日記・コラム・つぶやき

2018/06/18

動物指導センター

1年ぐらい前からでしょうか

我が家の周りを長時間うろついている猫がいます

毛並みも良く、誰かが飼っている猫なのでしょうが

大雨の日も冬の雪の日も我が家の車庫にいます

そんな猫、いつもはカー助が車庫へ行くと驚いて逃げていましたが

今回は逃げるどころか、「シャーーー」と威嚇してきます

よく見てみると生まれて間もないのだろう子猫が奥の方にいました

親猫としては、人間を威嚇してでも我が子を守りたいのでしょう

親子猫に住みつかれても困るなぁ~と思い

市役所へ電話を入れるも

「犬は捕獲しますが、猫は捕獲できません」と

猫の相談をしているのに何の役にも立たない回答

さらに「動物指導センターへ電話してください」とのこと

こう言うのを『お役所のたらい回し』というのですかね

ご指示通り、動物指導センターへ電話を入れるも

その対応には呆れるばかり

やはり、犬は保護するが猫は保護できないと同じ回答で

さらに、犬はつないで飼うことが義務づけられているが

猫は、放し飼いをしても問題は無く合法なので

猫に来られて嫌ならば

水をまいたり猫のいやがることをして追い出すしかないとのこと

追い払うことは難しくないかもしれませんが

それって、被害者が私から近所の誰かに変わるだけで問題の解決になりませんよね

生まれて間もない子猫とその親猫を追い払えという指導は

動物愛護の精神から大きく外れている気がするのはカー助だけでしょうか?

そもそも親子の猫には何の責任もないですよね

問題なのは、不妊手術もさせずに

飼い猫を多くの時間外に出しっ放しにしている飼い主ではないでしょうか?

「猫の嫌がることをして追い払う以外対策はない」という担当者と

「それでは問題の解決にならない」というカー助の主張は平行線

仕方が無いので「そこを所管する県庁の部署へ電話をするからもういいです」

と言って電話を切り

埼玉県庁の所管部署の電話番号を調べて電話を入れ

今までの内容を伝えると

担当者から折り返し電話をさせますとのことで

10分ほどして電話がありましたが

内容は、先ほどの動物指導センターの担当者がお答えしたことが正論だとのこと

猫で迷惑を受けている場合は

自分の敷地から追い出し、近所にその処理を押しつけろというのが

埼玉県の動物愛護のやり方だそうです

市役所も動物指導センターも

「犬なら捕獲しますが・・・」と猫の相談をしているのに何度も言っていましたが

犬は捕獲されて殺処分されるのに

いい加減な飼い主に飼われて、何をしようが猫は捕獲さえされない?

江戸時代には「お犬様」と犬が大事にされたことがあったようですが

今や「お猫様」の時代なのですね

カー助は、犬も猫も嫌いではありませんし

多少人間に迷惑をかけても犬や猫には何の責任もないと思っています

責任があるのは、周りに迷惑をかけずに飼うことの出来ない飼い主だと思っています

周りの迷惑も考えず気まぐれの「可愛いから飼う」という飼い主や

保護してくれる団体やNPO法人を紹介すらしてくれない

市役所や動物指導センターや県庁の所轄部署には

本当の意味で動物愛護の精神はないのでしょうね



| | コメント (2)

2018/04/02

2回目の還暦同窓会

昨年の6月に

中学時代の還暦同窓会に出席したことを書きましたが

今度は

高校時代の還暦同窓会がありました

18歳で高校卒業ですから

42年ぶりに会う人も多く

「この人誰?」って思うこと思うこと

というか、多くの人は面影を感じられないというか

「思い出せもしない」感じです・・・

まぁ、カー助は元々いい加減な奴ですから

仲の良かった人、綺麗だった女の子以外は記憶にないのかもしれません(アハハ)

不思議なのは

中学の同じクラスだった人は全員覚えていたのに

高校の同じクラスだった人は覚えてもいない人が何人もいたことです

中学より3年後のことを覚えていないのはなぜなのでしょう?

まずは、当時仲の良かった友人と話しを始めるのですが

「久しぶり」と話しかけてきた別の人に

「誰だったけ?」と心の中で思いながら

胸のネームプレートを見ても思い出せない人もいたりして・・・

まぁ、大人ですから

「久しぶり、元気にしてる?」と適当な話をしながら

何とか思い出そうとするものの

全然、記憶が蘇ってこないことに

「あぁ、無理だ。誰か別の奴話しかけてくれないかな~」と思ったりして(笑)

そんなカー助とは真逆な人もいますよね

当時のことを鮮明に話せる人の記憶とはどうなっているのでしょうかね

そんな人の話を聞いていて

カー助もいくつかは「あぁ、そんなことあったね」と

その人の話を聞かなければ永遠に思い出さなかっただろうことを思い出し

忘れていた記憶、どこかの引き出しに入ってしまっていた思い出が蘇ったりして

それが同窓会の良いところでしょうかね

それと

同窓会へ行くと

女性から○○君と名字で呼ばれるわけで

60歳のじいさんをいまだに○○君と呼んでくれるのは

同級生だった女性だけですよね

そんな女性の一人と話している時に

彼女が周りを見ながら「女性の多くは、それとなく面影が残っていて誰だかわかるけれど、男性の多くは誰だかわからない人ばかりだよ」と言うので

カー助が「面影が乗っていないほど変貌してしまった女性は来ないんだよ」と言うと

「あぁ~なるほどね。確かに今でも綺麗な人が来やすいのは事実だと思うわ」と彼女

周りを見ながら「○○さんのように昔可愛いくて今も綺麗だと同窓会も出席しやすいだろうよ」とカー助が言うと

「そだねー」と彼女

さすがおばさん、相づちがテレビの影響を受けています

「それかお前みたいに昔からブスだから変わりようもなくて出席しやすいっていう人もいるよね」とカー助が言うと

「残念だけど、そだねー」と言っておきながら

「でも、たまーに学生時代目立たなかったのに何十年かぶりに会ったら綺麗になっていて驚く人もいるんじゃない?」と彼女

「確かにたまーーーーーにそういう人もいることは認めるけれど、もう高校生でブスは成人してもそれなりだよ~、中学生ぐらいで、その時は目立たなかった子が成人して久しぶりに会ったら綺麗になっていたって可能性はあると思うけどね」と言うカー助に

「あぁ~確かにそうかもしれないね」と「そだねー」の連発は終わりました

そして別の女性との会話では

「私たち小中高と同じ学校なのに1度も同じクラスになったことなかったね」彼女

言われてみれば、小学校6年、中学3年、高校3年の計12年同じ学校に通いながら1度も同じクラスになったことがなく

ろくに話をした記憶も無かったのに

この日はじめて話をしたというのも60歳になった同窓会のおかげなのでしょうか

中学生や高校生の頃は

異性に話しかけることに若干のハードルの高さを感じたりしますが

60歳にもなると誰にでも気軽に話しかけることが出来るのかもしれませんね

現に今回も

在学中は話したことのなかった元女生徒と何人も話をしましたからね

次の同窓会まで

それなりに元気で悪口が言える環境でいたいものです

| | コメント (0)

2018/02/09

教職員も、もちろんアルマーニのスーツを着用するのですよね

毎日、北陸の大雪被害や台湾の地震被害など
 
「うわぁ~、大変だな~」と眉をひそめるようなニュースが続く中

昨夜の「泰明小学校でアルマーニを標準服に」というニュースに

思わず「フッ」と鼻で笑ってしまいました
 
報道の多くは「一式8万円強になる」ことに賛否があると伝えているようですが
 
問題点は金額だけなのですかね?
 
もちろん、保護者の立場からすれば
 
公立の小学校の標準服に多額の出費をすることに賛成できない人が多いだろうことは想像できます
 
学校が保護者に配った文章には
 
「国際感覚の醸成につながる」ということが書かれているようですが
 
そうだとしたら
 
小学生を教育指導する先生方も
 
当然、アルマーニのスーツ着用で授業をしないとダメなのではないでしょうか?
 
授業参観には
 
保護者に『教育方針を徹底するため』アルマーニ着用で出席してもらわないとダメでは?
 
子供たちの教育には
 
学校と家庭環境が大きく影響しますからね
 
教職員も児童もアルマーニを着用していて
 
参観日には保護者もみんなアルマーニ着用で来るような小学校なら
 
世界中のマスコミが取材に来てくれ
 
ひょっとしたら国際感覚が醸成できるかもしれませんね
 
ちなみに
 
カー助の周りには国際感覚を醸成できている人がいないのは
 
誰もアルマーニのスーツを着用していないからですかね(アハハ)
 
ついでの話ですが

カー助は、アルマーニのジーンズを持っていますが
 
ジーンズでは国際感覚の醸成は無理ですかね?(笑)
 

| | コメント (0)

2018/01/25

いい加減な記憶

昨年の6月に
 
中学時代の還暦同窓会があった話を書きましたが
 
今度は
 
高校時代の「還暦同窓会のご案内」が
 
少し前に往復はがきで届きました
 
その返信と振り込みの期日が
 
確か1月31日だったことを思い出し
 
案内を確認すると
 
振り込み者の欄に
 
「クラス番号、スペース、名字、スペース、名前」と打ち込んでください
 
との注意事項が書かれています
 
「あれ~、俺って何組だった?」と思うカー助
 
確か、20年前に行われた学年全体での中学時代の同窓会でも
 
同じ疑問を抱いたことを思い出しました
 
期日も迫っていますから
 
手っ取り早い方法として友人に電話を入れ
 
「還暦同窓会のことなのだけど・・・」と言うと
 
「俺はもう、出席するとはがきを出し、振り込んだよ」と友人
 
さらに「カー助も出席するのだろう」と言われ
 
出席しようと思い、振り込もうと思ったら
 
クラスが何組かわからなかったことを伝えると
 
「いい加減な奴だな~、俺とお前は2組だよ」と友人
 
「あっそう、ありがとう」というカー助に
 
「カー助、担任の先生覚えているか?」と聞かれたので
 
「1年の時がN先生で、2年の時がK先生で・・・」と答えると
 
「違うよ~、N先生は3年の時の担任だよ!ほんとお前いい加減だよな~」と言われてしまいました
 
確かに他人から見たら
 
超~いい加減な奴に映るのかもしれませんね
 
本人としては
 
覚えておかなければならないことと
 
どうでもいいことの線引きが
 
極端にハッキリしている、させているのだと思っているのですが・・・
 
昔から
 
きれいなお姉さんの電話番号なら
 
1度聞いたらサッと頭に入り絶対に忘れませんが
 
別れた瞬間に忘れるという感じの記憶の仕方です(笑)
 
話は戻り
 
友人と「何人ぐらい来るのだろうか?」とか
 
久しぶりに会いたい人の話などし
 
クラスが何組だったか教えてもらったお礼を言って電話を切ると
 
15分ぐらいして携帯電話が鳴り
 
画面を見ると先ほど電話した友人からの電話
 
出てみると「ごめん、俺たち3組だったよ」と言う友人
 
「なんだそれ?」というカー助に
 
ちょっと心配になり
 
卒業アルバムを引っ張り出してみたところ
 
友人とカー助は3組だったという話
 
「なんだよ、お前もいい加減だったわけじゃん」というカー助に
 
「いや、俺はお前と違い『あやしい』と思ったら自分で卒業アルバムを調べるから、お前ほどいい加減じゃない」と言う友人
 
さらに「カー助、だいたい卒業アルバム持ってるか?」と友人
 
「卒業以来、1度も見たことはないけど家のどこかにはあると思うよ」と答えれば
 
「そういうところもいい加減な奴だよなぁ~」と言われてしまいましたので
 
「ところで、今、3組だとわかったということは、お前、振り込み者の打ち込みは『2組』って打ったのじゃないか?」と言うカー助に
 
「そうだ!どうしよう」と少々慌てる友人
 
「思い込みで、間違った情報を打って振り込んでしまった奴より、友人に聞いて確認してから振り込もうという方がいい加減じゃないと俺は思うよ」と笑いながら言ったカー助
 
まぁ、こんなどっちもどっちな奴同士だから友人でいられるのでしょうかね
 
 
 

| | コメント (0)

2018/01/11

しっかり者とうっかり者

お正月に
 
娘一家がやってきて
 
当然、チビたちのお目当てはお年玉をもらうこと
 
2階にいたカー助が1階へ降りていくと
 
すでに、ばあさんと息子からお年玉をもらっていたチビたち
 
しばらく、とぼけているカー助に
 
小4のチビが「じいちゃん、何か忘れてない?」と催促
 
「何にも忘れてないと思うよ」と言うカー助に
 
「お正月と言えば・・・」と小2のチビ2
 
「お雑煮?」とカー助が言えば
 
「違うよ~」と2人で即答
 
「お正月にあげるやつだよ」とチビ
 
「凧揚げ?」とカー助
 
「じいちゃんは、ふざけすぎ!」とチビに怒られ
 
3人にお年玉を渡すと
 
小4と小2は、満面の笑顔で「ありがとう」
 
3歳児のチビ3は、まだお金の価値がわかりませんので
 
周りに促されて「ありがとう」と言ってはみるものの
 
お菓子を食べることに夢中
 
小2の男の子のチビ2は
 
ゲームソフトを買うのだと目が輝いていて
 
小4の女の子のチビは
 
何を買うかを「よ~く考える」のだそうです
 
少し前から、小4と小2はお小遣いをもらっているのですが
 
小4の女の子は
 
考えに考え、悩みに悩んで買い物をしたり
 
時に、悩んだ末に「お金がなくなっちゃうから買うのをやめる」という選択肢があるそうで
 
月に1度のお小遣いをもらう日に
 
前月分を残していることが多く
 
財布の中には買ったもののレシートが保管してあり
 
何に使ったかを常に把握しているというしっかり者ですが
 
小2の男の子は
 
お小遣いをもらうと
 
買いたいものは悩まず買って
 
次のお小遣いの日の何日か前にはお金がなく
 
「何に使ったのだろう?」といううっかり者
 
3歳児のチビ3は、どちらのタイプになるのでしょうかね
 
身体的特徴などは「持って生まれた」というのもわかりますが
 
性格などは
 
育つ環境が大きく影響するのでしょうが
 
同じような環境下に育っても
 
1番目の子と2番目の子という違いや
 
女の子と男の子という違いなどで
 
性格や考え方も違ってくるのですよね
 
じいちゃんとしては
 
しっかりした性格は、そのまま育ってほしいと思いますし
 
だらしない性格は、どこかで早い内に直ってほしいと願うばかりです

| | コメント (0)

2018/01/10

麻酔のための麻酔

12月30日の夕飯を食べていると
 
上の前歯がかけた
 
「あちゃ~」と思うカー助
 
正確には、十数年前に上の前歯の一部がかけて
 
そこに貼り付けていた歯によく似た白いものがとれたということらしい
 
まぁ、形あるものはいつかは壊れるのでしょうが
 
12月30日の夕方という何とも悪いタイミングには参りますよね~
 
近所の歯医者さんを調べると
 
12月30日から1月3日までお休みとのこと
 
まぁ、当然ですよね
 
仕方なくかけた前歯でお正月を迎え
 
1月4日の9時半頃に事情を説明する電話を入れると
 
「12時に来ていただければ診察します」とのことでしたので
 
その時間に行き
 
レントゲンを撮られ
 
かけた歯を持参し、状況を説明し
 
診察していただくと
 
貼り付けてあったものがきれいに外れたのではなく
 
歯も少し欠けているとのこと
 
治療は、歯を少し削って
 
前回と同じように義歯を貼り付けるとのことで
 
歯を削るために「麻酔をします」と言われ
 
歯茎に例の痛い注射をされるのかと思ったら
 
まずは、歯茎に麻酔の薬を塗り
 
その後、麻酔の注射をされました
 
どうやら、麻酔注射の痛みを和らげるために
 
先に歯茎に麻酔の薬を塗ったようです
 
医学の進歩?
 
それとも、少し患者思いになった?
 
まぁ、それでも麻酔注射の痛みがゼロになるわけではありませんでしたが
 
気休め程度にはなっている感じです
 
この話を知り合いのおばさんにすると
 
「私も先日、歯医者さんで麻酔の注射をされるとき同じようにしたよ」とのことですから
 
十数年ぶりに歯医者さんへ行ったカー助には新鮮な出来事でしたが
 
今や歯医者さんにとっては当たり前のことなのでしょうかね
 
治療は1度で終わりなのですが
 
久しぶりにせっかく歯医者さんへ行ったのだからと
 
歯石取りの予約を入れて帰り
 
昨日の夕方、歯石の取れたきれいな歯になりました
 
あと何年使うかわかりませんが
 
風邪等なら2、3日寝ていれば自己治癒力で治りもしますが
 
歯は自己再生してくれませんから大事にしないとね
 
 
 

| | コメント (0)

2017/12/18

年賀状

今年も早いもので

あと2週間で終わりですね

毎年この時期になると

年賀状を印刷して出すのが恒例になっていますが

昔はすべて手書きだった年賀状も

十数年前ぐらいからでしょうか

パソコン印刷で簡単に済ませてしまうようになりました

それでも気の向いた人には

一言二言手書きでメッセージを書き加えていましたが

考えてみると

手書きメッセージを書き加える人はいつも同じ?って感じになってしまいます

カー助が受け取る年賀状も

さすがに、すべて手書きは

亡くなった妻の父親ぐらいになっています

それでも

もう何十年もお会いしていないのに

必ず手書きでメッセージを書き加えて送ってくれる人もいます

マメというか頭の下がる思いですよね

カー助も還暦になり

カー助がこの世からいつおさらばするか

年賀状のやり取りの相手の方がいつおさらばするか

わからない年代になってきていますので

手書きメッセージを書き加えやすい人に書くのではなく

今年は全員に手書きメッセージを書き加えようと思います

すでに

宛名面も裏面も印刷しましたので

あとは手書きメッセージを書き加えれば出せるのですが

ササッと思い浮かんで書き加えられる人もいるのですが

「あぁ~、この人には何て書いたらいいだろう・・・」と悩んで

とりあえず後回し~となってしまった人が7人ほど・・・

今週1週間で洒落た一言二言が思い浮かぶんでしょうかね~

「まぁ、年賀状なんて受け取った相手もサッと目を通すだけだから」

な~んて自分に都合のいい言い訳して

「それなりでいいかぁ~」と手抜きにならぬようにしたいとは思っているのですが・・・(ダハハ)

| | コメント (0)

2017/11/27

チビ3の七五三

月日の流れるのは速いもので
 
チビは小学4年生
 
チビ2は小学2年生
 
そして、チビ3は3歳になり七五三です
 
チビ3は、まだまだ「チビ」と呼んでもおかしくはありませんが
 
上の孫2人は小学生ですから
 
もう別の呼び名を考えなければ・・・ですかね
 
今回も写真スタジオでの待ち時間は苦痛でした
 
娘夫婦が予約した午前9時半に行きましたが
 
チビ3がドレスに着替えるために呼ばれたのは10時少し前
 
男の子の5歳の七五三は着替えてサッとヘアースタイルを整えて準備完了ですが
 
女の子はそうはいきませんよね
 
この日のために伸ばしておいた髪をセットするのに時間のかかることかかること
 
着替えと髪の毛のセットが終わってから
 
撮影までまたしばらく待たされ
 
やっと順番が来てチビ3の撮影です
 
まあ、3人兄弟の3番目で
 
物怖じしないチビ3は、カメラマンのお姉さんの言うことを素直に聞き
 
順調に撮影ができましたが
 
見ていると
 
泣き出す子やじっとしていない子など
 
「カメラマンのお姉さん、大変だなぁ~」と思うほどですから
 
時間がかかるのも仕方の無いことですかね
 
その後、またまたしばらく待たされてから
 
チビ3は着物の着替えに呼ばれ
 
ここでも髪の毛のセットに時間がかかり
 
やっと着物姿でのチビ3の1人での撮影が終わり
 
その後、待ちに待った家族の出番で
 
全員での集合写真を撮り
 
写真スタジオを出たのは
 
なんと12時10分でした
 
とりあえず予約してあったお店へ向かい
 
娘夫婦、孫たち、旦那さんの両親、カー助とばあさんで和やかに食事
 
着物を汚さないようにと一旦私服に着替えて食事をするチビ3
 
Img_6060
 
再度、着物に着替えて神社へお参りに
 
Img_6065
 
「元気に育ってほしい」が、じいちゃんの一番の願いですかね
 
4年後の7歳の七五三の時は
 
もっとお姉ちゃんらしくなっているのでしょうかね
 
 
 

| | コメント (2)

2017/08/31

体の次は車

先日の夕方

荷物の発送に郵便局へ行こうと

車に乗り込み

エンジンをかけると

右のドアミラーが開かず

モーター音と異音が・・・・

左のドアーミラーは通常通り開いています

カー助の軽自動車は

駐車して、エンジンを切り、ドアロックをすると

自動的に「ウィーン」とドアミラーがたたまれるようになっていて

次に乗車してエンジンをかけると自動的にたたまれていたドアミラーが開くようになっています

「あぁ~、体の次は車が壊れるかよー」と嘆きながら

1度エンジンを切り

再始動しても同じ・・・

仕方がないので

事務所を閉め、郵便局へ寄り

そのままディーラーへ行くことに

その間も右のドアミラーはたたまれたままで

「ウィーン、ウィーン」とモーター音はしっぱなし

ディーラーは片側2車線の国道沿い

右のドアミラーがたたまれたままですので

追い越し車線への車線変更はちょっと危険!

そんな時に限って

いますよね~、走行車線をゆっくり走っている車って

右車線へ移り追い抜きたい気持ちも我慢し

亀さん車のあとに続くカー助

その間も右ドアミラーのモーター音は鳴りっ放し

「モーター焼き切れないだろうなぁ~」とか

「白煙とか出てきたら嫌だなぁ~」とか考えながら20分ほど運転し

無事、ディーラーに到着!

お迎えに出てきてくれた営業さんに事情を説明し

シュールームの椅子に腰かけて待つことに・・・

「モーターが回っているということは電気系統のトラブルじゃないだろうし・・・」とか

「モーター自体は生きているようだから、内部のツメかギアの歯車の欠損かな?」とか

「今の修理って、内部の部品交換ではなく、ドアミラー全体の交換になるのだろうなぁ~」とか

「どうせドアミラーの在庫なんて置いてないだろうから、ドアミラー取り寄せで、その間、右ドアミラーの電源をカットして開きっぱなしで使っていてだろうなぁ~」とか

「ドアミラーっていくらぐらいするのだろう?」な~んて考えながら待つこと15分ほど

サービスの人がやってきて

「右ドアミラー内部のギアの欠損で・・・」と説明がはじまり

「部品取り寄せに3日ほど、その間、ドアミラーを閉じたままですと危険ですから、右のドアミラーへの電源をカットして開いた状態で乗っていてください」と

まさに想定通りのご説明

1つ想定と違ったのは

「保障で修理しますので」という一言

「へぇ~タダなの~、リコールでもかかっているのか?」と心の中で思いましたが

まぁ、無償で修理してくれるというのに突っ込む必要もないので

修理の日を決め帰ってきて

後日、無事、右ドアミラー交換をしてもらいました

まぁ、古くなると人間も機械も壊れますよね~

体の方は痛い思いをしましたが

車の方は出費もなく痛い思いをしなくて済んだだけ良かったですかね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/08/22

悪友は想像通り

先日より書いている病気治療中に

中学生の時からの友達から電話がありました

事務所の前を2回通ったが

2回とも閉まっていたのでどうしたのかと思って心配になり電話をくれたとのこと

何とも優しい友達・・・

膀胱炎とリンパ炎の合併症で

高熱と痛みに苦しんで仕事を休み寝ていることを伝えると

「汚いオ○ンコに入れたんじゃないのか」と言う悪友

まぁ、病気の内容からして

悪友の言いそうなことで『想定内』という感じではありますが

この時は、高熱と激痛で言い返す元気もありませんでした

1週間後、体調も良くなり

「仕事を再開したよ」と電話を入れると

自営業の仕事の合間にやって来た悪友

「もう大丈夫なの?」と心配してくれたのもつかの間

「どこの汚いのとやったんだよ?」と

どうしても病気の原因をそこへ結び付けたいようです(笑)

そうかぁ~、そっちがそう言うならこちらも対抗してやろうじゃないか!

臨機応変さなら負けない自信のあるカー助は

「続けて何人かしたから誰が原因かわからない」と答えてやりました

「本当かよ~、うらやましい話じゃん」と悪友

仮に本当だとしても病気になった奴がうらやましいか?と思いますよね

病気の話がエッチな話に脱線してしまうのも

長い付き合いの悪友との想定内の出来事ではありますが

まぁ、こんな馬鹿話が出来るのも

元気になったからと

何でも話せる昔からの友達だからでしょうかね

| | コメント (6)

より以前の記事一覧