日記・コラム・つぶやき

2017/08/31

体の次は車

先日の夕方

荷物の発送に郵便局へ行こうと

車に乗り込み

エンジンをかけると

右のドアミラーが開かず

モーター音と異音が・・・・

左のドアーミラーは通常通り開いています

カー助の軽自動車は

駐車して、エンジンを切り、ドアロックをすると

自動的に「ウィーン」とドアミラーがたたまれるようになっていて

次に乗車してエンジンをかけると自動的にたたまれていたドアミラーが開くようになっています

「あぁ~、体の次は車が壊れるかよー」と嘆きながら

1度エンジンを切り

再始動しても同じ・・・

仕方がないので

事務所を閉め、郵便局へ寄り

そのままディーラーへ行くことに

その間も右のドアミラーはたたまれたままで

「ウィーン、ウィーン」とモーター音はしっぱなし

ディーラーは片側2車線の国道沿い

右のドアミラーがたたまれたままですので

追い越し車線への車線変更はちょっと危険!

そんな時に限って

いますよね~、走行車線をゆっくり走っている車って

右車線へ移り追い抜きたい気持ちも我慢し

亀さん車のあとに続くカー助

その間も右ドアミラーのモーター音は鳴りっ放し

「モーター焼き切れないだろうなぁ~」とか

「白煙とか出てきたら嫌だなぁ~」とか考えながら20分ほど運転し

無事、ディーラーに到着!

お迎えに出てきてくれた営業さんに事情を説明し

シュールームの椅子に腰かけて待つことに・・・

「モーターが回っているということは電気系統のトラブルじゃないだろうし・・・」とか

「モーター自体は生きているようだから、内部のツメかギアの歯車の欠損かな?」とか

「今の修理って、内部の部品交換ではなく、ドアミラー全体の交換になるのだろうなぁ~」とか

「どうせドアミラーの在庫なんて置いてないだろうから、ドアミラー取り寄せで、その間、右ドアミラーの電源をカットして開きっぱなしで使っていてだろうなぁ~」とか

「ドアミラーっていくらぐらいするのだろう?」な~んて考えながら待つこと15分ほど

サービスの人がやってきて

「右ドアミラー内部のギアの欠損で・・・」と説明がはじまり

「部品取り寄せに3日ほど、その間、ドアミラーを閉じたままですと危険ですから、右のドアミラーへの電源をカットして開いた状態で乗っていてください」と

まさに想定通りのご説明

1つ想定と違ったのは

「保障で修理しますので」という一言

「へぇ~タダなの~、リコールでもかかっているのか?」と心の中で思いましたが

まぁ、無償で修理してくれるというのに突っ込む必要もないので

修理の日を決め帰ってきて

後日、無事、右ドアミラー交換をしてもらいました

まぁ、古くなると人間も機械も壊れますよね~

体の方は痛い思いをしましたが

車の方は出費もなく痛い思いをしなくて済んだだけ良かったですかね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/08/22

悪友は想像通り

先日より書いている病気治療中に

中学生の時からの友達から電話がありました

事務所の前を2回通ったが

2回とも閉まっていたのでどうしたのかと思って心配になり電話をくれたとのこと

何とも優しい友達・・・

膀胱炎とリンパ炎の合併症で

高熱と痛みに苦しんで仕事を休み寝ていることを伝えると

「汚いオ○ンコに入れたんじゃないのか」と言う悪友

まぁ、病気の内容からして

悪友の言いそうなことで『想定内』という感じではありますが

この時は、高熱と激痛で言い返す元気もありませんでした

1週間後、体調も良くなり

「仕事を再開したよ」と電話を入れると

自営業の仕事の合間にやって来た悪友

「もう大丈夫なの?」と心配してくれたのもつかの間

「どこの汚いのとやったんだよ?」と

どうしても病気の原因をそこへ結び付けたいようです(笑)

そうかぁ~、そっちがそう言うならこちらも対抗してやろうじゃないか!

臨機応変さなら負けない自信のあるカー助は

「続けて何人かしたから誰が原因かわからない」と答えてやりました

「本当かよ~、うらやましい話じゃん」と悪友

仮に本当だとしても病気になった奴がうらやましいか?と思いますよね

病気の話がエッチな話に脱線してしまうのも

長い付き合いの悪友との想定内の出来事ではありますが

まぁ、こんな馬鹿話が出来るのも

元気になったからと

何でも話せる昔からの友達だからでしょうかね

| | コメント (6)

2017/08/21

体質

先日の病院への通院で

1日目は血液検査と点滴で

2日目は点滴で

3日目は血液検査と点滴で

4日目は点滴で

5日目は血液検査と点滴で注射をされたのですが

まぁ、注射の1本や2本

痛みと言っても一瞬ですから特に嫌でもないのですが

カー助の場合

血管が浮き出ない体質で

毎回、看護師さんが「あらら」と言いながらかなり探します

通常は利き腕である右手の方が血管が浮き出やすいらしく

まずは右腕で探しますが

適当なところが見つからないようで

左腕に移行

さすったり軽くたたいたりしながら探して針を刺すのですが

一発成功は少なく

今まで何度もやり直しを経験しています

今回の場合

1日目は、看護師さんが探しに探して右腕をあきらめ左腕に一発で成功!

検査の血液を抜き、そのまま点滴へ

2日目も右腕から左腕を探すも適当な場所がなかったらしく

左手甲にそれでも一発成功!

この時点で「この病院の看護師さんは腕がいい」と思ったのですが

3日目、いつもなら受付表を出すと

5分ぐらいで呼ばれる処置室が相当混んでいるようで

40分待たされ、やっと呼ばれベットに横になると

若くて可愛い看護師さんが「採血と点滴をします」とやって来た時点で嫌な予感

いつものように右腕から探し

左腕に移行しながら「血管出ませんね」と一言

散々探して「はい、ここにします」と刺しましたが

次の一言は「あっ、ごめんなさい」で失敗

その間も今日は処置室は満員で大混雑

若い看護師さんの「ごめんなさい」が聞こえたのか30代後半ぐらいの綺麗な看護師さんがさっとやって来て

「はい、変わって」と若い看護師さんに言ったかと思うと

左腕をささっと何か所かさわり

「はい、ちくっとしますよ」と言って見事成功!

「なんだよ~、最初からあなたが来てよ」と心の中で思いますよね

成功は痛くありませんが

失敗は痛く、痕も残るのですよ~

4日目が最悪で

1人目の看護師さんが失敗

次に来た2人目の看護師さんも失敗

「ちょっと待ってね~」と言われ

上手な看護師さんを呼びに行ったのか

少ししてから別の看護師さんが来て

血管を探しながら、左腕を見て

「何回失敗されたの?」と聞くので

「左腕に、昨日1回、今日2回です」と伝えると

カルテを見ながら「明日も採血と点滴?大変ね~」と言いながら

「右手の甲でもいい?」と聞いてきましたので

「失敗しなければどこでもいいです」と答え

無事、右手の甲で成功!

5日目は、「血管が浮き出ない体質ね~」と言いながら

左腕の失敗の痕を見て

「何度も失敗されたの?」と聞く看護師さん

「おとといが1回、昨日が2回失敗されました」答えると

「上手な人と交代しますね」となり

代わりに来た看護師さんは一発成功!

カルテに

「血管が浮き出ない体質のため上手な人が注射すること」とか書いておいて欲しいものですよね~

| | コメント (2)

2017/08/18

治療が終わりました

5日に検査をした結果を聞きに

12日に診察に行ってきました

受付をすると「まず、検尿を受けてください」とのこと

検査窓口でコップをもらい

トイレでおしっこをしても1週間前のような痛みもなく

明らかに良くなっていることは実感できます

診察室の前で待つこと30分ほど

看護師さんに名前を呼ばれ

診察室へ入り

パソコンの画面でエコー検査の結果を見たり

尿検査の結果を見たりしながら

「痛みはどうですか?熱は?」と聞かれ

どちらもないことを伝え

「エコー監査の結果は特に問題ないですし、尿検査の結果もほぼ正常値になっていますから大丈夫ですね」

と先生がいうので

「良かった~、これで終わりか」と思ったら

「下をおろしてベットに仰向けでねてください」と言われ

この治療4回目のお尻に指を入れられる

何度やられても『慣れる』ことのない

お尻の穴に指を入れられる行為

まぁ、入れられる方も嫌だが

検査とはいえ入れる方も楽しくもうれしくもないのだろうが・・・

患者が若くてきれいなお姉さんならともかく

60のおっさんのお尻に指入れる先生も大変か?

そんなことを思いながら

ふと考えた

「これって何の検査なのだろう?」と・・・

「はい、いいですよ。ズボンをあげて、こちらに座ってください」と言われ

パンツとズボンをあげながら

「先生、今のは何の検査なのですか?」と聞いてみた

答えは「前立腺が肥大してないかをみたの」とのこと

「前立腺も腫れていないから、もう来なくてもいい」と言われ

「何か気になることはありますか?」と聞かれたので

「病気になる前に比べ、おしっこの勢いがないような気がします」と告げると

「うん、可能性あるね。飲み薬を出しておきますから1日1回飲んでください。強い薬じゃないので問題もないと思うし、勢いが戻ったと思ったら飲むのをやめてもいいですから」とのこと

会計を済ませ

処方箋をもらい処方箋薬局で薬をもらうと

30日分処方されていました

「そんなに長期間飲まないと勢いは戻らないのか~」と思いながら帰り

指示されたように、翌日の朝食後から1日1回薬を飲みだすと

3日ほどで勢いはほぼ戻った感じ

まぁ、これ以上薬を飲み続けても

20歳のころの勢いに戻ることもないでしょうからね(アハハ)

| | コメント (0)

2017/08/08

少し早い夏休み

事の始まりは7月24日(月)

朝から「なんかトイレが近いなぁ~」と思っていたのですが

お昼過ぎから急に高熱が出てきてしまい

急きょ帰宅して寝ることに・・・

夜中に尿意を何度ももよおしてトイレに行くも

ろくに出ない割に激痛が走ります

「膀胱炎でこんなに熱が出るか・・・」と思いながら

翌日、我が家から車で3分の総合病院へ

まぁ、3分と言っても、3分で着くのは駐車場で

そこから歩いて受付へ行くのに3分

受付で症状を伝え、面倒な初診受付表などを書き込むのに5分ほどかかり

受付で指定された泌尿器科の診察室の前で椅子に座って待つことに

15分ぐらいしたころでしょうか

また、熱が異様に出てきたようで

冷房の効いた待合室にいるのに額や首筋から汗がしたたり落ちるのが自分でもわかります

「やばい、倒れる?」と思い

通りかかった看護師さんに声をかけ状況を話すと

3人の看護師さんがやってきて

処置室へ連れていかれ

体温、血圧を測り

「気持ち悪い」と言ったら心電図までとられ

採血に点滴

レントゲン撮影に検尿と矢継ぎ早にされ

ベッドでしばらく寝ていると

先生がやってきて診察してくれ

看護師さんにCTスキャンもとるように指示

CTスキャンも終えしばらくすると再度先生がやってきて

膀胱とリンパの合併症との診断で

抗生物質の点滴を追加

「通院で治療するので、明日も抗生物質の点滴を受けにくるように、あさっては尿検査と採血と抗生物質の点滴を受けて診察」とのこと

化膿止めと発熱時に飲む薬を処方され帰りましたが

その晩は熱も出て

30分おきぐらいにトイレに行きたくなり

そのたびに激痛

寝るに寝れずフラフラ状態

当然食欲などなく、まさに倒れる寸前という感じ

指示通り、翌日の水曜日に点滴を

翌々日の木曜日に尿検査と採血と点滴を受け

診察してもらうと

「少し良くなっているけれど、まだ治療を続けた方がいいから、明日は抗生物質の点滴に、あさっては尿検査と採血と抗生物質の点滴と診察に来るように」と言われ

金曜日に点滴を受け

土曜日に尿検査と血液検査と点滴を受けに行き

診察してもらうと

「だいぶ良くなってきたので、飲み薬をあと5日分出しておきますので」と言われ

これで終わりかと思ったら

念のためエコー検査を受けるようにといわれ

8月4日にエコー検査を受け

その結果を聞きに今度の土曜日の8月12日に診察を受けに行きます

3日間38度越えの熱と30分に1度の尿意とそのたびに味わう激痛に苦しめられ

5日間通院して

少し早目の苦しむ夏休みを取ってしまいました

病気になると健康のありがたさを痛感しますね(トホホ)

| | コメント (4)

2017/06/06

やはり女性の方が長生き

昨日書いた同窓会での話の続きですが

当たり前のことですが『同窓生=同じ年』

親もほぼ同じような年齢ということになります

カー助は父親が亡くなっていて母親は健在なのですが

みんなと話をすると

ほぼ「うちも父親は亡くなって、健在なのは母親だけだよ」とのこと

共通点は

母親は80代で少々ボケながらひ孫と遊んでいるということ

平均寿命にも如実に表れているように

やはり女性の方がはるかに長生きなのですよね

同級生の女子たちの多くは

何人目かの小さな孫の面倒をみていますという話

カー助を先頭に

寿命の短そうな男子は無理でしょうが

60歳の今、孫の面倒をみている女性の同級生の多くは

20数年後、ひ孫の面倒をみているのでしょうかね

今回は中学の時の同窓会ですから

「中学生の時には、60歳の自分なんて想像もできなかった」という声もたくさん聞きました

まぁ、15歳ぐらいの少年少女に

60歳で孫の面倒をみている自分が想像できないのは

当たり前の話でしょうが

60歳の今

もし生きていれば80数歳でボケながら

ひ孫と遊んでいる姿はそれなりに想像できなくもありませんよね

男性の多くは天国への階段を上り

あの世からその様子を眺めているのでしょうか?

カー助は高いところも決して苦手ではありませんが

天国へは行けそうにありませんから

地獄への階段を下り

きっとあの世から見上げていることかと思います

| | コメント (0)

2017/06/05

還暦同窓会

昨日、中学時代の同窓会へ出席してきました

カー助の中学時代は9クラス

1クラス、45人ぐらいでしたから

同窓生は400人ほどいたのだと思います

今回の出席者は160人ほどで

卒業してから45年ほど経つのに

恩師として出席された先生が6人

体調が思わしくないとのメッセージを寄せられ出席されなかった先生も数人いらっしゃいましたので

なんとまぁ長生きな先生方が多いですよね

カー助のクラスの担任も

たいぶ疲れた感じで耳が遠くなり85歳と高齢ではありますが

それなりに元気に出席していました

カー助のクラスは22人と出席率は一番いいクラス

理由は幹事さんが真面目で一生懸命努力をされたからのようです

案内の往復ハガキが「あて先人不明」で返ってきてしまった人も

あれこれ手を尽くして探し

結局、最後まで連絡がつかなかったのは

男女とも1人ずつだったとか

なんとも『ご苦労様』という感じです

今回、何十年ぶりに会えた人も何人かいて

楽しく昔話に花が咲きました

少し話すと『昔に戻れる』っていうのが同窓生の不思議でしょうか

カー助の場合、少し話すと

「変わってない、相変わらず口が悪い」と言われますが・・・(笑)

会場はクラスごとのテーブルになっていましたので

まずは同じクラスだった人たちといろいろ話し

しばらくして恩師の先生方の話が壇上で始まりましたので

「これ聞いててもなぁ~」と思い

会場の外の喫煙所へと行く要領のいいカー助

当然、そこには同類の人たちがいて

中学の時は同じクラスではなかったものの

小学校や高校で同じクラスだった友人と話し込んでしまいました

そのうちの1人で小学生の時に何度も遊んだ人がいて

「カー助の家へ何度か遊びに行った」と言うのですが

カー助は、まるで記憶がありません

彼の話は具体的で

当時のカー助の家のことを正確に話していましたので

間違いなくカー助の家へ遊びに来ていたのでしょうが

なぜかカー助は覚えていません

やがてたばこを2本吸い終え

「そろそろ先生方のつまらない話も終わったかな」と思いながら会場内へ戻ると

ドンぴしゃでお話は終わっていたようです

そして、別の友人から

さっきと同じように「中学の時、カー助の家へ何度か遊びに行った」と言われ

こちらもそのことがまるで記憶にありません

そんないい加減なカー助ですが

男女数人で話している時に

女性Aさんが「O君のことを○○って呼んでからかっていたよね」の一言に

「うぁー、そうだ!そんな呼び方してからかったことあるよね」と

45年前のどうでもいい記憶は甦ったりもするのですよ

記憶ってある意味不思議ですよね

言われても忘れているどころか片隅にも覚えていないこともあれば

誰かの話に鮮明に甦ってくることもあったりします

それが45年間1度も思い出しもしなかったどうでもいい話だったりするのには呆れますが・・・

更にカー助の記憶の良くないところは

誰かの思い出してほしくない話を鮮明に思い出してしまうことです(ある意味、迷惑な奴ですみません)

正午から始まった同窓会は午後2時過ぎにお開きになり

この時間じゃ飲み屋も開いてないとのことで

ファミレスに移動し

まだまだ昔話が続きました

ちなみに次回の同窓会は

多くの人が定年するだろう65歳の次の年の6年後だそうです

| | コメント (0)

2017/05/31

踏み間違い?

最近ニュースでよく取り上げられている高齢者ドライバーによるアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故

昨日、生で見てしまいましたよ~

車を運転しての帰宅途中

夕方ということもあり若干渋滞気味でノロノロと走っていると

対向車線に右ウインカーを出しながら右折待ちをしている車があり

カー助の前の車が止まって譲ると

もの凄い勢いで曲がる車

運転席にはおじいさん、助手席にはおばあさん

「危ないなぁ~」

渋滞気味の車列のわきを自転車やオートバイが来ていたら・・・と思い

左ドアミラーに思わず目が行ったカー助

幸いなことに何も来ていませんでしたが

安全確認をして右折するということは大事なことですよね!

そんなことを思っていると

左側からキ、キ、キ、キーとタイヤの空転する音が・・・

先ほどのおじいさんの運転する車が

お店の車止めを乗り越えんばかりの勢いです

次の瞬間、車止めを乗り越えてお店の外壁に当たって止まったかと思ったら

今度は、もの凄い勢いでバック

先ほど乗り越えた車止めがあるため

再びキ、キ、キ、キーとタイヤを空転させる車

「車止めを乗り越えた勢いで道路まで出てきて俺の車にぶつかるのではないか?」という勢いです

幸い渋滞していた前の車が少しずつ動いていたので

前に少しだけ進むことができ一安心

結局、暴走車はバックで道路に出る手前で止まりました

おじいさんが運転していた車ですが

道路からお店に入った時にアクセルを踏んでいたのでしょうから

止まるのにブレーキではなくそのままアクセルを強く踏んだのでしょうか?

それから

突っ込んで気が動転したとしても

タイヤが空転するほどの勢いでバックしますか?

事故を起こして「冷静になれ」は無理かもしれませんが

バックで再び事故を起こす可能性も大いにありますよね

「高齢者の事故=認知症」的な伝え方が多い報道ですが

安全確認がまともにできなくなっていたり

運転技能自体が極度に落ちている場合

『免許の自主返納』ではなく、免許を取り消すべきではないでしょうかね

認知症検査プラス

路上実地試験でもして

不適格者の免許証を失効させないとダメな時代になっているのかもしれませんよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/24

コンビニにて

コンビニエンスストアーへたばこを買いに行ったカー助

いつものようにレジで

「メビウスのスーパーライトのボックスを1カートン」と言うと

1人のおばさん店員が奥へ商品を取りに行き

もう1人のおばさん店員が

カウンターの後ろから箱を取り

「6枚引いてください」と言ってきました

時々、コンビニでやっている700円ごとの買い物で1枚くじを引かせるというやつです

その箱を見て、少々固まるカー助と店員おばさんとの間に沈黙が流れていると

たばこを持ってきてレジ打ちをしていた店員おばさんが爆笑しながら

「それじゃ引けませんよね」と言い

それを聞いた、くじ引きの箱を持ってきたおばさん店員も

自分の手元を見て爆笑しながら

「すみませんでした」と箱の向きをひっくり返しました

そう!おばさん店員の方にくじ引き用の穴が向いていたのです

「どうやって引こうかと悩んじゃったよ」と言いながらくじを引こうとするカー助に

「バァーってたくさん引いちゃってください」とおばさん店員

「うん?」と思っていると

「その中から当たっているやつを選びますから」と言われ

15枚ほどを取り出すと

取り出したカードを選別しながら「ボスのブラックいります?」と聞いてくるおばさん店員に

「ハイ」とカー助

続いて「微糖は?」と聞かれ

「いりません」とカー助

もう一人の店員さんも加わり

「アイスは?」「いりません」

「栄養ドリンクは?」「いりません」とやり取りがあり

先ほどの箱から、さらに20枚ほどカードを取り出して

調べだすおばさん店員に

「お茶はないの?」と、こちらからリクエストするカー助

「お茶ですね」とカードを探すおばさん店員

なんとも親切!!!!!

「このくじって、いつまでやっているの?」と聞くと

「なくなり次第終了なんですよ」と答えるおばさん店員

さらに「店内が込み合って忙しい時に引かれた商品を集めてくるのって大変なので早く終わってもらいたい」と

なるほど~、本部で『考える人』と『現場で働く人』の間にはギャップがあるのかもしれませんね

「次回の買い物に使える『100円割引券』とかにすれば、働く人も楽でお客さんも喜べていいのにね」と言うカー助に

「お客さん、賢い!」とおだてられてしまいました

希望の景品6点をもらい帰り際に

笑ながら「早く終了するよう祈ってます」というカー助に

「頑張って努力します」というおばさん店員

まぁ、やっていることが『努力』かどうかは難しい問題ですが

またくじ引きがはじまったらここで買いたいと思った厚かましいカー助であります(笑)

| | コメント (0)

2017/05/17

同窓会が近づいてきて

60歳の同窓会があと20日ほどに迫り

色々な人から電話があります

みんな「行くよね?」と聞いてきます

電話をかけてくる人の共通点は『参加する人』なのですよね

どうやら今回の同窓会の出席率があまりよくないようです

電話での会話で

「なんでみんな出席しないのかなぁ」という話が多く聞かれます

久しぶりにみんなに会いたいと思う人には

今更会いたくもないという人の気持ちは理解できないのでしょう

「大勢来た方が盛り上がるのにね」は、ある意味積極的参加者のエゴですよね

懐かしい友達に会いたいという人もいれば

そんなもの会いたくもないやと思う人がいても不思議ではありませんよね

「幹事の人たちが忙しい中頑張って計画してくれたのに・・・」もわからなくはありませんし

「前回の時に、また次回会おうねと約束したのに・・・」もわからないわけではありませんが

人それぞれ人生にはいろいろなことがあり

「あの時と状況が変わった」ってことだってありますよね

時間的な余裕のある人もいれば、ない人もいて

精神的な余裕のある人もいれば、ない人もいて当然かなとカー助は思います

出席したい人、出席したくない人、出席したいけど行けない人などいろいろいても仕方ないですよね

そんな中

思わず笑っちゃったことが1つ

ハツミさんとの電話での話

「私たちのクラス、出席する女子は私とYとOの3人だけなんだよ~」と

この3人、日頃より仲が良く

よく会って食事などしています

ですので「それって、もう同窓会でもなんでもなく、いつもの食事会の延長じゃん」と言ってしまいましたよ

「20数人女子がいて3人て考えられる?」との問いかけには

思わず「よっぽどお前ら嫌われているんじゃないの!」と答えてしまいました

ところでカー助は

山あり谷ありの人生を歩んできたせいか(言い訳ですが)

同窓会で懐かしそうに話しかけられた相手のことを

「あれっ?この人誰だったっけ?」と

話をしながら心の中で懸命に思い出そうとするのですが

思い出せなかったり

「○○なことがあったよね」と言われても

「そうだね」とは答えますが

これまた心の中で「そんなことあったか?全然覚えてないぞ!」と思うこともしばしばです

まぁ、こんな具合でも日頃からいい加減なカー助はそれなりにみんなとお付き合いできるのですが

これって『逆認知症』でしょうか?

最近のことはよく覚えているのですが

遠い昔のことは、ほぼ忘れているのですよ

それとも都合の悪いことや不要なことは簡単に消去しちゃう脳なのでしょうか・・・(アハハ)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧