車だけではなく外車もあります

Img_5486

Img_5487

とにかくたくさんのクラッシックカーが置かれていて

色々なものを売っているブースがあり

1日いても楽しめるイベントですが

とにかく昨日は強風で寒くて寒くて

一通り見て

G君が買いたかったものを買って帰って来てしまいました

できたら屋外イベントですので

1月ではなく春か秋にやってもらえたら

もっとじっくり見れてうれしいのですがねcoldsweats01

| | コメント (0)

2011/12/12

東京モーターショー2011へ行って来ました

土曜日

東京モーターショー2011へ行って来ました

前回(おととし)までは千葉県の幕張メッセで行われていたのに

東京モーターショーでしたが

今回は東京ビックサイトでの開催です

昨夜のニュースでもやっていましたが

都内での開催ということもあったのか

前回より来場者は20万人も多かったとか・・・

カー助の訪れた10日の土曜日も混んでいましたよ~sweat01

りんかい線の国際展示場駅を午前10時ちょっと前に降りると既にそこから大混雑で

「中央ゲートは大混雑しているため東ゲートへお回り下さい」とアナウンスがされており

そちらへ誘導され

長蛇の列についてグルグル回り道をさせられ20分ほどかかって

やっと入場できました

当然、会場内も大渋滞って感じですdown

Img_5440_2

人気のあるブースは人が多すぎて中々前へ行けません

Img_5397

まぁ、それでもせっかく来たのだから車を見ないわけにもいきませんよねcoldsweats01

Img_5380_2

Img_5381

やはり時代の流れでコンセプトカーは電気自動車が中心ですね

Img_5398

Img_5399

同じEVでもカー助的には

フォルクスワーゲンのこんな感じの方が好きですかねhappy01

Img_5377

来年に発売されるというトヨタのスポーツカー「86」も大勢の人に囲まれていました

Img_5433

まぁ、昔と違い残念ですが

こういうところで人気があっても実際には売れないのがスポーツタイプの車ですかね

最先端もあれば

懐かし~いのも少~しだけ置いてあるのがモーターショー

Img_5402

さすがにカー助も

子供の頃にボンネットバスには乗ったことがありますが

ここまで古いのには乗った記憶がございませんcoldsweats01

喫煙者のカー助ですので

途中で一服しようと喫煙場所の外にでると

働く車コーナーのゴミ収集車のとなりに

Img_5409

オート三輪が置かれていました

Img_5408

そ~いえば

昔のトラックってみんなこんな色でしたよね

「あれっ~」と思った展示は

なぜかとっくに生産終了している

それもカラーリングはカー助と同じ青のMR-Sがあるではないですか

Img_5418

もちろん、トヨタ自動車のブースじゃありません

電気自動車に改造されたものです

Img_5419

リアのエンジンルームには

モーターと電池が詰まれています

モーターショーは大手自動車メーカーだけではなく

色々な会社が出品していることも楽しいことですかね

子供連れにはうれしいおもちゃメーカーのブース

Img_5411

トランスフォマーだって展示してあります

Img_5412

子供向け?といえば

トヨタのブースにはCMでも使っているドラえもんの登場人物像がありました

Img_5431

こんなの写真に撮っているのは子供とカー助だけかと思いきや

ブースの中央に置かれた「どこでもドア」では

その前で記念撮影している人がずいぶんいましたよ

単なるピンクの半開きのドアなのですがねhappy02

乗用車だけではなくトラックもありますし

Img_5405

トラックの運転席に乗れるコーナーには順番待ちまでできてます

Img_5407

二輪のヤマハのブースには

こんなお洒落な電動アシスト自転車がありましたが

Img_5371

おばさんには似合わないだろ~と思うのはカー助だけでしょうかねcoldsweats01

次回、2年後に行く時は

平日に行かないとゆっくり見れないな~と思った今回のモーターショーでした

| | コメント (0)

2011/11/21

マネーボール

昨日、シネコンで映画「マネーボール」baseballを見てきました

テレビCMまで流されていましたが

館内はそれほど混んでいませんでした

というかガラガラに近いですかねsweat01

これも野球人気の陰り?のせいでしょうか

この映画を見に来ていたのは

どちらかといえば年配の人が多く(野球ファンを象徴する?)

プラッド・ピットのファン?と思われる女性がちらほらって感じですcoldsweats01

映画は

大リーグ、オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー、ビリー・ビーンの半生を描いたもので

貧乏球団であるアスレチックスを野球素人のイェール大経済学部卒のピーターと

独自のデータ重視理論で

よその球団が見向きもしない選手を集めたりしながら

批判や反感をかいながらチームを強くしていくという話です

その中に

ビリー・ビーン自身が超~有望選手としてスカウトされながら

活躍できなかった半生がフィードバックされていたりしています

開幕から連敗続きのアスレチックスが

奇跡の20連勝をしたりして

プレーオフに進出するものの・・・

昨日は

日本のプロ野球でも

金持ち球団の1つソフトバンク・ホークスが日本シリーズ優勝でしたね

評論家と称する人たちが

ソフトバンク・ホークスの「勝因」を色々あげますが

「金持ち球団だから」という人は少ないというかいない?bleah

FA(フリーエージェント)の選手をたくさん集めて勝つ球団を応援する人も野球ファン

貧乏球団で新人を発掘、育成するしかない球団を応援するのも野球ファンなのですよね

カー助は

それを平等じゃないsign01な~んていう気はさらさらありません

そもそも世の中平等じゃないんですから

野球界だけに平等を願うこと自体ナンセンスだと思うのですよね

金持ち球団で一流選手を集めるのも良し

それができない球団は別の努力をするのですよね

それはエリート選手以外が発掘されるチャンスでもあると思いますしね

| | コメント (2)

2011/01/25

ブロガーイベント「-196℃の世界を体感しよう!」懇親会の番外編

昨日に続き先週の金曜の夜に

サントリー缶チューハイ「-196℃の世界を体感しよう!」というブロガーイベントでの懇親会の話です

セミナーで「-196℃」の開発の話を聞いたり

試飲をしたり

貴重な瞬間凍結の体感をしたりした後

別室へ移り

参加ブロガーさんとサントリーさんのスタッフの方々との懇親会がありました

会場には「-196℃」がきれいに積み上げられていますし

Img_4535

料理もたくさん用意されていました

Img_4538

Img_4539

Img_4540

当~然、冷やされたチューハイも飲み放題sign01

セミナーでレモン味を試飲しましたので

カー助は、まず「ウメ」をいただきました

Img_4542

飲みながら開発担当の方々と話ができるのもいいですよね

まず、聞いてみたのは

今回のリニューアルで発売されたのは4種類ですが

開発段階では何種類ぐらいの果物を瞬間凍結して試したのですか?ということ

かなりの数を試したそうですが

味的にイマイチなものもあり

まずは今回のレモン、グレープフルーツ、ウメ、オレンジとなったとか

でも、それって

居酒屋さんでの定番ですよね~

カー助は

瞬間凍結だから飲めるもの

逆に言えば

居酒屋さんで簡単に搾って飲めないものも作ることもおもしろいのではないかと思うのですが・・・

例えば

イチゴなんて自分で搾って飲むのは大変ですし

どんな味なのか飲んでみたい気がしますよね

さらに話は弾み

カー助はコーヒー大好きですが

缶コーヒーは飲まないのですよね

理由は

香りもせず本来のコーヒーからはほど遠いと思うからで

サントリーさんも缶コーヒーで「ボス」を出していますし

お茶系飲料も出されているのですから

この瞬間凍結で香りも閉じ込めることができるのなら

缶コーヒーも固定観念にとらわれず

製法を変えて香りも楽しめるものを出して欲しいともお願いしてしまいましたcoldsweats01

さらに

コーヒー風味のチューハイだってありって思いますしね

まぁ、最終的には売れないとダメなわけですが

焼酎に押され

昔のようには売れなくなったウイスキーを

ハイボールで復活させたサントリーさんですから

頑張って「当たり前じゃないもの」「新しい飲み方でおいしく飲めるもの」も是非出してもらいたいものです

そして

新しいものができて発売する時には

ブロガーイベントを行ってもらって

カー助も呼んでもらいたいな~coldsweats01

そんな感じで

楽しく飲んで、食べて

滅多に聞けない話などを聞いていると時間の経つのは早いもので

懇親会もお開きとなり

お土産にレモン、グレープフルーツ、ウメ、オレンジの4種類の-196℃をいただいて帰ってきました

サントリーさんのブロガーイベントには

ビール、ワイン、ウイスキー、カクテルに

今回のチューハイと参加させていただいたわけですが

全てにおいて作られている方々の熱意が伝わってきて

色々と勉強にもなり

楽しくもあり

また、機会があればぜひ参加させていただきたいと思っています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/24

ブロガーイベント「-196℃の世界を体感しよう!」

先週の金曜日の夜

またまたサントリーさんのブロガーイベントへ行って来ました

(ちなみに今回で9回目になりますcoldsweats01

今回も

サントリー公式ブログの応募記事を見つけての応募です

http://topics.blog.suntory.co.jp/003264.html

今回は

1月18日にリニューアル発売されたチューハイ「-196℃」のブロガーイベントで

-196℃を体感させてくれるというものです

場所は

サントリー研修センター「夢たまご」というところで行われました

Img_4510

用意された会議室には

-196℃が並べられています

Img_4511

セミナーは

まずスタッフの方々の紹介からですが

Img_4514

広報の方、開発スタッフの方と大勢いらっしゃっていました(力の入れ方がわかる感じですかね)

そして、いよいよ開発の背景から話がはじまり

家庭内で飲まれているお酒は

ビール、発泡酒、新ジャンルが全体の66パーセントほどで一番多く

次が11パーセントでチューハイなのだそうです

そして

そのチューハイの消費量は年々伸びているのだそうです

スクリーンでは石原さとみさん出演のCMも披露されました

Img_4533

通常、私たちが居酒屋さんなどでチューハイを飲む場合

生レモンや生グレープフルーツなどを搾って作ったりしますが

これって果汁を入れているわけで

この-196℃は

その名前の通り果実そのものを丸ごと-196℃で瞬間凍結させ

それを砕いてパウダー状にして使用しているとのこと

そのメリットは

果実の旨みや香りまで閉じ込めることができることだそうです

確かに果皮や

果皮と果肉の間の部分に一番うまみがあると聞いたことがあるような・・・

まさしく「まるごと」という感じです

レモンの-196℃を実際に試飲してみましたが

甘み、酸味に皮や種まで粉砕されて含まれているせいか

若干の苦味もあってカー助的には好きですね~

余談ですが

飲んでしばらくしてからゲップをすると

口の中から鼻にレモンの香りがしてきましたので

確かに瞬間冷凍して粉砕の製法は

香りもとじこめているのかもと思いました

そして

いよいよ今回のメインである瞬間凍結実験です

金属のボールに

丸ごとのレモンと

今回はわかりやすいようにとスライスされたレモンを入れ

Img_4516

液体窒素が注がれます

Img_4517

一瞬、冷気の煙で見えなくなりましたが

丸ごとのレモンが沸騰したようにボコボコいっている感じが見えます

Img_4522

少しして取り出されたスライスレモンは

Img_4523

完全に氷ってしまっています

叩いた瞬間

Img_4525

粉々です

丸ごとレモンも氷ってひび割れしていました

Img_4528

何とも興味深い実験を見せていただけたことはありがたいのですが

折角ならもう1つ2つ違うタイプの果実も見たかったなぁ~と

ちょっと贅沢なカー助は思うのですよね~coldsweats01

ちなみに

-196℃のフレーバーには「梅」もあり

こちらも丸ごと瞬間凍結させて粉砕しているそうですから

凍結、粉砕実験して果肉と種の状態というか感じも見てみたい気がしますよね

瞬間冷凍すると

バナナはクギが打てるほど硬くなると聞いたことがありますし

イチゴとかは氷ったものをかじってみたい気もしますよね

話がそれましたが

工場では

コーヒーのミルのような機械で

粉砕後細かくパウダー状にしているそうで

今回は実際にそれを持ってきて食させていただけました

Img_4530

非常~に細かなパウダー状のせいか

あまり冷たさは感じませんでしたが

これだけでは「美味しい!」という感じではありませんが

まぁ、貴重な体験はできた感じです

ちなみに

好奇心旺盛なカー助ですので

テーブルに置かれていたサントリー天然水に溶かして飲んでもみましたが

Img_4531

やはりこれはアルコールで割って飲んだ方がいいもののようでしたcoldsweats01

アルコールといえば

-196℃のアルコール分は

焼酎ではなく

ウォッカを使用しているそうです

氷点でも氷らないアルコールの特性を生かし

ウォッカを一度氷点にしアルコール内に含まれた雑味を氷らせて取り除き使用しているそうです

参加されたブロガーさんから

「それではチューハイではないのでは?」という質問もありましたが

チューハイには厳密な定義がないので

-196℃ではウォッカを使用しているとのことでした

その後にも質疑応答があり

セミナーは終了となりました

ちなみに

サントリートピックスには

すでに速報版が掲載されていますし

http://topics.blog.suntory.co.jp/003337.html

参加者のブログ記事も見れるようになっていますので

興味のある方はそちらも見てみられたらいいかと思います

今回もサントリーのスタッフの方々のきめ細かな対応で楽しいイベントでした

ぜひ機会があれば10回目も参加させていただきたいと思っていますhappy01

ブロガーイベントは続いて

別会場での懇親会へと移りました

そちらでは開発の方々と色々お話できましたので

その模様は

「番外編」として明日書きたいと思います

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/07

運転士体験教室

昨日の話の続きで

せっかく鉄道博物館へ行ったのですから

懐かしい電車を見て郷愁に浸るだけでももったいないと思い

運転士体験教室を受けてきました

こちら

初級、中級、上級とあり

もちろん初めてのカー助は初級を受けたわけで

500円で40分

運転シュミレータで運転士の体験が出来ます

Img_4449

予約をいれ

集合時間に行き、受付をすると

白い手袋が渡され

各自運転シュミレータの前に座り

説明されるように擬似運転をします

ちなみに

この運転シュミレータは本物そっくりに作られているそうです

列車のドアが閉まると写真の下のランプが点灯し

それを指差し確認し「点灯」と声に出して言い

前方の画面の信号が青であることを指差し確認し「出発進行dash

時速100kmまで加速し

惰力運転に切り替え

駅の手前でブレーキをかけ

停止位置にいかに上手に止めるかをやるのですが

これがなかなか難しいsign01

何度かこれをやり

最後は画面に雪が降ってきて

制動距離が伸びたブレーキで停車位置にとまるのですが

「電車は急に止まれない」を実感するとともに

電車の運転士さんがいかに上手に止めているかがわった体験でした

機会があれば

中級もやってみたくなりましたhappy01

お昼ご飯は

せっかくなので

日本食堂のお弁当を買い

ランチトレインという車内で食事が出来るよう開放された列車で食べました

Img_4444

Img_4451

館内には

ミュージアムショップというお土産売り場もあり

ここがまたそそりますよね~coldsweats01

カー助は

車内放送のアナウンス入りの電車の形をした目覚ましが気に入ったのですが

ちょっとお高かったので

『テツオトサウンドポッド』というのを買ってきました

Img_4462

駅名のところを押すと

ホームに流れている山手線の発車ベルが鳴ります

色々な駅のものが売られていて

サンプルが置かれており

実際にその駅で流されている発車ベルの音を聞くことが出来るのですが

カー助は一番聞きなれた池袋駅がツボにはまったのですよね~coldsweats01

押してメロディーが流れると

つい「ドアが閉まっちゃう、早く乗らないと」と思っちゃいますhappy01

決して鉄ちゃんではないカー助ですが

アナウンス入り目覚ましに

この発車ベルが気に入ったということは

音鉄の要素があるのでしょうかsweat01

| | コメント (2)

2010/12/06

鉄道博物館へ行って来ました

さいたま市にある鉄道博物館へ行って来ました

オープン当初はすごい人気で

かなり混んでいたようで

人ごみの嫌いなカー助は

「少し空いたら行こう」と思っていましたので

そろそろ大丈夫かと思い行って来た次第です

鉄道博物館駅からの通路の床には時刻表が貼られていて

ちょっとお洒落という感じですかね

Img_4457

土曜日でガラガラとはいきませんが

過熱気味のブームは落ち着いたのか

それほど混んではいませんでしたが

D51の運転シュミレータや

Img_4442

ミニ運転列車などはかなりの人気で

予約券を取るのに並ぶようらしいです

まぁ、カー助の場合そこまで熱くありませんので

ゆっくり見れるヒストリーゾーンで古い列車を見て昔を思い出したりですねcoldsweats01

Img_4376

駅名の看板も昔の雰囲気をだしています

Img_4377

懐かしい列車に昔のことを思いだしたりもしますが

昭和32年生まれのカー助はSLには乗った記憶はありません

Img_4386

子供の頃の電車の床が木だったのは覚えています

Img_4387

Img_4388

日よけも木で出来ていたのですよね~

Img_4391

特急電車は

今見たいにお洒落な車両ではなく

みんなボンネット型でしたよね

Img_4398

Img_4400

網棚にはこんな荷物が載っていた?happy01

Img_4402

カー助が初めて新幹線に乗ったのは

中学の修学旅行でした

Img_4422

座席はこんな感じだったのを思い出しました

Img_4423

当時は最先端な感じがしましたが

今見ると、ちょっと古くさい感じがしますね

ヒストリーゾーンを上から見るとこんな感じで

Img_4445

懐かしさがいっぱい詰まっている感じですかね

他にも列車や駅の模型も展示してあり

Img_4431

Img_4428

模型鉄道ジオラマの大きさは圧巻な感じですかね

Img_4438

夜を演出したジオラマもなかなかいいです

Img_4435

マニアが欲しくなる気持ちが少し理解できたりして・・・happy01

せっかく行ったのだからと

見るだけではなく体験もと思い

運転手体験教室へ参加しましたので

その話は明日書きたいと思います

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧